短期留学を検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

短期留学のイメージ画像

短期留学

1週間から3か月ほどの期間、海外の学校に通いながらその国の文化や魅力を堪能する短期留学。
語学や習い事など、短期間でも学べることはたくさんありますが、期間が短い分、予算が少なく済むのもポイントです♪

\短期留学の無料パンフをまとめてもらえる/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

短期留学のメリット・特徴

留学と聞くとハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、短期留学なら気軽に留学を楽しむことができます! 旅行感覚で行けるのに、旅行よりも現地の生活を満喫できるなんてちょっと贅沢ですよね♪ 短期留学は長期休暇がある学生さんや、仕事が忙しい社会人の方におすすめです!

学生の場合、高校や大学によっては学校側が短期留学プログラムを実施していることもあり、単位取得に役立てることも可能です。 長期休暇中に短期留学して見聞を広めることで、進学や就職にも有利になります。

社会人の方には、ブラッシュアップできる短期留学プログラムもあります。 ビジネス英語や専門知識を学べるので、仕事に直結した勉強ができます。短期間なら、スケジュールの調整もしやすいですよね!

また、英語力に自身のない人、費用面が心配な人、留学初体験という人も短期間なら気軽に挑戦できるのもメリットです♪

次に、短期留学でできることをご紹介します。

★自分のペースで計画が立てられる 長期だと仕事を続けながらの留学は厳しいですよね! でも短期留学なら、自分のスケジュールに合わせて、今の生活ペースを崩すことなく海外生活を体験することができます。

★勉強だけに集中できる 期間が長いと、勉強以外の遊びの要素が増えて、ついだらだらしてしまいがち…。 でも、短期留学の滞在時間は短く限られています。 だからこそ時間を無駄にしない意識が強くなり、短期留学期間は集中して過ごすことができます。

★自分の語学力に気づける 短期間でも生の英語に触れることで、自分の語学力を知ることができます。 レベルがわかれば、効率的な英語学習ができるので帰国後の勉強のモチベーションも上がるはず。 また、英語などの語学に対する恐怖心もなくなるので伸びもはやくなります。

短期留学では、【語学学校に通う】プログラムが人気です。

「短期留学で英語が身につくわけがない!」なんて思っている人も多いはず。 確かに、短期間で語学力を完璧に身につけるのは難しいですが、語学力の基礎を身につけるには短期でも十分です。

ですが長期間滞在したからといって自然に英語が話せるようになるには本人の努力が必要! 英語を習得するためには英語環境に身を置いて、短期間・長期間に関わらず集中して勉強することが大切です★

日本人に人気の場所を避ける、ホームステイを選択するなどプログラムを工夫して、積極的にネイティブスピーカーと話す機会を増やしましょう! そうすることで、外国人と話すことに対する恐怖心や恥ずかしさがなくなり、英語に慣れることができるので短期でも語学力は確実に上がっていきます。

短期留学で人気の国ランキング

短期間でも留学ができる国はたくさん!
期間が短い分、費用なども抑えられるのでぜひ興味のある国のプログラムをどんどん探してみてくださいね。

ニュージーランド

日本との時差が少ないニュージーランドは短期留学の時間を有効に使えるのも魅力。3か月以内ならビザなしで入国できるのも嬉しいポイントです。

短期留学のおすすめプログラム

短期留学の費用

海外留学することを夢見ていても、実際に行動に移すとなると不安がつきもの…。
たとえ短期でも何をどう準備したらいいのか分からない方もいるかもしれません。

ですが、初めてのときには、みんなドキドキしながら準備するものなんです!
費用についてしっかり調べて不安をできるだけ解消し、短期間でも充実した留学生活を過ごせるように準備していきましょう♪

短期留学にはどれくらいの費用が必要なの?

短期留学にもさまざまな期間やコースがあるので費用に関して一概には言えませんが、だいたいの目安としてざっくりと比較してみましょう。

短期留学は渡航費の占める割合が大きいため、1週間と1ヶ月ではそれほど費用に差が出ないことが特徴です。
まずは留学人気国から期間別の費用を見ていきましょう!

