留学くらべ〜る編集部 2017.04.19

韓国って危ない?大丈夫!?気になる韓国の治安情報

韓国って危ない?大丈夫!?気になる韓国の治安情報

韓国って安全なの?と治安を心配している人もいるかもしれません。
韓国はもちろん外国なので注意するべきことはありますが、それでも心配するほど危険な場所ではありません。

今回は韓国の治安について少し見てみましょう!

>>韓国についてもっと詳しく

目次

韓国の最新治安情報

韓国留学を考えているなら、韓国の治安も気になりますよね。
はたして韓国は安全なのでしょうか?

韓国は心配するほど治安は悪くない

韓国の治安は決して悪くはありません。
24時間眠らない街として有名なショッピング街などもあり、夜遅くまで店が開いているので、夜でも人通りが多く、賑やかなエリアもあります。

心配するほど韓国の治安は悪くありませんが、もちろん普段から注意しておくことは大切です。

女性は気をつけたい性犯罪!

韓国では、ときどき女性が性犯罪の被害に遭うニュースが流れています。
小中学生をターゲットにした性犯罪のニュースや、酒に酔った女性などを集団でレイプする事件なども起こっています。

また、最近よくニュースになっているのが、交際中の女性から別れを告げられた報復に、男性が交際女性に暴力を加えるというニュースです。
いつどこで巻き込まれるか分からない性犯罪ですが、節度ある行動で危険からできるだけ身を守るようにしましょう。

おいしいアルバイトには要注意!?

留学やワーホリ中にアルバイトをしたいと考えている方もいるかもしれませんが、韓国のアルバイトの給料は日本に比べると非常に安く、割に合わないと感じるかもしれません。
だからといって、おいしすぎる話には注意しましょう。

最近、韓国の大学生たちが不法なマルチ商法の標的になり、お金を稼ぐどころか多額の借金を負ってしまうというニュースも報じられています。
学費や生活費のためにお金を稼ぎたいという弱みにつけこんだ悪徳なアルバイトには注意し、誘われてもしっかり断るようにしましょう!

最新情報は外務省のデータも確認しよう!

外務省による韓国の治安情報を見ると、現在の韓国の危険レベルやどんな犯罪が起きているのか、犯罪件数はどのくらいなのかなどを知ることができます。

2017年10月時点では危険情報が出ている地域はありません。
留学やワーキングホリデー、旅行などをお考えの方は、事前にしっかり確認するようにしてくださいね。

>>外務省による韓国の治安情報はこちらから

ALT

韓国のなかでも治安が良い地域、悪い地域はどこ?

韓国には特に治安の悪い地域があるわけではないので、ここには近づかないで!というようなエリアはあまりありません。
ですが、行くときには気をつけたほうがいい場所を少しご紹介しておきましょう。

犯罪率の高いソウル市中区、鍾路区(チョンノグ)

統計的には、ソウル市内ではソウルの中区(チュング)と鍾路区の犯罪率が高く、地方都市の中では、釜山(プサン)市の中区や、大邱(テグ)市の中区の犯罪率が高くなっています。

やはり人が多く集まる都市の中心部では、犯罪も起こりやすいということなのかもしれませんね。

繁華街、ショッピング街

南大門や明洞(ミョンドン)、東大門などのショッピング街は、外国人観光客にもとても有名な場所ですよね。

夜遅くまでショッピングや食事などを楽しめる場所でもありますが、やはり人が多く集まる繁華街。
強引な押し売り、スリやぼったくりなどの被害には注意が必要です。

ちょっと異国的な梨泰院(イテウォン)

梨泰院はいろんな国籍の外国人が集まる少し異国的な場所です。

いろんな国のレストランがあり、ちょっと珍しい味も楽しめる場所でもありますが、夜遅くまでひとりでふらふらするのは避けたほうがいいでしょう。

ソウル駅の地下連絡道

ソウル駅の地下連絡道などにはホームレスの方がよく集まっています。

ソウル駅だけでなく、地下鉄の駅とつながっている地下のショッピング街などにも、夜になるとホームレスの方が寝ていることもあります。

女性ひとりで歩くのは避けたほうがいいかもしれません。

タプコル公園

仁寺洞の近くにあるタプコル公園は、日本の植民地支配に抵抗した市民や学生たちの三・一独立運動の発祥地です。

普段はあまり危険を感じることはないですが、記念日の近くになると過激な考えを持った人が集まる傾向にあります。
特に記念日の当日には余計な刺激を与えないためにも避けたほうがいいでしょう。

ALT

韓国で日本人が巻き込まれやすい犯罪と防犯対策

治安は悪くはないといっても、やはりいろんな犯罪は存在します。
韓国語がまだうまくできない間は、外国人だからと弱みにつけこまれるかもしれません。

では、留学中にはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

身近なところでは、ぼったくりや押し売り

普段は地下鉄やバスの利用がメインでも、時にはタクシーを利用することもありますよね。

韓国のタクシーは日本よりもはるかに安いですが、メーターを動かさなかったり、おつりをごまかしたりするぼったくりタクシーもあるので注意しましょう。
タクシーに乗るときには車両番号を控えておき、何か問題があればすぐに申告できるようにしておくといいですよ。

お店で買い物をする際にも気をつけましょう!

