利用者 42 万人突破!

(2019年9月21日更新)

カナダのワーキングホリデービザ、いよいよ残り約500名弱に!【ワーホリ協定国ニュース】

2019.09.06

留学くらべ〜る編集部

カナダのワーキングホリデービザ、いよいよ残り約500名弱に!【ワーホリ協定国ニュース】
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットもらう
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

カナダのワーキングホリデービザの現在の応募状況

1年間の定員が6,500名と決められているカナダのワーキングホリデービザ。
2019年度は2018年12月4日より受付がスタートし、2019年9月現在も申請可能な状況が続いています。

ですが、ついにその枠が残り600名を切ったとのこと!
カナダのワーホリはとても人気なので、今年中にチャレンジしたい!という方は、ぜひお早めに応募をしてくださいね。

カナダワーホリの最新情報はこちらから!

パンフレットもらう

カナダのワーホリビザ、残りの枠は569人!

9月6日時点でのカナダワーホリビザの申請状況

2019年9月6日時点で、カナダのワーホリビザの残数は569
辞退等が考慮されているため、招待状自体は7,385名と定員枠以上の枚数が送られています。

1週間で100~300人ほど招待されていると考えると、あと1〜2か月ほど、もしくはそれよりも早く2019年度のカナダワーホリビザの受付が終了するかもしれません。
ちなみに2016年度は、9月に募集人数である6,500名に達していました。

招待を受けられるチャンスはまだあります!

9月6日時点での

Chance of receiving an invitation in the next round
(次の抽選で招待を受けるチャンス=当選確率)

は、「Excellent(=80%〜99%の確率で招待を受けられる状態)」とかなり良好。
今からの応募でも間に合う可能性が大いにあります!

カナダ・ワーキングホリデービザの状況はこちらから確認(カナダ政府HP)

カナダのワーホリビザは応募から申請までをいかにスムーズに行うかがカギ!

カナダのワーホリビザは、招待状が届いてからビザ申請を行うまでに、有効期限があります。
ビザ申請のための書類の中には発効までに時間がかかるものもあるので、招待状を受け取ったらすぐに申請できるよう、必要な書類をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

ビザ申請について何か分からない点があれば、エージェントに相談しながら進めていくのもオススメです!
カナダには多くの魅力があり、初めての海外という方にもぴったりの国!
住みやすい国と言われるカナダで、ワーキングホリデーに挑戦してみませんか?

カナダのワーキングホリデーについて詳しくはこちら

パンフレットもらう

カナダワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る

資料請求の流れ

  • Lady 01STEP1

    条件を選んで、
    パンフレット申し込み

  • Lady 02STEP2

    各社からパンフレットが届く

  • Lady 03STEP3

    留学エージェントを比較する

パンフレットもらう

留学くらべーるとは

「留学の実現に向けた、はじめの一歩のお手伝い」をコンセプトに、留学を手助けするための情報提供やパンフレットの手配(無料)を行っています。

詳細をみる
Pick up

留学お役立ちコンテンツ