中国留学

成長著しい中国で、未来を切り開く留学を!

経済も発展し人口14億人目前と市場規模が大きい中国。
今後チャンスが多く見込めると、世界各国から多くの留学生が中国に来ています。

中国は広大で、留学先や自分にぴったり合った留学プランを決めるのは大変ですよね。
こちらのページでは中国留学の特徴やおすすめのプログラム、留学にかかる費用などをご紹介しているので、ぜひご覧ください。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

中国留学の特徴・メリット

めまぐるしい発展を遂げている中国は、経済でも言語でも文化でも注目を集めている国です。
観光地としての見どころも多く、滞在中には学業以外にも楽しめる要素がたくさんあります。

そんな中国に留学するメリットは以下の3つ。

1.グローバルな環境で話者世界一の中国語を学習することができる
2.物価が安く、生活しやすい環境
3.都市ごとにさまざまな雰囲気が楽しめる

中国には世界中から多くの学生が留学に来ているため、互いに刺激しあいながら切磋琢磨できる環境が整っています。
中国語は英語に次いで重要とも言われていますが、現地で生活することでより早く習得することができるでしょう。

また、中国は日本に比べて物価が安いので、留学費用を抑えることができます。
日本から距離も近いので渡航費も安く済むうえに、世界三大料理である中華料理をリーズナブルに楽しめるのも嬉しいですよね!
中国は地域ごとの料理の分類があるので、いろいろ食べ比べしてみるのもオススメですよ♪

ALT

中国留学の目的一覧

学ぶ

語学を中心とした「学ぶ」に特化した留学目的をまとめています。人気の語学留学の他にも、短期・長期含め期間で選べるもの等、さまざまな種類のプログラムが用意されています。

暮らす

現地で生活する「暮らす」を留学目的をまとめています。定番のホームステイ、農場体験を兼ねたファームステイなど、現地の生活に溶け込むがテーマ。将来の永住も夢ではない!?

働く

現地で「働く」に絞った留学目的をまとめています。ダントツ人気は何と言ってもワーキングホリデー!その他、企業へのインターンシップやオーペア、ボランティアでの就業体験など多数あり!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

中国留学の費用

中国留学で必要な費用の目安

留学期間 費用の目安
1ヶ月 20~40万円
3ヶ月 40~60万円
半年 80~120万円
1年間 100~200万円

学費や滞在費、生活費に加え、中国への渡航費などを含めた留学費用は1ヶ月で20~40万円、1年間で100~200万円ほどです。
大学や大学院の学費は安いですが、高校留学の場合はさらに費用がかかる場合があります。

また、中国は地域ごとの格差が激しく、滞在する都市によってかかる費用が大きく変わってきます。
都心部ではなく少し郊外に滞在したり、学費が安い学校を選んだりすることで留学費用を安く抑えることができます。

中国留学で必要な費用の内訳《渡航費・学費・滞在費・生活費・交通費》

留学費用の種類 費用の目安 お得な情報
渡航費(往復) 2~10万円 時期を絞ることで片道1万円以内で行くことも可能
学費(1ヶ月) 3~15万円 大学の語学コースを利用すれば年間通しても25~40万程度
滞在費(1ヶ月) 2~8万円 寮の2人部屋やルームシェアにすることでかなりお得に♪
生活費(1ヶ月) 2~6万円 生活費は滞在する都市によって大きく異なる

渡航費は旧正月(春節)を避ければ往復で3~6万円ほど

出発地や到着地によっても異なりますが、渡航費は往復3~6万円ほどを目安と考えておくと良いでしょう。
中国は日本から距離が近く利用できる空港も多いので、LCCなどの格安航空券を利用すれば片道1万円程度で渡航できる場合もあります。
乗継便であれば、もっと安い費用で探すこともできるでしょう。

福岡から上海であれば2時間、東京から北京であっても4時間ほどで行くことができるのも嬉しいですよね♪

また、中国の旧正月(春節)の時期は中国からの観光客が多くなるため、渡航費が高くなる傾向にあります。
留学時期を変更できるのであれば、1月下旬から2月にかけての渡航は避けることをおすすめします。

目的別でみる中国留学の学費

留学の目的 学費の目安
語学留学(1ヶ月) 4~10万円
高校留学(1年間) 70~170万円
大学留学(1年間) 30~60万円
大学院留学(1年間) 40~80万円

