アイルランドの高校留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

留学アイルランド高校留学

高校留学デビュー!アイルランドへ

アイルライドの高校は小規模な学校が多いのが特徴!中学はジュニアサイクル、高校はシニアサイクルと呼ばれ、それぞれ3年間です。留学生はホームステイしながら通学する人が多いです♪在学中にユアン・マクレガーみたいなイケメン彼氏ができちゃうかも♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アイルランドの高校留学の特徴

治安良好!高校生でも安心です

アイルランドは殺人などの重い犯罪が少ないことで知られ、高校生でも安心して留学することができます。アイルランドへの高校留学の場合、多くの高校生が学校近くのご家庭にホームステイしながら通学します。ボーディングスクールと呼ばれる寄宿舎付きの私立学校もありますが、数そのものが少ないです。ホームステイ先に帰れば食事が用意されており、ホストファミリーが生活面のサポートもしてくれます。初めての海外暮らしを体験する高校生にぴったりの環境です!
★クラブ活動のバラエティー豊富♪
アイルランドの学校では、多彩なクラブ活動が用意されています。水曜日の午後をクラブ活動の日と決めている学校もあれば、日本の部活動のように授業終了後に参加できることもあります。授業終了時刻が16時なので、クラブ活動する時間はたっぷりあります。クラブ活動の種類はケルト音楽などのアイルランドの伝統を学べるものや、ダンス・スポーツ・芸術まで様々です。サッカーと音楽、芸術を愛する国民性なので、その分野に関するクラブ活動が盛んです♪

★トランジションイヤーでの入学がオススメ!

アイルランドへの高校留学を検討する時に、高校にあたるシニアサイクルの就学期間=2年間と書かれている資料を目にすることがあるかもしれません。これは決して誤植ではなく、日本の高1にあたる年に、トランジションイヤー(移行学年)という期間が設けられているからです。トランジションイヤーを高校就学期間としてカウントしないと考えた場合、2年と表記されるんです。自由選択制なのでそのまま進級することもできますが、進路を決めるためにほとんどの学生が希望しています♪★座学では学べない「経験」を積めます!
トランジションイヤーでは、将来の進路を決めるために様々な経験を積みます。模擬会社を立ち上げる・アイルランドの歴史や文化への理解を深めるフィールドワーク等、座学ではない学習が多いのが特徴です。様々な経験が積めるので、トランジションイヤーに合わせて留学することを薦める留学エージェントが増えています。途中編入ができる学校もありますが、9月入学が一般的。3~4月に日本を出発して、入学までの約半年間は語学学校に通って基礎的な英語力を付けるケースが多いです!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アイルランドの高校留学プログラム

アイルランドのTransition year(year4)で一年留学!

アイルランド/ダブリン、コーク、ウォーターフォード/ホームステイ/高校留学/音楽&声楽/

  • 1年
  • 高校生向け
  • 日本人少ない
  • 初めての留学歓迎
  • 女性向け

高校1年留学の穴場アイルランド!日本人の圧倒的に少ない環境で、誰にも真似できない高校生活を

アイルランド/語学留学/長期留学/高校留学/

  • 1年
  • 冬休みに行ける
  • 1週間からOK
  • 体験談あり

日本人の少ないダブリンで英語をたくさん話し、友達をたくさん作ろう|中学生、高校生むけ

アイルランド/ダブリン/短期留学/高校留学/サマースクール/1週間〜 184,000円〜

  • 夏休みに行ける
  • 高校生向け
  • 1週間からOK

目的別 アイルランドでできる留学スタイル

海外で働きたい

現地で「働く」に絞った留学目的をまとめています。ダントツ人気は何と言ってもワーキングホリデー!その他、企業へのインターンシップやオーペア、ボランティアでの就業体験など多数あり!

暮らしを体験したい

現地で生活する「暮らす」を留学目的をまとめています。定番のホームステイ、農場体験を兼ねたファームステイなど、現地の生活に溶け込むがテーマ。将来の永住も夢ではない!?

専門スキルを身につけたい