留学くらべ〜る編集部 2017.04.03

【体験談】半年で英語を話せるようにしてくれたフィリピンの語学留学

【体験談】半年で英語を話せるようにしてくれたフィリピンの語学留学

留学に興味はあるけれど、なかなか一歩を踏み出す勇気がない…。
そのような思いを抱いている人は、きっと少なくないはずです。

今回ご紹介する体験談の筆者であるカリタさんも、学生の頃から「留学したい」という漠然とした思いを抱きながら、なかなか実行に移すことができないでいました。

ですが、とあるきっかけから「思い立ったが吉日」精神でフィリピン留学を決意。
留学を経て、カリタさんにはどのような変化が訪れたのでしょうか。

時には、思い切った決断が大きな自己成長へとつながることもあります。
カリタさんの体験談を読めば、新たなことにチャレンジするきっかけになるかもしれません!
今までの自分を変えたいという方は、ぜひカリタさんの体験談をご覧ください。

プロフィール

項目 概要
名前 カリタさん
渡航した年月 2016年3月
渡航先の国/都市 フィリピン/バギオ
渡航時の年齢 20歳

私が留学したきっかけ

年々、留学やワーキングホリデーが人気になってきていますよね!
実際私も、学校を1年間休学して留学することを決意し、フィリピンの語学学校へ半年間留学してきました。

17歳のときから「留学したいなぁ…」とぼんやり思ってはいたものの、なかなか踏み切るタイミングをつかめずに、そのまま卒業してもいいかなぁ、とすら思っていた日々。
そんな私が留学を決意したきっかけは、先に留学を経験していた学校の先輩のプレゼンでした。
その先輩のプレゼンがとても楽しそうだったんですよね、単純に(笑)

そして思い立ったが吉日、です。
その日には親に電話をして、あっさりと私の留学が決定しました。

勢いって大事だなと、改めて思います。
何事も始めるまでが長いだけ。始めるのは意外と簡単なものです。

ALT

なぜフィリピン留学を選んだの?

たくさんある候補の中で、なぜ私がザ・アジア!なフィリピンを選んだのか。
そこには2つの理由がありました。

まず、フィリピンでは普通の授業ではなく、先生と自分のマンツーマンで受けることができる授業体制になっています。
私には、そのマンツーマンレッスンがとても魅力的だったからです。

実際、留学先の先生も私に合うスタイルで一緒に勉強を進めてくれたので、(英語力は)すごく伸びたと思います。
ちなみに私の学校では、1日に受ける授業の数は7~8コマと、比較的多かったです。

次に、留学にかかる費用がどこに留学するよりも安かったこと。
私が通った学校は、1ヶ月15万円程度だったと思います。
ほかの国だともっと費用がかかりますよね。

安いうえに短期間でしっかり勉強できるのでコスパが良いので、ワーキングホリデー前の準備としてフィリピン留学を選択する人も多かったです。

ALT

フィリピン留学で具体的にどのくらい英語力が上がったのか?

もともとの私の英語力ですが、私は中学生レベルの英語しか使えませんでした。
英語自体、もともと好きでも得意でもありませんでしたし、むしろ嫌いでした(笑)

留学した当初の目標は、「英語でコミュニケーションが取れるようになること」。
そのため、特にスピーキングに力を入れていました。

その成果もあり、フィリピン留学後にアメリカへ3ヶ月滞在したときも、問題なく生活することができました。   洋画を見たり洋楽を聞いたりしていても、理解できる部分がぐんと増えたので楽しいです。

また、嬉しいことに最近では、ネットを介してですが英語の音声添削をする先生の仕事も得ることができました。

ALT

フィリピンでの休日の過ごし方

フィリピンは全体的に見ても物価が安いので、平日学校でしっかり勉強する分、休日は思う存分楽しむことができます。
特にマッサージの料金が安く、だいたい2時間で1,000円しないくらいなので、休日のお昼はマッサージを受けに行く生徒も結構いました。

夜は友達と飲みに行くことが多かったです。
お酒も安く、ビールが1本100円くらいでした。

また、2ヶ月に1回程度、6~8人くらいで1泊2日の旅行をすることもあり、すごく良い思い出になりました。

私は韓国人の友達とハンドレッドアイランドへ行きました。
真っ青な海はとても綺麗で、南国リゾートらしさを堪能できました♡

休日はいろんな人とぐっと距離を縮めるいい機会にもなるうえに、フィリピンを味わうチャンスなので、めいっぱい楽しんでほしいです。

ALT

英語力のほかに留学を通して得られたもの

フィリピン留学で英語力が伸びたのはもちろんのこと、留学を経て得られたものはほかにもあります。

まず、人との出会いが多かったです。
日本人だけでなく、韓国人やフィリピン人、中国人、ベトナム人、タイ人、台湾人…とまさに多国籍。
年齢も20代から50代までと、幅広い友人関係を築くことができました。
当時私はまだ19歳だったので(現地で20歳になりました)、いろんな年齢の自分とはまったく違った人生を歩んでいる人の経験談を聞くのは、すごく勉強になりました。

未だにたくさんの友達と連絡を取り続けて会う約束もしているので、これからも繋がりを大事にしていきたいです。

また、以前よりもずっと行動力が身についたと思います。
自分が今まで挑戦しなかったことにどんどんチャレンジできるようになったのは、留学を経て得た自信と、留学で学んだ「知らないことを知る楽しさ」から来るものだと思います。

ALT

ひとつの決断が、自分を変える大きな一歩につながることも!

いかがでしたか?

学校の先輩のプレゼンテーションを聞いて、最初は「単純に楽しそう」という思いで留学を決めたカリタさん。

フィリピン留学では幅広い交友関係や、新しいことに進んで取り組むチャレンジ精神。
さらに今では、英語の添削指導を行う仕事もゲット!

留学を通して、英語力以外にもたくさんのものを得ることができたようですね。

留学経験を振り返って、改めて「勢いの大事さ」を感じたというカリタさん。
時には思い切りの決断も大切…カリタさんの経験談から、そのようなことを感じ取った方もいるのではないでしょうか。

留学にいまひとつ踏ん切りがつかない…という方は、今回の体験談を参考にもう一歩、前へと踏み出してみてはいかがでしょう。
その一歩が、自分の人生や価値観を新たな方向へと導いてくれるかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img