南太平洋大学(フィジー・ビティレブ島)【留学くらべ〜る】

利用者339,302人突破!(2017年12月15日更新)

カート

0

南太平洋大学
フィジー (ビティレブ島)

オセアニアの文化を学ぶ

南太平洋大学はオセアニア12カ国(フィジー、ツバル、クック諸島など)が共同出資してできた大学です。オセアニア各国から学生が集まり、まさにオセアニア民族、文化のメルティングポットとなっています。オセアニア好きな方にはたまらない環境がそこにあります。

ここがポイント!

  • ・オセアニアの文化を学ぶ
  • ・オセアニアの"どこでも"学べる!
  • ・オセアニアの発展を支える大学

オセアニアの"どこでも"学べる!

南太平洋大学の本部はフィジーですが、加盟国ならどこでも授業を受けることができるので、自分の好きな国、地域で学ぶことができます。地域を変えることもOKなので、色んな国、地域を回りながら学ぶ、なんてこともできちゃいます。

オセアニアの発展を支える大学

南太平洋大学は南太平洋諸国で唯一の高等教育ということもあって、その重要性は計り知れません。なので、キャンパス内は意外と(?)最新設備が整っています。キャンパスは東京ドームの30倍とも言える広範囲におよび、建物は近代的なものばかり。現在は日本の出資したITセンターが建設中で、さらなる発展が期待されています。

南太平洋大学の基本情報

学校名 南太平洋大学
University of the South Pacific(USP)
国・州 フィジー ビティレブ島
都市 スバ
住所 Suva, Fiji
授業料 FJ$21,265
受け入れ時期 7月入学(~7月上旬まで)、1月入学(~1月上旬まで)
留学生の割合 N/A
学部&学科 ジャーナリズム、農業、ファイナンスなど約20専攻
ESL なし
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】