利用者 40 万人突破!

(2018年9月19日更新)

2018年のアイルランドワーキングホリデー、第2回目の申請は7月20日開始!【ワーホリ協定国ニュース】

2018.08.22

留学くらべ〜る編集部

アイルランド大使館が、2018年から2019年にかけてのワーキングホリデーについて、今年2回目の申請期間を発表しました。

今回の申請は、2018年9月30日~2019年3月20日までにアイルランドに渡航する方が対象です。
2018年の申請は今回が最後の可能性も高いので、「今年はアイルランドでワーホリをしたい!」とお考えの方は情報をお見逃しなく!

アイルランドワーキングホリデー、2018年第2回目の申請期間はいつ?

2018年から2019年にかけてのアイルランド・ワーキングホリデーは、今回が第2回目の申請期間です。
申請可能な期間は、2018年7月20日(金)~2018年8月6日(月)
今回の申請は、2018年9月30日~2019年3月20日の間にアイルランドへ渡航する方が対象です。

アイルランド・ワーキングホリデーのビザ発給数は、1年間で400人。
隣国イギリスのワーキングホリデーは1,000人ですが、アイルランドはさらに人数が限られています。
申請期間は2週間と少しありますが、渡航希望者はその期間を逃さずに申請してくださいね。

なお申請結果は、申請受付期間終了後の翌月中旬までにメールで通知される予定です。

アイルランドのワーキングホリデーは、2017年からビザ申請料金が発生!

アイルランドのワーキングホリデービザを申請する際、2017年からビザ申請料金を支払うことが決定しました。
2018年度の申請料は7,900円(60ユーロ)です。

支払いの手続きについては、申請許可が下りた方にのみ詳細が案内されます。
レートによって申請料金が変わる可能性もあるので、支払う際は余裕をもった金額を準備しておきましょう!

アイルランド滞在に興味のある方は、ぜひワーキングホリデーで体験してみよう!

いかがでしたか?

美しい自然、ケルト文化、パブの国…北海道ほどの大きさの国ですが、アイルランドには魅力がたっぷり詰まっています。
昨年の2017年には日本とアイルランドの外交関係樹立が60周年を迎え、今後さらに相互国間の盛んな交流が期待されますね。

ワーキングホリデーは、語学はもちろんアイルランドの生活や文化もじっくり味わえる貴重な機会。
アイルランドに興味のある方は、ぜひワーキングホリデー情報もチェックです!

アイルランド・ワーキングホリデーのビザ詳細や費用などが気になる方は、留学くらべ~るでも情報をまとめているので参考にしてみてくださいね♪