長期留学

長期留学で憧れの海外生活を楽しもう!

長期で海外に滞在しなければ味わえない楽しさを感じることができるのが長期留学の最大の魅力。
さまざまな国の友人を作る、仕事をする、現地の住宅に住む…。
語学、仕事、技術、それぞれの目的にもよりますが、期間が長い分、語学力も大幅にアップできるはず!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

長期留学のメリット

長期留学で海外のいろんな文化を知ろう!

●多国籍の友達をいっぱい作ろう!
●仕事をして、もっと現地に溶け込もう!
●海外に羽ばたいて、自分を成長させよう!

ワーキングホリデーや学生ビザを使って、憧れの海外生活を思いっきり楽しんでみませんか?

長期留学では短期留学では得られないメリットがたくさんあります!
長期留学で、日本とは違う文化や風習に、現地人になったつもりでとけ込んでみましょう。
せっかく長期で留学するんだから、たくさん色々な国籍の友達を作って話せば、語学力アップは間違いなし!
期間が長い分、たくさん友達を作ったり、一緒に旅行に行ったり、カフェでおしゃべりしたり、楽しい思い出が作れるのも魅力です。

現地で働くことができる!

現地でお仕事をするのも、海外生活を楽しむのにオススメの手段!
長期で海外で生活するとなったとき、お金のことも少し心配ですよね。現地で働くのは、生活の不安を軽減してくれますし、人間関係を広げるのにも役立ちます!
海外での仕事経験は、なかなか得られるものではありません!仕事をすることで語学力の大幅アップにも繋がります!
すでにたくさんの日本人がカフェ、ホテル、日本食レストランなどで働いています。ぜひ挑戦してみてください。

長期で海外に住むこと自体が相当な不安ですよね。
うまくいかなかったり落ち込んだりと、大変なこともありますが、それ以上に楽しいことがたくさんあります。

世界中に友人ができたり、他国の文化を知ることで、日本の良さに気づくこともあります。
はじめの一歩、まずは踏み出してみませんか?自分を大きく成長させる一歩になるはずです。

長期留学が人気の5つの理由

★色々な国籍の人と仲良くなれる!
せっかくの海外!長期滞在でたくさんの国の人達と友達になっちゃいましょう。
世界中に友達がいるって、憧れですよね。

★長期留学でめきめき語学力アップ!
始めは難しい言葉も、滞在しているうちにどんどん耳が慣れていきます。
留学半年後には、あら不思議♪見違えるほどネイティブの言葉がわかるようになってきますよ!

★時間はたっぷり!ゆっくり観光できる!
急いで旅行する必要はありません!
ゆっくり観光地や名所に出かけていって、もっと留学国の魅力を知りましょう。お友達と一緒に行けば、さらに楽しいですね。

★日常生活でも新しい発見がたくさん!
日常生活も楽しめちゃうんです。
ただスーパーに行くだけでも、日本とは全く違う品揃え!外国の可愛いデザインにときめきます!

★人気の和食ホームパーティーで急接近?
海外では、ホームーパーティーはとってもポピュラー!特に日本食は大人気!
友達に日本食をふるまって、もっと仲良くなっちゃおう!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

タイプ別長期留学プログラム

短期間でプチ留学!1週間の長期留学

EC Malta − マルタの大規模校で英語を学ぶ

マルタ/セント・ジュリアン/語学留学/短期留学/長期留学/

  • 1週間
  • 社会人向け
  • 人と違うことがしたい
  • 異文化にふれたい
  • 観光スポット充実

St.Giles London Central − 一般英語/試験対策

イギリス/ロンドン/語学留学/短期留学/長期留学/

  • 1週間
  • 友達と参加OK
  • 観光スポット充実
  • アクティビティ豊富
  • 英語が苦手OK

Southern Lakes English College − リゾート地で英語を学ぶ

ニュージーランド/クイーンズタウン/語学留学/短期留学/長期留学/

  • 1週間
  • 大学生向け
  • 社会人向け
  • 人と違うことがしたい
  • 観光スポット充実

春休み・夏休み・転職の合間に!1ヵ月の長期留学

ELS Language Centers Seattle − シアトル・ダウンタウンにある語学学校

アメリカ/シアトル/語学留学/短期留学/長期留学/

  • 1ヵ月
  • 大学生向け
  • 社会人向け
  • アクティビティ豊富
  • 英語が苦手OK

New Zealand School of Tourism − オークランドの旅行専門学校

ニュージーランド/オークランド/長期留学/資格取得/社会人留学・キャリアアップ/

  • 1ヵ月
  • 社会人向け
  • 人と違うことがしたい
  • 就職に有利
  • 観光スポット充実

クライストチャーチ工科大学-英語/職業訓練/進学準備/学士号/準修士号

ニュージーランド/クライストチャーチ/語学留学/長期留学/資格取得/

  • 1ヵ月
  • 大学生向け
  • 社会人向け
  • 就職に有利
  • 日本人少ない

長期留学で国際人になる!1年の長期留学

【ニューヨークで本気の英語を身につける】6ヶ月以上の長期留学者向け

アメリカ/ニューヨーク/語学留学/長期留学/習い事・おけいこ/

  • 半年(6ヵ月)
  • 1年
  • 女性向け
  • 就職に有利
  • 日本人少ない

【大学生の休学ニューヨーク留学】4月、9月から6ヶ月以上の長期留学者向け

アメリカ/ニューヨーク/語学留学/長期留学/習い事・おけいこ/

  • 半年(6ヵ月)
  • 1年
  • 大学生向け
  • 就職に有利
  • 異文化にふれたい

【格安のニューヨーク長期留学】費用を抑えてNYに半年以上滞在したい方にお勧め!

