ホームステイを検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

ホームステイのイメージ画像

ホームステイ

海外文化を体験するなら、ホームステイがいちばん!
海外のリアルな生活や、その国の生の言葉に触れることができ、語学習得や習い事など他の目的と組み合わせることも可能です♪

\ホームステイの無料パンフをまとめてもらえる/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ホームステイの魅力

現地の「ナマの生活」を体験できること。それがホームステイの最大の魅力です!

ホームステイでは現地のホストファミリーと衣食住を共にするから、リアルな生活習慣やより自然な英語を身につけることができます。 留学の目的は人それぞれですが、目的にプラスしてコミュニケーションスキルや価値観を広げることもできるので、一回りも二回りも成長できます。 帰国後の生活もきっと変わるはず♪

その上、実際に生活してみてわからないことや困ったことはホストファミリーがサポートしてくれるので、初めての海外留学でも安心です。

ホームステイで生活していく中でホストファミリーとの交流が深まると、帰国後もホストファミリーと連絡をとりあったり、繋がりが続く人もいます。 ホームステイではまさに、「第2の家族」と出会うことができるのです!

ホームステイで得たことは帰国後にも活かせることばかり。 ホストファミリーとの生活は、人間的に大きく成長できるチャンスです! ここでは、ホームステイでできることをいくつかご紹介します♪

★語学力が自然に身につけられる ホームステイでは、他の滞在方法よりもホストファミリーや現地の人と接する機会が多いです。 「聞く」「話す」という実践を繰り返せるので、英語に対しての恐怖心がなくなり、早く語学が習得できます。 語学留学がしたいならホームステイはぴったり!

★表現することの大切さが実感できる 日本人は自分の気持ちや考えを主張するのが苦手ですが、外国ではしっかりと言葉にすることが相手に対しての礼儀でもあります。 ホームステイで現地の人と一緒に生活することで、気持ちを言葉にして伝えるという姿勢ができます。

★自国の良さに改めて気づける ホームステイで他国のさまざまな生活習慣や文化を体験すると、改めて自国の良さを実感することができます。 渡航先と自国の両方の素晴らしい点を知れるのは、ホームステイならではのこと。

共同生活だからといって、遠慮して部屋にこもりきりではもったいない! ホームステイ中はできるだけ積極的に現地の人と過ごすように心がけましょう。

ホームステイ中の過ごし方について、いくつか紹介します♪

★ホストファミリーとの団らん せっかくのホームステイなら、ホストファミリーとの団らんを楽しむのが一番! 一緒に出かけるのももちろんいいですが、一緒にTVを観るだけでも会話につなげることができるので、積極的にファミリーと過ごすようにしましょう。

★日本の文化を紹介する ホームステイ中に日本食を振舞ったり、現地と日本で違うことなどを紹介するとファミリーも喜んでくれるはず♪ 英語で紹介することで、日本のことを改めて理解することもできます。

★街に出かけてみる ファミリーが忙しかったり、ホームステイ生活に慣れてきたら1人で街に出かけてみるのもおすすめです! 最初は不安かもしれませんが、積極的に人に道を訪ねていろんな場所へ行きましょう。話のネタにもなりますよ♪

ホームステイで人気の国ランキング

初めての海外、しかも一般家庭での生活がちょっと不安…という方は、人気の国から選んでみるのもおすすめ。
文化や生活に興味のある国が決まっていれば、その国のプログラムも探してみてくださいね♪

ニュージーランド

ニュージーランドは、ホームステイ先の基準が政府によって定められているのが特徴。安心のサポートで、海外が初めてという方にもぴったりです♪

ホームステイのおすすめプログラム

ホームステイの費用

留学と聞いて、まず最初に思い浮かぶ滞在方法はホームステイではないでしょうか。
現地の人々と交流するには、やはり現地の生活をそのまま体験することが近道ですが、心配なのは費用の問題ですよね。

ホームステイ費用には食費や電気代などの生活費が含まれているので、予算が立てやすいこともメリットです。
こちらでは、ホームステイの費用について詳しくご説明していきます。

ホームステイにはどのくらいの費用が必要なの?

