留学くらべ〜る編集部 2016.12.22

【旅人Reyの地球散歩Vol.5】英語で広がる僕の世界。北米編

【旅人Reyの地球散歩Vol.5】英語で広がる僕の世界。北米編

世界一周中のブロガー・Reyさんの写真とコメントを紹介する旅人Reyの地球散歩
最終回となる今回は、北米に訪れた際のことだけでなく、旅全体を通してReyさんが感じた想いについても語っていただきました。

Reyさんの熱いメッセージ、ぜひご覧ください。

僕の価値観を変えたカナダでの外国人シェアハウス

ALT 僕がカナダのシェアハウスで一緒に暮らしたのは、カナダ人、ドイツ人、ブラジル人、トルコ人、南スーダン人だった。
(個々の性格の問題もあるけど)やっぱり国籍が違えばそれぞれの習慣は違っていた。
当然僕の習慣だって周りから見たら変わって見えたと思う。

このことは、僕の持つ「常識」や「価値観」なんて、自分の中でしか通じないことを改めて考えさせてくれるキッカケとなった。

「生き方」は人の数だけあるんだね。

ドイツ人とレンタカーで行く!アメリカ旅行1ヶ月!

ALT

シェアハウスで友達になったドイツ人カップルと日本から来た僕の友達、合わせて4人でアメリカ周遊してきたよ♪
もちろんこの時のコミュニケーション手段は英語。
英語を勉強してなかったら、こんなことに挑戦できなかったなぁ。

英語一つ覚えただけで、僕ができることの数は無限に増えた。

英語が通じないメキシコで英語に助けられた話

ALT

カナダでのワーホリ生活を終え、次に僕がやってきたのはメキシコ。

メキシコってスペイン語圏ではあるけど北米だし、何よりアメリカの隣なのでそれなりに英語が通じると思ってやってきた。
だから驚いた、観光地のホテルや高級レストランを除いて、英語がほとんど通じないなんて。
ある小さな集落へ移動する際、道を尋ねても返事はスペイン語だから理解できないし、自分はガイドブックも持っていなくて・・・こりゃまいった。

そこでバックパックを背負った旅行者らしき女性を発見!
英語で声をかけてみたら通じたので、集落への行き方について尋ねてみた。
すると、なんと偶然にも彼女の目的地とホステルまでもが僕と同じだったので、同行することに。
ギリシャ人の彼女は8ヶ国語を話し、英語と西語はネイティブレベルだったので、彼女のおかげで難なく次の目的地に辿り着くことができた。

現地人に英語が通じなくてもメキシコで英語が役に立つと思ったのは、他の旅行者たちとコミュニケーションが取れること。
ホステルで知り合った外国人旅行者と観光もできるし、ルートが合えば一緒に旅もできる。

僕はこの時、海外旅行がさらに楽しくなったと実感した。

海外生活・旅行が与えてくれるもの

海外に出ると、これまで自分が当たり前に思っていたことが当たり前ではなくなる。

日本では常識的な事が、海外から見たらとても素晴らしい事であると知った。
また自分が悩んでいたことは、海外に出てしまえば全く悩みの要因にはならないことに気付いたり。

「常識」というものは自分が思い込んでいるだけの事だった。

それと同じで人の「生き方」にも決まりなんてなくて、そのパターンは国(人)の数だけあったよ。
だから自分の生き方は、自分で自由に決めてもいいんだ。

旅は人生を自分で動かすヒントを与えてくれた。

今回で旅人Reyの地球散歩は最終回となりました。
僕の写真を紹介する素敵な機会をくださったスタッフの方々、立ち寄りで写真を見てくださった方、誠にありがとうございました!
ここでは紹介しきれていない海外生活や旅行の魅力を、僕のブログにて今後も発信していきますのでお時間ある時にぜひお越しくださいませ。

それでは皆さん、世界のどこかで会いましょう。

旅人ReyさんのProfile

ALT

神奈川県・湘南出身の旅人/ブロガー。
大学時代に世界一周旅行を達成し、卒業後就職。その後3年3ヶ月働いた職場を退職し、2015年9月6日から2度目の世界一周旅行へ。現在も、旅先からリアルタイムな情報をブログで配信中。

>>ブログ『これが旅人Reyが全力で生きる証、だ!』

過去記事はこちらから

>>第1回:フィリピン人の暮らしを覗いてみたよ♪
>>第2回:散歩だけでもたくさん学べる!インドの魅力に迫る。
>>第3回:世界の果てまで簡単に行けちゃう日本人パスポート!~アルゼンチン編~
>>第4回:歴史に触れる旅をしよう!ヨーロッパ編

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img