フィジー留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

フィジー留学 フィジー留学 fiji

格安で留学したいならフィジーに!地球の楽園に癒されに行こう♪

バカンスで行くイメージの強いフィジーですが、フィジーに留学するメリットは何と言っても留学費用が格安だということ!
こちらではそんなフィジーのさらなる魅力や留学費用、ビザなどについてご紹介しています。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フィジー留学の特徴・メリット

安く留学できるとは聞いたことがあるけど、フィジーってそもそもどこにあるの?という疑問を持っている方もいるはず。
フィジーは南太平洋に位置し、オセアニアの国のひとつです。
オーストラリアやニュージーランドと同じグループだと考えれば分かりやすいかもしれません。
フィジーには300を超える島があり、ダイビングなどのアクティビティも充実しています。

そんなフィジーに留学するメリットは大きく以下の3つです。

1.美しい大自然のなかで英語が学べる
2.語学学校の学費や物価が安いので、留学費用が抑えられる
3.フレンドリーな人が多く、異文化体験をしやすい

フィジーの魅力は「人」であると言われるくらい、フィジーには友好的な人が多いんです!
積極的に話しかけてきてくれるので、現地に溶け込みながら英語を話すことができます。

フィジーは留学費用を抑えながら効率よく英語を学びたいという人におすすめの国です。

ALT

フィジー留学の目的一覧

学ぶ

語学を中心とした「学ぶ」に特化した留学目的をまとめています。人気の語学留学の他にも、短期・長期含め期間で選べるもの等、さまざまな種類のプログラムが用意されています。

暮らす

現地で生活する「暮らす」を留学目的をまとめています。定番のホームステイ、農場体験を兼ねたファームステイなど、現地の生活に溶け込むがテーマ。将来の永住も夢ではない!?

働く

現地で「働く」に絞った留学目的をまとめています。ダントツ人気は何と言ってもワーキングホリデー!その他、企業へのインターンシップやオーペア、ボランティアでの就業体験など多数あり!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フィジー留学の費用

フィジー留学で必要な費用の目安

留学期間 費用の目安
1ヶ月 25~40万円
3ヶ月 40~60万円
半年 70~100万円
1年間 120~250万円

フィジー留学の費用目安は1ヶ月で25~40万円、1年間で120~250万円です。
フィジー留学は渡航費の占める割合が大きいので、留学期間が長ければ長いほどかなり割安になります。
また、語学留学であれば安いですが、現地で大学に通うということであれば学費が占める割合も大きくなります。

それでもトータルの費用は欧米諸国の2分の1から3分の1ほどまでに抑えられるので、格安で留学したいという人にはぴったりの国です。

フィジー留学で必要な費用の内訳《渡航費・学費・滞在費・生活費・交通費》

留学費用の種類 費用の目安 お得な情報
渡航費(往復) 8~16万円 さまざま航空会社の情報を手に入れよう
学費(1ヶ月) 12~18万円 ※滞在費込み 滞在費がセットのものを選べば予算の計画が立てやすい
生活費(1ヶ月) 2~4万円 物価が低いので、食費も交通費もお安め

渡航費は航空会社によっては通常の半額以下になることもある

フライト時間は日本からの直行便がないため、フィジー留学をする際は経由便を利用しなければなりません。
経由国によって前後しますが、14~20時間で渡航することができます。

同じ時期であっても利用する航空会社によっては渡航費を半分以下に抑えることも可能です。
ですが、格安航空会社の場合は渡航日の変更が難しかったり余計な費用がかかってしまったりということもあるので、条件等を見比べて予約をするようにしましょう。

また、出発時期がはっきり決まっていないという方は、航空会社のキャンペーンなどをチェックするとお得な情報を手に入れられる可能性もあるので、こまめに確認してみると良いですね!

留学エージェントを利用した場合は、宿泊費や空港からの送迎付きで1週間5万円程度、往復の航空券込みでも15万円ほどで留学することができます。
エージェントを利用することで、さまざまな留学先や時期で比較できるのでおすすめです!

目的別でみるフィジー留学の学費

留学の目的 学費の目安
語学留学(1ヶ月) 10~15万円 ※滞在費込み
高校留学(1年間) 120~150万円 ※滞在費・食費込み
大学留学(1年間) 60~130万円
大学院留学(1年間) 140~180万円

フィジー留学で利用できるプログラムは滞在費が込みのことが多いです。
語学学校の目安としては、滞在費込みで1週間あたり5~8万円、1ヶ月あたり10~15万円ほどです。
長期であればより安くなり、1年間フィジーに留学したとしても100~150万円で滞在することができます。

また、フィジーは高校留学も積極的に受け入れており、正規留学として高校卒業資格を得られます。
サポート体制も整っているので、早いうちから海外を経験しておきたいという人におすすめです。