ホームステイの費用は滞在する国や都市、期間など、さまざまな要素によって変わってきます。
また、自分でホームステイ先を探すか、エージェントを利用するのかでも異なるため、自分がどのようなプランでホームステイをするのかを決めておくことも大切です。

ホームステイのプログラムは、語学学校の費用とセットになっていることが多いので、以下の表は語学学校+ホームステイ+渡航費の費用の目安だとお考えください。

ホームステイの費用の目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年間
アメリカ 30~50万円 70~120万円 120~200万円 250~400万円
カナダ 30~50万円 60~100万円 110~140万円 180~300万円
オーストラリア 30~50万円 60~120万円 140~200万円 180~400万円
ニュージーランド 25~30万円 60~70万円 100~130万円 250~270万円
イギリス 40~60万円 80~120万円 150~200万円 300~400万円
ハワイ 30~50万円 80~150万円 120~200万円 250~350万円

現地で語学学校に行く予定がないという場合は、留学費用をもっと安く済ませることもできます。
ステイのみは1ヶ月で7~15万円ほど。
この費用に渡航費が加わるので、20万円は用意しておくと安心です。

プランによっても異なりますが、朝夕の食事がつくかどうか、空港からの送迎はあるのかなどによっても費用は前後します。

ホームステイが安い国ランキング

ホームステイは他の滞在方法と比較して割高だと思われがちですが、食費だけでなく光熱費も含まれた費用で設定されているので、過ごし方によってはお得な滞在方法なんです♪
また、ホストファミリーと過ごすことで、語学を学びやすい環境だというのも嬉しいですよね!
今回は、そんなホームステイの中でも、特に費用が安い国をご紹介します。

1位:フィジー

留学費用は欧米の3分の1と超格安!
ホストファミリーはフィジアンであることが多いので、英語にプラスしてトリリンガルになれちゃうかも!?

フィジー・ホームステイ費用についてもっと詳しく

2位:ニュージーランド

アメリカやイギリスに比べると物価も安く、だいぶホームステイの費用が抑えられます。
治安も良いので、はじめての留学先としてもおすすめです!

ニュージーランド・ホームステイ費用についてもっと詳しく

3位:韓国

キムチ作りなどの文化体験も含まれているホームステイが大人気!
日本から最も近い国なので、渡航に関する費用がお得に購入できるのも嬉しいですよね♪

韓国・ホームステイ費用についてもっと詳しく

ALT

ホームステイの費用についてもっと知りたい!

ホームステイの費用を左右するのは、決して国だけではありません。
同じ国に滞在しても、都市によって大きく異なることもあります。

他にどんな点に注意すれば良いのか、いくつか見ていきましょう!

滞在する都市や人数も重要!

ホームステイ先の家庭が都市部にある場合、田舎のステイ先よりも約10,000円から20,000円ほど費用が割高になる傾向があります。

また、兄弟姉妹で留学する場合、人数が増えるので当然その分費用も上乗せされますが、バラバラに別の場所へ留学するよりもかなりお得に滞在できます。

エージェントにかかる費用はどのくらい?

エージェントの紹介料もホームステイの費用に含まれますが、こちらもおおよそ10,000円から20,000円ほどかかります。
ですが、パック料金などのサービスを行っている会社の場合、パック料金で申し込めばホームステイ先の紹介料が無料になる場合もあります。

エージェントを利用することで、留学前に語学学習ができる、ステイ先の変更がしやすいなどのメリットもあるので、自分にとって何が必要なのかをしっかり決めてから選ぶと良いですね!

ホームステイ中の生活費を抑える節約術は?

ホームステイは費用に食費や光熱費が含まれていることがほとんどですが、費用内に含まれる食事の回数はしっかり確認しておきましょう!
特に平日のお昼は、自分で用意orホストマザーがお弁当を用意というようにホームステイ先によってバラバラです。

自分で用意する場合は自炊すれば費用は抑えられます。
自炊のための食材は負担するのかなどのルールなどもあらかじめホストファミリーと決めておきましょう!

また、留学プランの中には、住み込みのベビーシッターとして安い費用で、もしくは給料をいただく形でホームステイできるものもあります。
子ども好きならぜひ利用してみましょう♪

ホームステイに関するよくある質問

英語が苦手でもホームステイはできるの?

英語が苦手という人でも、もちろんホームステイをすることは可能です。

ですが、相手の話をまったく理解できないとコミュニケーションが取れずにホームステイが終わってしまう、なんてことも…。
自己紹介や挨拶などの簡単な例文を勉強しておくと、安心してホームステイに臨むことができますよ♪

また、身振り手振りを交えながらであれば意外に会話が通じるものなので、まずは英語への苦手意識をなくすことからはじめてましょう!

>> 詳細はコチラ

ホームステイ先のファミリーへの事前連絡って必要?

