利用者 40 万人突破!

(2018年9月23日更新)

高校留学

語学力や費用、初めての海外生活など、不安も多い高校留学。
ですが、この時期の留学でしか得られないメリットもたくさんあります。

まず、語学スキルは大人よりも圧倒的に10代のうちが伸びやすい!
吸収力が高い高校生だからこそ、留学を通して語学力も大きくアップできることでしょう。

さらに、多感な時期に世界へと飛び出すことは、さまざまな刺激を受けるきっかけにもなります。
価値観や人生観を変え、将来の可能性を大きく広げるまたとない経験ができるのが高校留学なんです♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

高校留学の種類

高校留学は、大きく正規留学(私費留学)交換留学に分かれています。
「言葉は聞くけど、何が違うの?」という方は、ぜひこちらをご参考に!
それぞれの特徴やメリットを理解したうえで、自分にあった留学プランを立てていきましょう♪

正規留学

正規留学とは、単位取得や卒業を目的として、海外の高校で現地の生徒とともに学ぶことです。
留学期間が長期になるほど、学費や滞在費といった留学費用も多くかかってきます。

正規留学の特徴は、現地と生徒と同じように、長期的に授業を受けたり学校生活を送ったりできること!

語学力はもちろん、国際感覚も養うことができ、長期間日本を離れることで精神的な面でも大きく成長することができます。

私費留学とは?

私費留学は正規留学をする方法の1つとしてあげられ、渡航国や滞在地域、学校、留学期間などを自由に選ぶことができます。

留学費用は自己負担となりますが、交換留学よりも自由度が高く留学プランのアレンジも可能!
語学力が不安な方は、学校によってはESL(英語以外を母国語とする学生のための英語学習)の授業を選択できる場合もありますよ♪

交換留学

交換留学とは、各高校や国の機関などが運営している留学制度です。

私費留学と大きく異なるのが、授業料を学校や国が負担してくれること!
費用を抑えて留学したい方にとっては、ぜひ利用したい機会ですよね。

ただし、交換留学は期間(多くは1年間に限られている)、滞在地域、学校などを自分で選ぶことはできません。
また、交換留学は異文化交流を目的とした制度なので、現地の生徒と積極的にコミュニケーションをとるために一定の語学力が求められることもあります。

私費留学よりも選択の幅が少ない留学方法ですが、「費用負担を減らしながら、より国際的な感覚を身につけたい!」という方におすすめです♪

高校のタイプと選ぶポイント

留学ができる高校の種類は、大きく分けて3つ。
高校留学に興味はあるけど、どこを選べばいいかわからない…という方のために、各高校の特徴やおすすめのポイントをご紹介していきます♪

公立高校への留学

海外の高校は公立の学校数が多いため、学校の選択幅が広がります。
また、現地生徒の多くが公立高校に通うため、さまざまな生徒と交流を図るチャンスも!

他の2つの高校と比べて、学費が安い傾向にある点は留学生に嬉しいポイントです。

ただし、国によっては高校の正規留学(卒業を目的とした留学)が公立高校ではできないところも。
希望する学校が留学生を受け入れているかなどの情報は、事前にしっかり調べておくようにしましょう。

こんな方におすすめ!

  • より多くの生徒と交流を深めてみたい
  • 留学の費用をなるべく抑えたい
  • 自由な校風の学校で学んでみたい

私立高校への留学

公立高校よりも学費の負担が大きい分、より教育に力を入れているのが私立高校!

規則が厳しい場合もありますが、勉学にしっかり集中できる環境が整えられています。
男子校、女子校で分かれていることも多く、学校ごとの特色が強く表れている点も特徴です。

また、私立高校への正規留学は多くの国で認められているので、正規留学のチャンスが広がる選択肢でもありますよ♪

こんな方におすすめ!