大学や大学院は学ぶ内容によっても学費が異なります。
例えば南太平洋大学だとMBAが年間32,400フィジードル(約180万円)と最も高いですが、それでも欧米諸国に比べると格安です。

>>フィジーの語学留学について詳しくはこちら
>>フィジーの高校留学について詳しくはこちら
>>フィジーの大学留学について詳しくはこちら
>>フィジーの大学院留学について詳しくはこちら

滞在費と学費がセットになっているプランが多い

先ほども述べましたが、フィジー留学ではプログラムに滞在費と学費がセットになっているものが多いです。
そのため、滞在方法を何にするかによって留学の総費用が変わってきます。

例えばホームステイで滞在すると1ヶ月あたり15~18万円(食費込み)ほどですが、複数名でドミトリーや寮に滞在するのであれば1ヶ月で12~15万円ほどとなります。

自炊メインで考えているなら寮も良いですが、フィジーの魅力は現地の人の温かさにもあります。
積極的にフィジアンと交流するためにも、ぜひホームステイを考えてみてくださいね。

>>フィジーのホームステイについて詳しくはこちら

食費は1ヶ月あたり2~4万円ほどあればOK!

フィジーは物価が日本よりも低く、食費をかなり抑えることができます
ホームステイであれば朝食と夕食がついてくるので、ランチ代やおやつ代、交際費などがあれば問題ありませんが、もし外食するとしても1食あたり300~1,000円ほどだと考えておいてよいでしょう。

語学だけでなく遊びや外食も堪能したいということなら、節約を意識しなくても1ヶ月あたり2~4万円で満足いく生活を送ることができます。
ただし、日本食レストランは1,000円以上するのでご注意を!

また、フィジーではチョコレートが高いので、お土産として持っていくと喜ばれますよ♪

フィジーの公共交通機関はかなり格安!

フィジーではあまり自転車が普及しておらず、移動する際にはバスかタクシーを使うのが一般的です。
バスに関してはバス停以外の場所で停車したり車内で音楽がかかっていたりと初めは戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとバスも交流の場と楽しめてくるはず♪

また、タクシーにはメーターがついていない車もあり、乗車前に交渉をしなければならないこともあります。
地域によってタクシーの種類が異なるので、乗り方をあらかじめ確認しておくと安心です。

≪料金の目安≫
バス:70フィジーセント(約40円)~
タクシー:初乗り1.5フィジードル(約80円)

フィジー留学で奨学金は使えるの?

フィジー留学でも利用できる奨学金制度はあります。
例えば文部科学省と民間企業が協力して行っている「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」という奨学金制度であれば、対象が幅広いので、海外ボランティアやインターンシップが目的の場合でも応募することができます。

語学留学のみでは利用できませんが、ボランティアと組み合わせることで留学費用をさらに抑えることも不可能ではありません。
その場合は、目的や計画を考え、自分はフィジーで何がしたいのか、何ができるのかをしっかり考えるようにしてくださいね。

ALT

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フィジー留学の新着記事

フィジーの基本情報

項目 詳細
首都 スバ
公用語 英語 ※その他、フィジー語/ヒンディー語も使用
人口 89.2万人(2015年)
通貨 フィジー・ドル(F$)

フィジーと日本の時差

日本との時差はたった3時間のみで、日本よりもフィジーの方が早いです。
日本が0時のとき、フィジーでは3時になります。
時差があまりないので時差ぼけなども起こしにくいのが嬉しいですね!

なお、サマータイム期間である10月頃~4月頃のときは、日本より4時間早くなります。
ちなみにサマータイムは「Daylight Saving」と呼ばれており、サマータイムだと通じない可能性もあるのでご注意ください。

フィジーの気候・気温って?

フィジーは1年中高温多雨で、熱帯雨林気候な国です。
ただし、南東の貿易風の影響を受ける5月~11月は比較的雨は少なく、降水量は多い時で300ml、少ないときで80mlくらいです。

平均気温は日本とは大きく異なり、日本の平均気温が7℃くらいの寒い1月でもフィジーでは27℃くらいです。
逆に、日本が30℃くらいになる8月では、フィジーでは22℃くらいです。
そのため、フィジーは1年を通して基本的に気候に恵まれており、比較的過ごしやすい国です。

フィジーの治安について

フィジーは日本に比べると、治安はあまりよくありません。
と言っても、大きな事件などはほとんどありませんが、日本人留学生を狙ったスリや置き引きなどが多発しています。
カメラや携帯電話、財布などの貴重品の管理には十分に注意するようにしてください。

昼間はのんびりとした地域でも、夜間になると急に危険な場所へと変化するので、夜間の一人歩きは絶対に避けましょう。
油断しなければ危険な目に遭うことはほとんどないので、危険な場所へは近寄らないようにするなど対策をするようにしてくださいね。

また、フィジーで注意しておきたいのが野良犬が多いという点です。
不用意に近づくのではなく、しっかり警戒するようにしましょう。

フィジー人にはどんな人が多いの?