ショッピング街や市場では、値段の表示がされていない店もたくさんあり、他の店よりも割高で買ってしまった…ということもあります。
買い物をするときには同じ商品であっても他の店も回って値段を調べることをおすすめします。

曖昧な態度をしていると、お店の人はもっと強引に売ろうとしてくるので、必要ないときにはしっかりと「NO」と言うことも必要です!

スリや盗みにはご用心!

日本人は口の開いたカバンを利用する人が多いため、スリにも気をつけておきましょう。

  • お尻のポケットに財布を入れない
  • リュックのファスナーは確実に閉める
  • カバンの中の貴重品を確認する
  • リュックを前がけや斜め掛けにする

などの対策をしておくだけでも、危険から守ることができますよ。

また、学校の図書館などで席を離れる時にも貴重品は必ず持ち歩き、ノートパソコンや携帯なども席に残したまま離れないようにしましょう。
日本のような感覚でいるととても危険です。

女性は性犯罪にも気をつけて!

注意したからといって完全に防げるものでもないかもしれませんが、女性の方は特に自分の行動には気をつける必要があるでしょう。

飲み会などで酔いつぶれたりすれば、危険に巻き込まれる可能性も高くなります。

夜遅くまでひとりでうろうろしたり、道ばたでお酒に酔いつぶれていたり、薄暗い裏道をひとりで歩いたりするのはできるだけ避け、住む場所も安全な場所を選ぶようにしましょう。

反日感情が高まる日もある

日本人だからといって、普段から反日感情をむき出しにしてくる人はほとんどいません。
多くの人は政治的な感情と個人的な感情を区別しているので、日本人だからとあからさまに嫌ってくる人はいないでしょう。

日本のニュースなどで韓国人の反日感情などの報道を見て、不安に感じる方もいるかもしれませんが、むしろ日本に興味や親しみを持っている人のほうが多いのです。

ですが、独立記念日や光復節、サッカーの日韓戦がある日は国家的に反日感情が少し高まることもあります。
注意するほどのことではないかもしれませんが、そういう日に韓国人の感情を逆なでるような刺激的な言動は控えておいたほうがいいかもしれませんね。

ALT

実際に韓国でトラブルに巻き込まれたら

では、もし韓国でトラブルに遭ったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。
もちろんトラブルに巻き込まれないに越したことはありませんが、もしものときに対応できるように、しっかり確認しておきましょう!

盗難や紛失の際は、各対応先に連絡を!

盗難や紛失の被害に遭ったら、まずは韓国の警察に被害届を出しましょう。
この時の書類は、再発行の手続きや保険の請求などで使うことなります。

  • パスポートは最寄りの日本大使館や総領事館
  • 航空券やクレジットカードはどは購入・発行先の会社

といったように盗難や紛失の対応をしてくれる機関は異なります。
緊急時の電話番号を普段から持ち歩いているかばんや財布、スマホなど、いろんな場所に用意しておくと良いですね。

事件や事故に遭ったときは大使館や総領事館に連絡を!

大使館や総領事館では、日本人が事件や事故に遭ったときに、被害状況や要望に応じて案内を行っています。

たとえば弁護士や通訳の情報を提供してくれたりご家族との連絡を支援してくれたりと、解決に向けて対応を考えてくれるので、問題が起きた際には連絡をするようにしましょう。

どうすればいいか悩んだときにはエージェントに相談するのもひとつの方法!

自分の状況が何になるのか、うまく現状を説明できるか自信がない…という場合は、現地のエージェントサポートを利用するのもおすすめです。

エージェントによっては現地でのサポートや24時間対応窓口があり、緊急時にどう対応するべきかを相談することができます。

日本語かつ24時間の対応のサポートをお願いしていれば、トラブルに遭った時間に関係なく、しかも韓国語に不慣れな留学初期でも安心して利用できますね。

ALT

韓国留学を楽しむために、治安情報には常に注意を!

いかがでしたか?

留学中やワーホリ中に嫌な思いをすれば、せっかくの留学生活に嫌な思い出を作ってしまうことになります。
基本的に韓国は治安に問題がある国ではありませんが、それでも注意は大切です!

最新の治安情報や気をつけておいたほうがよい地域などは、ぜひエージェントにもお問い合わせください。
よりリアルな意見を教えてくれるはずです。

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img