  • 勉強により集中できる環境で学びたい
  • 個性や強みを伸ばす留学がしたい
  • 正規の留学を考えている

ボーディングスクールへの留学

ボーディングスクールとは、全寮制の学校のこと。
少人数制で質の高い教育を受けられるという特徴があります。

生徒は親元を離れての規則正しい生活となるため、自立心やコミュニケーション能力をより高めることにつながります。

私立高校同様、学費の負担が大きい分、より整った学習環境の中で個性を伸ばす学校生活を送ることができますよ!

こんな方におすすめ!

  • より生徒や教師と密着した学校生活を送ってみたい
  • 個性を重んじ、自分の能力をめいいっぱい伸ばす教育スタイルの中で留学したい
  • 海外の有名大学への進学を考えている

高校留学の年間スケジュール

海外の高校ってどんなスケジュールなんだろう?とお悩みの方は、1年間の大まかな流れを見てみましょう!
国によって1年間のスケジュールは異なりますが、こちらではアメリカを例にご紹介しています。

アメリカの高校の年間スケジュール例

アメリカの高校の年間スケジュール例

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

高校留学の費用

高校留学で気になるのが、やはり費用の問題です。
留学する国や高校によってもかかる費用は異なりますが、「海外の高校は費用が高そう…」と諦める前に、まずは情報を集めることから始めませんか?

サマースクールなどの短期間の留学であれば、費用を抑えることも可能。
また、目的によっては奨学金制度を利用できる場合もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

高校留学の費用はどのくらい?

高校留学にかかる費用の目安は、渡航費・滞在費・学費を含めて1年間で200~600万円です。

高校留学は欧米を中心に各国で受け入れられていますが、渡航先の国や卒業の有無などによってもかかる費用は大きく変わってきます。

英語圏への留学が特に人気ですが、その中でも留学費用が高めの国はアメリカとイギリス。
同じ英語圏でも、ニュージーランドは費用が安めの傾向にあります。

下記では英語圏での高校留学の費用について、国と期間別にまとめているでのぜひ参考にしてみてくださいね。

高校留学の費用の目安

国名 1か月 3か月 半年 1年
30~70万円 70~100万円 150~300万円 200~600万円
30~50万円 80~100万円 100~200万円 200~450万円
30~60万円 80~100万円 120~200万円 200~450万円
30~50万円 70~100万円 100~150万円 200~500万円
40~70万円 150~200万円 200~400万円 300~600万円
40~70万円 70~100万円 150~300万円 300~500万円

※授業料・食費・滞在費を含めた費用の目安になります。

サマースクールや交換留学のように、期間が比較的短く、学校が提携している制度を利用すれば費用を抑えて留学することもできます。
一方、単位取得や卒業を目的とする高校留学の場合、期間も長期になりその分費用も多くかかります。

費用面を考えると、どうしても諦めがちになる留学…。
ですが、吸収力や適応力が優れている高校生のうちに留学することは、語学力はもちろん、国際感覚を養ったり視野や価値観を広げたりするのにぴったりなんです!

高校留学に思い切って踏み込んでみることで、費用以上の経験や学びを得られることでしょう。

高校留学が安い国ランキング

次に、高校留学の費用が比較的安い英語圏の国をランキングでご紹介!
いずれも世界的に教育のレベルが高い国なので、高校生の学びの場としておすすめですよ♪

1位:ニュージーランド

他の英語圏の国に比べて授業料が安く、物価の面から生活費も抑えることが可能。
教育のレベルも高く、さらに多くの留学生を受け入れている国なので留学環境も非常に整っています。

治安も良好で自然豊かなニュージーランドは、初めての海外が不安…という高校生にもおすすめです♪

2位:アイルランド

隣国・イギリスよりも物価が安く暮らしやすい!
アメリカやイギリスと比べると、私立高校の学費が抑えられているところもあります。

アイルランドの教育水準は世界的にも評価されており、質の高い教育を受けることができますよ♪

3位:カナダ

教育の質も高く、きれいな英語が話されているカナダは初めての留学にぴったり!
物価は都市によってさまざまなので、滞在する場所を選ぶことで費用を抑えることもできます。

国際色豊かな人々が集まるカナダで、グローバルな感覚を身につける留学にチャレンジしてみては?