短期留学の費用の目安

国名 1週間 1ヶ月 3ヶ月
アメリカ 20~30万円 30~50万円 70~120万円
カナダ 20~30万円 20~60万円 60~100万円
オーストラリア 20~30万円 30~50万円 70~120万円
ニュージーランド 20~30万円 30~50万円 60~80万円
イギリス 20~40万円 25~70万円 50~120万円
ハワイ 15~30万円 30~50万円 80~150万円

短期留学で費用が安い国は?

短期留学先として、費用の安い国はいったいどこなのでしょう?
ここでは、費用面から見て短期留学におすすめしたい国をランキング形式でご紹介します。

短期といっても1日から3ヶ月と期間を選ぶことができます。
長期留学のファーストステップとしても人気の短期留学は、語学力の向上やおけいこのスキルアップなど目的やそれにかかる費用もさまざまです。

短期留学においては自分の目的に合った日程や国を選択できるよう、費用の下調べはしっかりと行っていきましょう♪

1位:フィリピン

マンツーマンレッスンで英語を学べるのが人気の理由!
短期留学の費用も欧米諸国の半分以下とかなりお得なんです♪
マリンスポーツが楽しめるのも嬉しいですよね!

フィリピン・短期留学の費用についてもっと詳しく

2位:フィジー

費用はフィリピンとほぼ同額ですが、こちらの授業はグループレッスンが主体。
ホームステイでの滞在がほとんどなので、短期での滞在でも現地の文化に触れられるのもメリットの1つです。

フィジー・短期留学の費用についてもっと詳しく

3位:ニュージーランド

費用も比較的安く、治安も良好!
都市それぞれに異なる魅力があり、短期間でも充実すること間違いなし!
気候も温暖で過ごしやすいのではじめての留学にぴったりです。

ニュージーランド・短期留学の費用についてもっと詳しく

ヨーロッパ圏なら授業料・宿泊費で1ヶ月10~50万円程度必要!

また、英語圏でもアジア圏でもなく、ヨーロッパ圏に行きたいという方もいますよね。
ヨーロッパは国や滞在都市によっても費用の差が大きく、1ヶ月で10~50万円ほどかかるでしょう。

これ以外にも、飛行機代や毎日の生活費も必要となってくるので、具体的に費用を計算するときにはくれぐれも漏れのないようにご注意ください♪

ALT

渡航費について詳しく知りたい!

短期留学は期間が短くなればなるほど、渡航費の占める割合が大きくなります。
留学期間をできるだけ有効活用したいのであれば直行便で渡航したいところですが、予算との落としどころも見極めなければなりません。
こちらでは、留学人気国をピックアップして、渡航費の目安をまとめました。

人気英語圏の渡航費の目安

国名 渡航費の目安
アメリカ 7~15万円
カナダ 7~20万円
オーストラリア 6~15万円
ニュージーランド 8~20万円
イギリス 5~15万円
ハワイ 6~15万円

格安航空便も増えてきたことで、長期休暇を除けば安い費用で渡航することができます。
また、旅行シーズンではなくても、国ごとの大きなイベントと重なると渡航費が高くなることもあります。

渡航日が明確に決まっていないのであれば、平日に出発することで費用もグッと抑えられますよ♪

その他の国の渡航費の目安

国名 渡航費の目安
韓国 1.5~5万円
台湾 2~6万円
フィリピン 3~7万円
フランス 5~20万円
ドイツ 7~20万円
マルタ 7~15万円

やはり日本から距離の近いアジア圏は、特に渡航費が安いです!
こちらで紹介した費用はあくまでも目安なので、時期によってはもっと費用がかかることもあります。
ですが、航空会社のセールを利用すればもっと費用を抑えることも可能なので、渡航費をできるだけ抑えたいという方はこまめにチェックすると良いですね!

格安の短期留学って大丈夫?

