利用者 43 万人突破!

(2019年11月15日更新)

2019年8月、24ヶ国目となるワーキングホリデー協定国がスウェーデンに決定!【ワーホリ協定国ニュース】

2019.08.28

留学くらべーる編集部

2019年8月、24ヶ国目となるワーキングホリデー協定国がスウェーデンに決定!【ワーホリ協定国ニュース】
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットもらう
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

【最新情報2019/8】日本とスウェーデンのワーキングホリデーが開始!

2019年8月26日、日本とスウェーデン間におけるワーキングホリデー協定の署名が行われました。
申請の開始日、年齢条件や規定などの詳細はこれからの発表ですが、とても楽しみですね!

北ヨーロッパでは、他にノルウェー、デンマーク、アイスランドがすでに協定国のため、スウェーデンは北欧で4ヶ国目のワーホリ協定国となります。

スウェーデンは、第二言語として英語を話す人口の割合が世界で最も多く、英語を学ぶことに積極的な国です。
語学習得の他にも、北欧独特の文化を味わいながら生活することができるようになります!

スウェーデンに興味がある方は、ぜひワーホリビザを活用してみてくださいね!

参照:ワーキング・ホリデー協定の署名 | スウェーデン大使館

楽しみがいっぱいのスウェーデン・ワーキングホリデーが待ち遠しい!

いかがでしたか?

スウェーデンはバルト海に面しており、首都のストックホルムは「水の都」とも呼ばれる美しい都市!
北欧ならではの、おとぎ話に出てくるようなかわいらしい街並みも魅力的です。

家具ブランドのIKEAや、ノーベル賞を設立したアルフレッド・ノーベルを生み出した国としても有名ですね。

また、スウェーデンではスウェーデン語が公用語ですが、英語を流ちょうに話す国民も多い国。
「英語なら大丈夫かも!」「2か国語を習得してみたい」という方は、思い切って長期滞在にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

魅力たっぷりのスウェーデンでのワーキングホリデーについて、続報が届き次第、留学くらべ~るでもご紹介していきます。
ワーキングホリデーに興味がある方は、随時情報をチェックしてみてくださいね♪