高校留学で利用できる奨学金制度はどんなものがあるの?

高校留学で利用できる奨学金として代表的なものが、トビタテ!留学JAPANの制度です。

高校生や大学生を対象とした奨学金のプログラムが定期的に募集されており、中にはボランティアや専門分野の能力を伸ばすための内容もあります。
募集は全国から受け付けているので、高校留学を検討している方はぜひ応募してみてください♪

また、都道府県や市区町村などの地方自治体や、民間団体などが運営している奨学金制度もあります。
運営する団体が地方自治体である場合、募集対象が特定の地域に住む生徒に限られる点に注意が必要です。

制度の利用を考えている方は、自分の住む地域や都道府県で募集が行われているかをまずはチェックしてみてくださいね!

高校生の留学によくある質問

高校留学の準備はいつから始めればいい?何をすべき?

留学の準備は早いに越したことはありません! 留学するという決意が固まったら、すぐに留学先の情報収集や準備を始めましょう。 留学期間によっては3か月前から準備を始めても間に合うプログラムもありますが、航空券の手配や滞在先の確保など思わぬトラブルが発生することも考えられます。 できるだけ早めにエージェントに相談するなどして、余裕を持って進めておくのが良いでしょう。

日本と海外の高校とでは学年が変わりますか?

留学する国や学校によって、どの学年に対応するのかは異なります。 また、学力や語学力などを考慮して、あえて1学年下からスタートするという場合もあります。 語学が不安…という方は、ESLという英語コースが設けられている高校もあるので、詳しく調べてみてくださいね。

高校留学後、そのまま海外の大学に進学することはできますか?

留学先の大学の基準に達していれば、そのまま進学することはできます。 また、別の国に大学留学するという手もあります。 奨学金制度などの利用もできるので、海外の大学への進学をお考えの方は、どんな準備をすべきなのか早めに確認するようにしましょう。

少ない費用で留学するにはどうすればいいですか?

費用を抑えて留学したいという方は、奨学金制度を利用することをおすすめします。 中には返済不要なものもあるので、自分に合った制度を見つけてくださいね♪ また、物価や安いアジア圏への留学も費用をぐっと抑えられます。 留学する前にある程度の予算を決めて、エージェントに相談してみるのも良いでしょう!

短期留学でビザは必要ですか?

短期留学でビザが必要かどうかは、国によって異なります。 たとえば、カナダに短期留学をする場合は、半年以内であればビザは不要です。 ですが、オーストラリアに3か月以上滞在する場合は、学生ビザを取得する必要があります。 自分が行きたい国はビザが必要なのか、必要であればどんな手続きをするのかをしっかり調べてくださいね。

短期間で英語力・語学力を伸ばすコツはありますか?

語学学校に通うのはもちろんですが、なるべく日本人以外の友達を作ることで語学力は格段に上がります。 また、留学をする前に英語の本や新聞を読むのもおすすめです! 普段から語学に触れる機会を増やせば自然とスキルを伸ばすことができますよ♪

高校留学で人気の国ランキング

高校留学で人気の国はこちらでチェック!
治安の良さや気候・過ごしやすさなど、留学初心者が特に重要視するポイントをしっかりと押さえている国が多いですよ♪

高校留学のおすすめプログラム

世界が広がる!高校留学には多くの学びや感動が待っています

いかがでしたか?

若い感性を持っている高校生の時期だからこそ、留学を通して得られるものは多くあります。
広大な自然や美しい景色、新しい言語、日本とはまったく違う地での生活…どれもあなたを大きく成長させてくれること間違いなし!

高校留学に迷っている方は、まず留学エージェントのパンフレットを取り寄せてみてください。
留学に対してさらにイメージが湧いて、具体的なプランが立てやすくなりますよ♪

今こそ、憧れを現実に変える大きなチャンスです!