留学費用は高くて当たり前というイメージがあるのではないでしょうか?費用がほかのプランに比べて安すぎると、怪しくて、ちょっと不安ですよね…。

しかし、留学先やプログラム内容によっては短期留学の費用を格段に抑えることもできます。
留学といえばメジャーなアメリカやイギリス、オーストラリアなどを選ぶ人が多いですが、フィリピンやフィジーなどは同じ英語圏なのに費用はかなり安く、プログラムによってはフィリピンのセブ島へ1週間5万円以下で留学できます!
物価が安く、航空費も抑えられるので費用は欧米の約3分の1しかかかりません。

プログラム内容でみた場合、語学学校での授業を午前か午後のみにして授業時間を減らすことで費用を安くすることもできます。
また、語学が勉強できるのは学校だけではありません。ホームステイメインのプログラムを選べば、学校に関する費用もなく、生活で使えるより実践的な英会話を学べます。

格安なものでも、内容をしっかり調べた上で判断すれば充実した留学生活を送ることができるので、短期留学で必要な費用の内訳は留学エージェントに確認してみましょう!

短期留学に関するよくある質問

短期留学で必要なビザは?また、申請方法は?

短期留学の場合は、期間によってはビザが不要(ノービザ)の場合があります。

例えば、アメリカの場合は90日以内の短期滞在であれば学生ビザの申請は免除されます。
観光ビザや短期滞在用のビザで滞在ができます。
カナダでは半年以内であれば学生ビザもワーキングホリデービザも不要です。
オーストラリアの場合は、3ヶ月を超える滞在の場合は学生ビザなどを取得する必要があります。

このように、渡航先の国によって必要なビザの条件は異なるため、行きたい国のビザ情報はしっかり調べましょう。
短期滞在向けのビザは申請の手続きが比較的簡単なので、気軽に留学ができるのが嬉しいですよね♪

>> 詳細はコチラ

学生におすすめの短期留学とは?

学生、社会人問わず人気の短期留学ですが、その中でも学生さんにおすすめなのが夏休みや春休みを利用した短期留学です!

中学生や高校生向けのサマースクールが開催されたり、春休みが長い大学生向けのプログラムが多数あったりと、各世代に合わせた留学スタイルを選ぶことができるんです♪

学生のうちに留学を経験できることはとっても貴重!
海外の大学に進学を考えているのであれば、短期留学で事前にその国の雰囲気などを知ることができるのも嬉しいですね☆

>> 詳細はコチラ

短期留学に必要な英語力や準備とは?

留学を充実したものにするためにもある程度の英語力は身につけておきたいところ。
限られた時間を有効に使うには、日本で英語の事前学習をしておくことが大切です。TOEIC500点以上あると安心ですよ♪

また、短期留学であっても準備をしっかり行うことが留学を充実させるコツ!
短期留学の目的を明確にし、直前になっても焦らないように、持っていくべきモノをリストアップしておきましょう☆

>> 詳細はコチラ

短期間で英語力・語学力を飛躍的に伸ばすコツは?

短期間で語学力を伸ばすためには、独学で語学の勉強を続けられるほどの意欲がまず大切!
語学はすぐに覚えられるものではなく、また積極性がなければスキルも身につかないため、短期でも『語学力を身につけたい』という強い決意をして留学に臨みましょう。

スピーキング力や読解力など、語学の中でもどのスキルを伸ばしたいかによって手段は変わりますが、スピーキングの場合はとにかく実践が大切です。
学校に通ったりホームステイをしたり、現地の人とコミュニケーションを取れる場所を積極的に選択しましょう。
読解力の場合は、スキマ時間に本を読むなどして、とにかく語学に触れるように意識するといいですね☆

留学期間が長ければ長いほど語学力の向上が見込めますが、だからといって短期留学がムダというわけではありません。
積極的に学ぶ姿勢と向上心を持って日々を送れば、短期であってもその分語学力アップが期待できますよ♪

>> 詳細はコチラ

短期だからこその魅力たっぷり!充実した短期留学を実現させましょう

いかがでしたか? 短期間で集中して学ぶ、短期なら忙しい方でも予定が組みやすい、短期なら気軽に留学できるなどなど、短期だからこその魅力がたっぷりでしたね!「短期留学は期間も短いし学びたいことが身につくのかな…」なんて不安もなくなっちゃいませんか?

今まで踏み出せなかった方でも短期留学なら旅行気分で留学に行けます。もしかしたらチャンスは今なのかもしれません!

少しでも短期留学に興味があれば留学エージェントに資料請求をしてみてください。 短期留学に詳しいスタッフが充実した短期留学を実現するためのサポートをしてくれます。 気になる留学エージェントや短期プログラムがあればお気軽に資料請求してみてくださいね!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】