アメリカ留学まるわかり!人気ランキング・費用・ビザなど【留学くらべ〜る】

利用者358,372人突破!(2018年04月23日更新)

カート

0

アメリカ留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

アメリカ留学

アメリカ留学

こちらでは、アメリカ留学に必要な情報や、留学に失敗しないためのコツなどをご紹介しています。
アメリカ留学の特徴やメリットをはじめ、費用情報や体験談などアメリカ留学の内容をまるっと盛り込んでいるのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

自由の国・アメリカで刺激的な留学生活を送ってみましょう!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカ留学の費用

アメリカ留学にかかる費用はこちらでチェック!
費用の目安が分かっていると、留学のプランも立てやすくなりますよ♪

アメリカ留学の費用

留学期間 費用の目安
1か月 20~70万円
3か月 40~170万円
半年 80~320万円
1年 150~620万円

表に含まれる費用内訳:学費・居住費・生活費・渡航費
含まれていない費用:海外留学保険費・ビザ申請費・交際費・交通費・おこづかい・空港出迎え費など

アメリカ留学費用について詳しく見る>>

アメリカ留学費用節約術

節約のコツ① 渡航費を抑えよう!

これから留学の計画を立てるのなら、オフシーズンを狙って航空チケットを探しましょう。
1~3月前半やGWを除く4~6月がオフシーズンにあたり、この時期であれば往復7~10万円ほどで済むこともあります。

節約のコツ② 学費節約のためには奨学金制度をチェック!

高校留学や大学留学をする場合、利用できる奨学金制度がないかをチェックしてみましょう。
世界から留学生が集まるアメリカは、さまざまな種類の奨学金があります。
学費は留学費用の中でも大きな割合を占めるので、自分が応募できる奨学金があるかをぜひ調べてみてください!

節約のコツ③ 自炊を行い生活費に余裕をもたせよう!

アメリカ生活で外食ばかりが続くと、食費がかさみがちに…。
さらに、アメリカにはチップの文化もあるので外食費は多く見積もる必要があります。
日々の食事を自炊中心にすることで、生活費を少しずつ節約することができますよ♪

アメリカ留学の節約術について詳しく見る>>

アメリカ留学を失敗させないためのコツ

日本人だけで行動することは避ける

アメリカは留学生が多い分、場所によっては日本人の留学生が多いところもあるかもしれません。
だからといって、日本人同士で固まっているのはもったいないです!

異文化交流は、語学力アップはもちろん、価値観や人生観を変えてくれる機会。
進んで外国人の友達をつくったり話しかけたりしてみましょう!

「英語を勉強する」という意識よりも…

留学の目的が「英語を学ぶため」という方は多いのではないでしょうか。
より英語力を身につけるなら、「英語を勉強する」から「英語で(何かを)勉強する」という意識に切り替えると◎!
英語をコミュニケーションやプラスαの学びに活用する…という姿勢が、留学を充実させるコツですよ♪

失敗を恐れずに行動する

人前で失敗したらはずかしい…という考えは、留学生活においては必要ありません。
失敗を恐れず、いろいろなことに挑戦していきましょう。
アメリカでしかできない体験や発見を逃さないためには、チャレンジ精神を忘れないことが大切です!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

アメリカの基本情報

項目 詳細
正式国名 アメリカ合衆国(The United States of America)
公用語 英語
国歌 星条旗 The Star-Spangled Banner
面積 9,834,000 km²
人口 3億2,310万人(2016年)
首都 ワシントンD.C.
通貨 ドル($)、セント(¢)

約983万 km²、世界第3位の国土面積をもつアメリカ。
「人種のるつぼ」とも言われるほど国際色豊かな環境で、世界から多くの留学生がやって来ます。

魅力的な都市もたくさんあり、どこに留学しようか迷ってしまいそう!
場所によって治安の状況も異なるので、自分が留学する地域の生活環境はしっかりチェックしておきましょう。

アメリカの基本情報について詳しくはこちら>>

ALT

アメリカ留学の特徴・メリット

アメリカは、世界の中でも有数の先進国!世界経済をリードし、常に最先端のテクノロジーや新しい文化を発信しています。
日本人留学生から大人気の国ですが、アメリカで留学するメリットは、主に下記が挙げられます。

1.多民族国家のため、あらゆる文化や価値観にふれあえる
2.英語力を伸ばせる+ビジネスチャンスも転がっている
3.最新のトレンドをいち早くキャッチし、本場のエンタメも満喫できる

アメリカの中学校・高校・大学に留学すれば、多種多様なクラスメイトと知り合うことができます。
もちろん、語学留学で通う語学学校でも、たくさんの人との出会いが待っています。
英語力を伸ばすだけではなく、ITなどの専門技術や、ダンスやファッションなどを学びにくる人もいます。

アメリカ留学は、自分の可能性を広げたい人におすすめです!