ホームステイ先のファミリーへの事前連絡は必要性からいうと、「絶対に必要」ではありません。

ただ、事前連絡しておくことで様々なメリットが期待できます。

・印象がよくなる
・現地での会話の話題ができる
・事前にお互いのことを多少なりとも知ることができる
・初期のイベント等の計画の参考になる

ほとんどの方がそうだと思いますが、どんな人かも分からないのに家へ迎え入れる、ましてやしばらく生活を共にするのは不安ですよね。
事前にどんな人かというのが少しだけでもわかっているとホームステイ先のファミリーの対応も全然違ってきます。
最初に話す話題もできやすいですし、お料理もしやすい、休日にイベントを考えてくれるかもしれません。

ホームステイ中に生活を共にしていれば自然とそうなるでしょうが、最初にどう接せるかで学べることやその速度はずいぶん変わります。

逆に、気を付けなければいけないこととして、

・ホストファミリーからの返信を期待しない
・「お世話になります」ということを伝えるために送ることがメイン

ということです。

メール、お手紙を出すタイミングにもよりますが出発直前だとホストファミリーも慌ただしくしていて返信できないかもしれません。
もしくはそもそも返信しない方かもしれません。
それなのに、「こっちからは送ったのに、返信がない」なんてのは恩着せなだけになり、自身にとってマイナスになってしまいます。
連絡はあくまで【お世話になります】というご挨拶が目的です。挨拶もそこそこに好き嫌いや質問攻めだと印象も微妙になります。

事前連絡は、『お世話になる挨拶のためにであればした方がいい』というように思うようにしましょう♪

>> 詳細はコチラ

ホームステイのよくあるトラブルが知りたい!

ホームステイは「あたり」「はずれ」があるといわれます。
一般家庭で一緒に生活するので文化や考え方の違いは避けられませんが、それがエスカレートするとせっかくの留学生活が台無しになってしまいます。
楽しいホームステイができるように、どんなトラブルがあるのか、またその対処法を紹介していきます。

【食事面】
いつも同じ料理、インスタントしか出ない、まったく作ってくれないなどのトラブルがあります。
必ずしもホストファミリーがおいしい手料理を作ってくれるとは限りません。

【家庭環境】
ホストファミリーがほとんど家にいない、夫婦喧嘩ばかりしているなど家庭環境がトラブルにつながるケースもあります。
ホストファミリーとコミュニケーションがとれないのでは、家にいるのが苦痛になってしまいます。

【行動の制限】
国によっては水が貴重だったり、光熱費が高いからと電化製品の使用を制限されることもあります。
特に日本はお風呂の習慣があるのでシャワーに関してのトラブルは多いです。

ほかにも、ステイ先によってはホームステイをビジネスとしてしか考えず、留学生が何人もいて寮のようだったというケースもあります。
また、盗難やセクハラの被害もあります。

嫌なことや納得できないことがあったら、自分の意思や希望を直接ホストファミリーに伝えることが重要です。
黙っていると「満足している」と捉えられてしまいます。
自分の気持ちをきちんと伝えたらホストファミリーと親密になれた、という声もあるので、遠慮せずに自己主張をするようにしましょう。

ホストファミリーに直接言いづらいことは、手配会社に相談をしましょう。
場合によってはホームステイ先を変更してもらえることもあるので、留学期間を無駄にしないためにも早めに相談するのがおすすめです。

>> 詳細はコチラ

ホームステイの時って持ち物って何を持っていけばいいの?

ホームステイで必要な持ち物は、基本的に留学で必要なものと変わりません。
ステイ先のものを借りることができるので、借りることができない日用品や現地で買うと高そうなものを持っていくといいでしょう。

たとえば歯ブラシやシャンプーなどの消耗品。
現地でも調達することは可能ですが、海外製のものよりも使い慣れているものの方がいいですよね。
スキンケア用品も成分が合わないこともあるので、愛用しているものを持っていきましょう。
コンタクトをしている人は、保存液も忘れないようにしましょう。

文房具に関しても、日本製のものを持参するのがいいという意見が多いです。
日本の百均で売られているような文房具が、高い値段で売られていることがあります。

また、日本食を持っていくのもおすすめです。
日本食が恋しくなったときに食べたり、作ってとリクエストされたときにも使えるので重宝します。
持っていく場合は自分用とお土産用を分けて持って行きましょう。

だいたいのものは現地でも手に入りますが、日本製は値段が高かったり、質が良くなかったりするので持参したほうが困りません。

また、国によって習慣が異なるので、渡航先に合わせた準備が必要です。たとえばニュージーランドは、洗濯が週に1、2回の家庭が多いので洋服類は多めに持っていくのがいいそうです。

>> 詳細はコチラ

ホームステイで留学をさらに充実♪

1人暮らしやルームシェアも素敵ですが、ホームステイもなかなか素敵ですね!

ホームステイじゃないとできない経験がいっぱいありますし、何よりずーっと外国語漬けになれる環境は外国語スキルの向上にはうってつけです! 海外に第2の故郷、ファミリーができることでグローバルな感性も養えますね。

ホームステイについてもっと知りたい、もっとプログラムを見てみたいという方はぜひお問い合わせ、または資料請求をしてみてください。 どちらも無料対応なので納得できるまで検討できますよ♪

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】