中国留学の学費は、その目的や滞在する都市によっても大きく変わってきます。
大学での語学留学であれば1年間で15,000~25,000元(約25~40万円)ほどですが、語学スクールに通う場合は1コマごとに授業料が設定されていることもあります。

レッスン方法が個人か集団かでも異なりますが、1コマ(60分)あたり150元前後が目安です。
コマ数によっては割安になったり土日は高かったりするスクールもあるので、いろんな条件を比較して決めることをおすすめします。

>>中国の高校留学について詳しくはこちら
>>中国の語学留学について詳しくはこちら
>>中国の大学留学について詳しくはこちら
>>中国の大学院留学について詳しくはこちら

滞在費は寮によってかかる費用がさまざま!

中国留学での滞在方法は学校の寮(宿舎)に入ったり、ホームステイしたりマンションをシェアしたりとさまざまです。
プログラムを利用するのであれば、学費や滞在費、食費などが込みのものもあるので、留学にかかる総額を把握しやすくなります。

≪寮の場合≫
寮は1人部屋と2人部屋から選択でき、もちろん2人部屋のほうが割安になります。
寮費は1日あたり30~150元(約500~2,500円)だったり、1学期で6,000元(約10万円)と定められていたり、大学によっても異なります。

≪ホームステイの場合≫
ホームステイは宿泊費と食費を合わせて1週間あたり1,500~2,000元(約2.5~3万円)ほどです。
プランによっては食事なしを選べる場合もあります。

>>中国のホームステイについて詳しくはこちら

生活費は都市によって大きく異なる!

中国は物価も低いため、自炊でも外食でも日本で生活するよりは費用を抑えることができます。
ただし、上海のような都市だと日本とあまり変わらないため、1ヶ月で5万円ほどは用意しておくようにしましょう。

また、ローカルの食堂や露店でご飯を食べるとすれば1食あたり10~20元(約200~400円)ほどですが、日本人向けのお店であればその数倍はかかります。
滞在する都市によって必要な生活費がまったく異なるので、事前にしっかり下調べをしてくださいね。

公共交通機関が安く利用できるので、交通費は抑えめ

中国は交通費が日本よりも安いため、交通費はあまりかかりません。 寮滞在であれば、学校も徒歩圏内ということが多いです。

≪タクシーの場合≫
一般的なタクシーであれば上海の初乗りが14元(約230円)ですが、都市によっては10元(約170円)以下の地域もあります。

≪バスの場合≫
バスは区間制だったり一律だったりといろいろな種類がありますが、一律であれば2元(約30円)からとかなりお得です。

≪地下鉄の場合≫
地下鉄も同様に安く、距離ごとに費用が定められています。
例えば6km以内であれば3元(約50円)、6~12kmであれば4元(約70円)と安いので、留学中はいろんな交通手段を使って観光地巡りをするのもオススメですよ♪

中国留学で奨学金はもらえる?

中国留学で利用できる奨学金制度はいくつかあり、年齢制限や期限などの条件もさまざまです。

代表的なものには「中国政府奨学金」や日本の文部科学省による「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」、日本学生支援機構による奨学金制度などがあり、中国の大学や大学院をお考えであれば応募できる奨学金制度の幅が広がります。

語学留学のみで奨学金制度を利用するのは難しいですが、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」のようにボランティアやインターンシップも対象となる奨学金制度もあるので、自分が該当する奨学金制度がないか早めに調べておきましょう!

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

中国の留学プログラム

中国留学のプログラムは、こちらからご確認ください。
無料で資料請求もできるので、もっと詳しく知りたいという方はぜひ利用してくださいね。

中国留学の新着記事

中国の基本情報

項目 詳細
首都 北京(ペキン)
公用語 中国語
人口 13.76億人(2016年)
通貨 人民元(¥/RMB)

中国と日本の時差

中国と日本との時差は-1時間です。
日本がお昼の12時のとき、中国では午前中の11時ということになります。

中国は国土面積が約960km²、経度差も60度以上ありますが、国内では時差が定められていません。
時刻の基準は首都である北京に合わせています。

中国の気候・気温について

中国の気候や気温は、広大な国土ゆえにさまざまです。

最も気候がいいと言われているのは雲南省で、1年中春のような気温の中過ごすことができます。
ただし、大学などの教育機関が充実していない上、高山病にかかる恐れやマラリアを含む熱帯病にかかる恐れがあります。