ALT

アメリカ留学の準備

こちらでは、アメリカ留学に必要な準備についてお届けします。
留学のために用意するものはさまざまですが、こちらでは特に留学において必須の事項についてご紹介しているので、ぜひ確認しながら準備を進めてくださいね!

アメリカ留学のビザの種類

アメリカに渡航する場合、90日以内の滞在であればビザは不要です。
90日を超える長期滞在を予定している方は、ビザの準備を忘れないようにしてください。

ビザ名称 概要
F-1ビザ 大学や大学院、語学学校などへの教育機関で学ぶことを目的とするビザ
M-1ビザ デザインや美容など、専門性の高い学校へ留学する場合に必要なビザ
J-1ビザ 学生がインターンシップに参加する場合に必要

上記の他に、

・授業が週18時間未満
・滞在期間が90日以内
・EASTの申請および帰路航空券予約が完了している

という条件を満たす場合は、VWP(ビザ免除プログラム)の対象となります。

アメリカのビザ申請料金は、160ドル(約17,000円)です。
また、ビザ申請料の他に、F-1、M-1、J-1ビザ申請者を対象としたSEVIS費用があります。
F-1ビザとM-1ビザでは200ドル(約21,230円)、J-1ビザでは180ドル(約19,100円)がかかります。

教育機関へ通う場合は、入学許可証発行手数料も必要です。
学校によって金額は変わりますが、100~500ドル(約10,600~53,000円)がひとつの目安です。

アメリカ留学保険の準備

アメリカ留学で保険に入るとき、海外旅行保険や留学生向けの保険などがあります。
たとえば、AIG(旧AIU)保険の留学保険プランの場合、期間が半年であれば10万円~、1年では20万円~といったものがあります。
保障内容によって金額は大きく変わってくるので、自分にあったプランを選んでいくことをおすすめします。

アメリカ医療費は高額なので、万が一事故や病気が発生したときには予想外の出費になってしまいます。
安心のアメリカ留学にするためにも、保険への加入はしっかり済ませておくと安心ですよ。

留学保険についてもっと詳しく>>

アメリカに関するよくある質問

アメリカ留学をするのに必要な語学力はどのくらいですか?

語学学校へ通うにあたっては、英語力は初級レベルであっても心配ありません。
アメリカの語学学校はコースも豊富で、なおかつ入学時にはクラス分けのテストを行うので、自分の語学レベルにあった授業を受けることができます。

大学留学を考えるならば、授業についていくために一定の英語力が求められることが多いです。
語学力が不安であれば、語学学校に大学進学のための準備コースが設けられている場合もあります。

アメリカの治安は?

アメリカの治安は、日本と比べると決して良いとは言えませんが、地域によっては治安が安定しているところもあります。
一例としては、カナダと隣接しているバーモンド州や、マンチェスターなどの都市があるニューハンプシャー州、アメリカ東部のバージニア州などが比較的治安の良い場所として挙げられます。
現地の治安情報は外務省の公式ページや留学エージェントなどから手に入れることができるので、しっかり確認してから留学に臨みましょう。

>> 詳細はコチラ

アメリカのホームステイってどんな感じですか?

アメリカは多国籍国家なので、さまざまな人種の人たちが暮らしています。
ですので、ホームステイの受け入れ先が必ずしもネイティブのアメリカ人とは限りません。

また、ステイ先の環境も家庭ごとに異なります。ホームステイで滞在するときは、各家庭のルールや考えを尊重して生活することが大切です。
もしトラブルなどが発生したときは、エージェントや学校の担当者などに相談しましょう。

アメリカ留学中にアルバイトはできますか?

学生ビザでアメリカに留学した場合、基本的にアルバイトは禁止されています。
ただし、大学では成績などの条件によって、週20時間までのアルバイトが認められることもあります。
語学学校に通う生徒はアルバイトが許可されていないので注意しておきましょう。

アメリカでは日本人が少ない環境で学べますか?

アメリカには日本人も多く留学しているので、特に留学人気都市では日本人が多い学校もあります。

ひとくちにどの場所に日本人が少ないと言うことはできませんが、より英語環境に浸りたい!というときは都市部より地方に滞在してみることもひとつの方法です。
語学学校によっては、同一国籍の学生の割合を制限しているところもあるので、学校を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

アメリカ留学の新着記事

刺激たっぷりのアメリカ留学で、新しい自分が発見できるかも!

いかがでしたか?

世界から多くの留学生を受け入れているアメリカ。
充実した学習環境に、多様な文化や国民性…アメリカ留学で何を学び、何を得るかはあなた次第です!

「アメリカ留学してみたい」と思っている方は、まずはエージェントのパンフレット請求から始めてみてください。
いろいろな資料内容を比べながら、アメリカ留学を少しずつ実現へと近づけていってくださいね♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】