アメリカ/ニューヨーク/語学留学/長期留学/習い事・おけいこ/

  • 半年(6ヵ月)
  • 1年
  • 就職に有利
  • 異文化にふれたい
  • 日本人少ない

長期留学の体験談

長期留学ではどんなことができるの?と気になっている方は、先輩方の体験談をチェックしましょう!勉強だけじゃない楽しみ方に、羨ましくなっちゃうかもしれません♪

アイルランドを起点に、ヨーロッパを格安旅…

おすすめ旅行先①イタリア イタリアは日本からも人気の旅行先ですが、アイルランドからだと2~3時間で行けち…

アイルランドを起点に、ヨーロッパを格安旅…

ダブリンのLCC① 皆さんは、ライアンエアーっていう航空会社の名前を聞いたことがありますか? 世界で最…

お金だけじゃない。アイルランドでアルバイ…

学生ビザでもアルバイトのできる国☆ 当時のアイルランドは、なんと留学生でもアルバイトのできる珍しい国でし…

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

長期留学の費用

海外で長期留学をしてみたいけど、費用が不安で…という方もいますよね。
ですが、長期留学と一言で言っても、留学スタイルは人それぞれです。
語学学校に通って語学力をアップさせたり、現地の大学に通って専門的な知識を深めたりと、いろいろなパターンが考えられます。

ワーホリビザならアルバイトで収入を得ることができ、国によっては学生ビザでも一定時間のアルバイトが認められています。
予算と期間を見比べて、自分にとって最も良いプランを導きだしてくださいね♪

長期留学の費用はどのくらい?

海外に長期留学となると、大学院、高校などに通うケースも多いですが、こちらでは語学学校と大学に通った場合の費用をそれぞれまとめています。

長期留学となると、渡航費よりも学費や滞在費、生活費などの占める割合がかなり大きくなります。
国だけでなく都市の物価も大切なので、できるだけ費用を抑えて長く留学したいと考えるのであれば、都市ごとの情報もチェックしておくことをオススメします。

長期留学の費用の目安

国名 半年 1年間
アメリカ 120~200万円 250~400万円
カナダ 110~140万円 180~300万円
オーストラリア 140~200万円 180~400万円
ニュージーランド 100~130万円 250~270万円
イギリス 150~200万円 300~400万円
ハワイ 120~200万円 250~400万円

国別長期留学の費用の目安~大学留学の場合~

国名 半年 1年間
アメリカ 130~200万円 200~500万円
カナダ 120~150万円 240~300万円
オーストラリア 150~200万円 300~400万円
ニュージーランド 140~180万円 270~350万円
イギリス 150~200万円 250~500万円
ハワイ 150~300万円 250~500万円

大学であっても語学学校であっても、授業料は費用の多くを占めます。
公立か私立か、大学であれば文系か理系かなどによっても大きく異なるため、長期留学の費用に幅があります。

語学学校は1週間ごとに学費が設定されていることが多いですが、長期留学であれば割引が適応されることもあります。
また、大学留学などの正規留学では奨学金制度が利用できることもあるので、早めに情報収集をするようにしましょう。

ALT

長期留学の費用についてもっと知りたい!

海外に長く滞在できるため、より現地の生活に密着した経験ができるのも長期留学のメリットです。
長期留学は多くの費用が必要ですが、学校選びや国、地域によって費用を低く抑えることが可能なので、事前にしっかりと学びたい分野を決めて計画を立てることが大切ですよ♪

滞在費はどのくらい必要なの?

授業料と同じくらい重要な滞在費ですが、物価が比較的高い西ヨーロッパやニューヨークなどの大都市に留学する場合と、地方などの比較的田舎に留学するのとで差がでてきます。

まず、アメリカやイギリス、カナダでは寮生活やシェアハウスなどが一般的です。
費用としては大学や住む地域によって異なりますが、寮の場合は月に約25,000~60,000円、シェアハウスは約30,000~70,000円ほどです。
大学がダウンタウンの近くにある場合でシェアハウスに住む場合は、できるだけダウンタウンから離れた場所を選ぶほうが賃料は安く済むでしょう。

オーストラリアやニュージーランドのようにホームステイがさかんな地域もあるので、現地の生活を体験したいという方は、長期留学の最初の数ヶ月をホームステイにしてみるのもオススメですよ♪

渡航費を抑えるコツは?

長期留学で出発時期をはっきり決めなくて良いというのであれば、お盆の時期やクリスマス、土日などに出発するのはできる限り避けたほうが安く航空券を買うことができます。
日本に帰ってくる日にちが決まっていない場合は、帰りの日にちを変更できる往復航空券や片道だけの切符を購入する方法があります。

また、LCCなどの格安航空会社を利用することのもおすすめです。
荷物制限が厳しいなどのデメリットもありますが、渡航費をグッと抑えることができますよ♪

海外保険料はどのくらいが目安?

海外留学保険は、個人で保険会社を選べる場合と留学する学校が指定する保険に入る場合があります。

約1年の留学の場合、どの国に留学するにしても約10~20万円程度かかります。

大学や留学する国によっては出発前に健康診断を受信しなければならないと義務付けられていることもあります。
その際は約2~2.5万円ほど必要だと考えておきましょう。