首都の北京では、冬の寒さは日本の東北や北海道並みです。
大連を含む東北三省の冬の寒さはかなり厳しいです。
南方は蒸し暑く、冬の寒さは日本の冬とあまり大差ありません。

また、中国の気候の特徴として、内陸に行けば行くほど空気が乾燥しています。
上海や北京などが比較的日本の気候と近く、過ごしやすいでしょう。

中国の治安について

中国の治安は地域によってかなりの開きがあります。
日本人が留学可能な大学の周辺や観光スポット等は、最低限の治安が守られておりそこまで治安は悪くありません。

ですが、経済状況や政治状況によって、デモなどが起こる場合はあります。
デモが起きると治安は悪くなるため、必ず中国のニュースはチェックしておきましょう。

もちろん留学生だけが目を付けられたり誘拐や殺害の危険に直面したりといったことは限りなくゼロに近いですが、置き引きや泥棒の被害に遭う可能性もあります。
日本と比べて治安は悪いということを念頭に置いて生活することが大事です。

中国人にはどんな人が多いの?

中国人の特徴・性格は、中国人の間でも地域によって大きく2つに分かれると言われています。

日本が東と西で分かれているように、中国では南と北で分かれています。
南方の人は北方の人より商売上手であるとか、北方の人は南方の人より率直で生真面目であるとの声も。
ほかにも都市部と農村部の違いや、ホワイトカラーまた知識層とそれ以外の人々の違いなどもあります。

中国人の国民性として言われる特徴は、とても現実的で少しでも早く結果を見たがるようなせっかちな部分があるということ。
また、弱い者や貧しい者を助けることを美徳としています。
日本人と比べて世間体や周りの目を気にするような性格の人が少ないというのも特徴です。

日本から中国への留学者数は?

文部科学省によると、日本から中国への留学者数は年間2万人ほどと発表されています。
2013年の21,126人に比べると2014年は17,226人と4,000人近く減少していますが、それでも多くの方が中国に留学をしています。

こちらはXビザ(学生ビザ)や訪問ビザなどで中国の大学に在学した方のみの数なので、短期の語学留学などを比べると、もっと多くの人数が中国に渡航しています。

ALT

中国留学の準備

こちらでは中国留学の際に必要なビザの種類や保険についてお答えしています。
自分の目的にぴったりのビザは何なのかを確認して、しっかり準備をしていきましょう!

中国留学のビザの種類

ビザ名称 概要
X1ビザ 180日以上留学する際に必要
X2ビザ 留学期間が180日に満たない際に必要
Fビザ 交流や訪問を目的とし、商業活動を行ってはいけない
Zビザ インターンシップや就労などで報酬を得る際に必要

中国留学に関するビザの種類は多く、一時帰国できるかどうかもビザによって異なります。
中国の滞在が15日以内であればビザは不要ですが、15日を超える場合は目的に応じたビザを取得しなければならないので、自分はどのビザに該当するのかを早めに確認しておくようにしましょう。

ビザは留学予定日の3ヶ月前から申請できるので、1ヶ月前には必要書類を集めて申請を行うようにしておくと安心ですよ♪

中国留学保険の準備

中国では、大学などの一部の留学先において保険への加入が必須になっています。
ただし、大学によっても条件や必要な保険の種類が異なります。
一部の大学では平安保険会社の「来華留学生総合保険」という中国の保険に加入するように推奨されている場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、語学留学などであっても、留学中の事故やけがに備えて海外保険には加入しておくことをおすすめします。
クレジットカード付帯の保険を利用したり自分でプラン内容を組み立てたりすることで費用を抑えることもできるので、いろんな方法を比較して決めると良いですね!

中国留学で新たな発見とさらなるステップアップを!

いかがでしたか?

中国留学の魅力が伝わり、留学へのイメージがより具体的になったら嬉しいです。
留学したいという気持ちはあっても、どの都市に行けばいいのか、費用や手続きは大丈夫なのかなど不安があるという方もいることでしょう。

中国語を学びたい、中国の文化に触れたいなど、中国に興味のある方は、留学エージェントへの資料請求もぜひご利用ください。
留学のプロがあなたの不安を解消し中国留学のサポートしてくれますよ♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】