フィジーに住んでいる人を大きく分けると、純粋なフィジアンとインド系のフィジアンに分かれます。
フィジーには社交的な人が多くポジティブに生きている人たちがたくさんいます。
バスやスーパー、道端などいろんなところで話しかけてくるくらいフレンドリーなので、会ったその日に仲良くなれるほどなんです♪

ただ、おおらかというかおおざっぱというか、時間にルーズだったり意見がすぐ変わったりということもあります。
現地の人とのふれあいになれるまでは戸惑うことも多いかもしれませんが、それも異文化交流のひとつと考えて楽しめるようになると良いですね。

文化の違いに気をつけよう!

フィジーには「ケレケレ」と呼ばれるフィジー独自の文化があります。
みんなのものは自分のもの、自分のものはみんなのもの、何でもみんなで共有しましょうという考え方です。

お互い助け合うことで貧しくても幸せに生きることのできるこの考え方は素敵ですが、日本ではなかなかないことも起きます。
それはベランダに干していた洗濯物を他人が着用していたり、ホームステイ先のリビングに財布を置いたままにしておくと家族が使用したりといったことです。

そのため、貴重品などはしっかりと持ち運び、トランクなどには鍵をかけておくことをおすすめします。

フィジー留学中によくあるトラブルは?

フィジー留学中によくあるトラブルの中には、生ものや飲料水などで体調を崩すといったことがあります。
フィジーは熱帯雨林気候の国のため、生ものなどの衛生管理には十分気を付けておいた方が良いでしょう。

また、日本の水道水は水質がとても良いためついつい水道水などでうがいをしたり飲んでしまったりしがちですが、フィジーの水道水の水質は日本とは異なります。
体調を崩さないためにも、市販された飲料水を飲むように心がけましょう。

さらに、留学中よく油断をしてしまうのがお店で出された飲み物に入った氷です。
氷もフィジーでは水道水から作っている場合が多いので、氷にもできるだけ口をつけずにしておくことをおすすめします。

フィジーの語学学校には日本人が多いって本当?

近年、留学先として日本人に大変人気のあるフィジー。
毎年多くの日本人が留学先として選び、渡航をしています。

フィジーにいる総人口の割合としては日本人は1割弱ほどなので、決して国中が日本人ばかりというわけではありません。
ですが現在、多くの語学学校でたくさんの日本人が在籍しています。
なんと驚くことに、日本人の割合は9割を占めている学校もあります。

語学力があがるか不安という方もいるかもしれませんが、海外が初めてという方や語学に自信がないという方でもフィジーであれば安心して留学をすることができるでしょう。

ALT

フィジー留学の準備

こちらでは、フィジー留学に必要なビザや保険についてまとめています。
フィジー留学をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フィジー留学のビザの種類

ビザ名称 概要
ビザなし 14泊以内の滞在であれば、ビザの申請は不要
短期学生ビザ 留学期間が15~83泊の際に申請が必要
長期学生ビザ 留学期間が84泊以上の際に申請が必要

フィジーのビザを申請してから発行されるまでには、約1ヶ月ほどかかります。
14泊以内であればビザなしで入国できますが、留学期間が長い場合は早めに準備をするようにしましょう。
短期学生ビザはフィジーに入国してから申請を行います。

また、長期学生ビザは必要な書類が多いです。
健康診断書や無犯罪証明書など、漏れのないように丁寧に確認してくださいね。

≪ビザ申請料≫
シングルビザ:96フィジードル(約5,300円)
マルチプルビザ:190フィジードル(約10,500円)

※シングルビザはフィジーから出国すると無効になりますが、マルチプルビザは有効期間中であれば何度でも出入国をすることができます。

フィジー留学保険の準備

フィジーの医療費は比較的安く、問診であれば1,000~2,000円程度です。

フィジーの場合は留学保険への加入が必須ではないため、わざわざ高額の留学保険をつけなくても良いとお考えの方もいるかもしれません。
ですが、留学中に体調不良になってしまった場合、保険に入ってないから…と病院に行くのをためらってしまう可能性もあります。
そのため、万が一の病気や障害に備えて留学保険に加入しておくことをおすすめします。

また、クレジットカード付帯の保険や国民健康保険の海外療養費制度を利用するという方法もあります。
補償の範囲はまったく異なるので、自分に合った海外留学保険に決めてくださいね。

格安フィジー留学を楽しもう!

いかがでしたか?

まだまだフィジーの魅力については伝えきれていませんが、フィジー留学はただ費用が安いというだけでなく、本当に魅力がいっぱい詰まっています。
フィジー留学で現地の方とたくさん触れ合えば、日本では決して体験することのできないことだらけのはず!

留学エージェントや留学プログラムのパンフレットを見れば、フィジー留学についてより具体的な情報を入手することができます。
資料は無料で取り寄せられるので、ぜひお気軽に試してみてくださいね♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】