利用者 40 万人突破!

(2018年12月14日更新)

Tinderが大学生限定のサービス「Tinder U」をスタート

2018.10.17

留学くらべ〜る編集部

米大学生限定のマッチングアプリ登場

tinderのアプリ

日本でも出会い系マッチングアプリで有名な「Tinder」が、アメリカで新学期のタイミングにあわせて大学生限定のサービスをスタートさせました。

発表された新サービスは「Tinder U」
「U」はUniversityのUからとっているのかもしれませんね。

Tinderとは、Facebookの位置情報を使ったマッチングアプリ。登録されたプロフィール写真で相手が分かり、「右 / 左」とスワイプするだけの直感的な操作でチャットを行うことができます。

TinderとTinder Uの違いは?

大きな違いは、Tinder Uはアメリカに通う大学生のみの使用と限定されている点。

Tinder Uが利用できるのは、アメリカの4年制の認可された非営利学校に限られ利用端末はiOS端末のみ。
マッチングで出る対象者は、自分の学校と近隣の学校という範囲です。
アプリの設定方法は、大学が発行している「.edu」の学生メールアドレスで登録します。
登録の際は、大学構内にいる必要があります。つまり、大学の位置データと大学の専用メールアドレスが必要になるみたいです。

「Tinder U」は留学生に役立つアイテムになるのか?

大学生

留学で一番不安なことって、「友達作り」ではないでしょうか?
知り合いもいない、言葉も異なる環境の中でどうやって友達を作るキッカケがあるんだろうって悩んでいる留学生にとって、Tinder Uのサービス開始は朗報ですね!

まずは、気になる相手を右にスワイプ、そしてチャットから始めれば、恥ずかしがり屋でキッカケ作りの苦手なあなたもスムーズに会話が進むはず。
サークルが違くても、年齢が違くても、キッカケはすべてアプリから作れる!とっても現代的!留学生活が寂しいなんて、もう感じませんね。

操作は簡単!
気になる相手を右にスワイプし、マッチングしたらチャットをスタートさせるだけ。
恥ずかしがり屋でキッカケ作りの苦手なあなたも、スムーズに会話が進むはず!
英語の勉強に活用するのもアリですよ。

学部が違う、所属サークルが違う、年齢が違う…そんな壁も、アプリで交流のキッカケを作って乗り越えられる!
「友達ができなくて留学生活がさびしい…」と感じることもなくなるかもしれません。

アメリカ大学留学をお考えの方は、ぜひTinder Uのサービス活用も検討してみてくださいね!

使用方法に要注意!

決められた地域のみの大学生が使用できるアプリですが、使い方には要注意です。
Facebookと連携しているため個人情報の漏洩にも気をつけましょう。
簡単に個人情報を教えない(Lineやメールアドレス、滞在先など)、会う場所は学校内、昼間の時間帯にできる限り設定するなど 最低限の注意をはらって使用してくだい。