留学くらべ〜る編集部 2017.04.19

留学人気国♪イギリスとカナダを徹底比較!

留学人気国♪イギリスとカナダを徹底比較!

日本人にとって人気のある留学先はどこでしょうか。

英語のスキルアップや技能スキルアップなど目的はそれぞれですが、公用語が英語でも国によってそれぞれ違った文化や特徴があります。

イギリスは古くから伝統のある国ですが、カナダはイギリスとフランスの両国の伝統を引き継いだ興味深い文化のある国です。
留学先として人気の高いカナダとイギリスの特徴を比べてみることで、迷っていた留学先を決めることができるかもしれません♪

>>イギリス留学について詳しくはこちら
>>カナダ留学について詳しくはこちら

イギリス留学とカナダ留学の違い

人気留学先のイギリスとカナダですが、両国の大都市では移民が増えています。
特にカナダはアジア系の移民が多いので、手軽に和食を食べられる場所があります。
イギリスはアジア系移民もいますが、それよりもアラブ系やアフリカ系移民が多いのが特徴です。

イギリスは伝統と歴史があり、カナダをはじめとする多くの植民地を統治していました。
カナダはイギリスとフランスに統治されていた歴史のある国家で2ヶ国の文化が融合した面白さがある国です。

伝統ある文化をじっくり堪能する?お得に2つの文化を満喫しちゃう?

カナダは1800年代中盤にアメリカが介入するまでイギリスとフランスの植民地とされていた歴史がある国なので、現在でも街の風景や文化のあちこちに、その名残を色濃く残しています。

フランスの植民地だったケベック州モントリールでは、現在でも街の8割の人達がフランス語を公用語として使用しており、通りの名前のフランス語のままのものが多いのが特徴です。

イギリスが統治していたビクトリアは、イギリスでも一般的なアフタヌーンティやガーデニングなどが盛んな地域です。
カナダにいながら両国の文化に触れることができるのも嬉しいですよね♪

イギリスに留学をする場合は、アメリカとしっかり区別してイギリスを認識することが大切です。
あまりアメリカに対して好意的な表現をすることが少ないのがイギリスの国民性なので、イギリス人の前でアメリカ文化などの話をするのは避けた方がいいかもしれませんね。

ALT

イギリスとカナダの英語はどう違う?

日本のテレビ番組を観ていて、何となくイギリス人の発音とアメリカ人の発音の違いに気付いた方もいるかもしれません。
方言などが含まれると何を言っているのかサッパリわからないという経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

国によって同じ英語でも単語や発音が違うことが多いので、イギリスとカナダの英語の違いをチェックしてみましょう。

同じ英語なのに単語が違う?カナダ英語とイギリス英語

カナダ英語とイギリス英語の違いをチェックするには、はじめにアメリカ英語とイギリス英語の違いを理解しておくとわかりやすいです。

カナダ英語はイギリス英語とアメリカ英語のちょうど中間くらいの英語で両方の影響を受けています。
アメリカ英語をイギリスで使ったら通じなかったという経験を聞くかもしれませんが、カナダ英語ではそうしたことはありません。

アメリカでもイギリスでも両方で通用しやすいのがカナダ英語の特徴です。

イギリス英語で使用している英単語や発音はドイツ語と似たものが多いので、アメリカ英語のように「R」をハッキリと発音することはあまりありません。
カナダ英語の場合はフランス語由来の発音の英単語とイギリス英語からのものとあります。

ALT

留学費用や物価が安い国はどっち?

どちらも魅力的な留学先であるイギリスとカナダ。
現地での生活のしやすさや費用はどちらがお得なのでしょうか?

留学費用が授業料と航空券だけではないので、予算を含めてチェックしてみると留学先を決める目安になりますよ♪

留学先の都市次第で物価は変わる!カナダとイギリスのおトクな留学

一般的にイギリスのほうがカナダより物価が高いと思われがちですが、留学先の都市によってイギリス国内でも物価は異なるので、留学に必要な予算も変わってきます。

例えばロンドンならアパートの費用も東京都とほぼ変わらない上、ビザを申請する時に必要な預金残高の証明も他都市に比べて高めに設定されていることから、多めに留学費用を用意しなければなりません。
実際の日用品や食料の物価は、イギリスの都市部でも郊外でも安いスーパーがあるので、日本とあまり変わらずに済みますよ♪

カナダの都市部の住居費はイギリスの郊外と同じくらいで見つかる可能性が高いです。
授業料もイギリスの郊外と比較しても低く設定されているところが多く、ビザの申請費用もイギリスより安いのが嬉しいですね!

留学の予算だけで判断をするとイギリスよりもカナダのほうが安いので魅力的に感じるかもしれませんが、あくまでも自分の目的に合った留学先を考えるのが大切です。
イギリスとカナダがどちらも行きたい!と悩んだときは、費用からも考えてみてくださいね。

ALT

タイプ別♪こんな人にはここが向いてる!

カナダでもイギリスでも留学をする目的によって選ぶ都市が変わってきます。
どちらの国も教育水準が高いので、留学後は自分のキャリアになる可能性が高いので、将来を見据えて留学先を選びたいですね♪

目的を見極めよう☆勉強してビジネスに生かしたい?たくさん遊びたい?

イギリスやカナダへ留学するからにはしっかりと英語を習得して将来的には仕事で活かせるようにしたい!と思う方もいる一方で、英語を習得して世界中に友達を作りたい!楽しみたい!と思う方もいるかもしれません。

どちらの目的でもイギリスやカナダへの留学は「大アリ」です!
ハッキリした目的意識を持って留学をすることで、より充実した留学生活が送れるように自分自身も努力をするので、それだけ結果がついてくる人も多いんですよ!

そんな中でもしっかりと勉強をしてキャリアアップを目指したい方は、特にイギリスをおすすめします。
世界的にも有名な大学も多く、留学先の学校やボランティア、インターンシップなどで将来のグローバルビジネスに直結するような多くの仲間と知り合う可能性も高く、一緒に勉強をしながら切磋琢磨していけます。

イギリスよりもフレンドリーに感じる人が多いのはカナダです。
雄大な自然を持つカナダは1年を通して何かしらのアウトドアやイベントをすることができます。

世界中から留学生を多く受け入れていて、多民族国家であることも特徴のひとつなので、留学生活をとことん満喫したい人にぴったりです♪

ALT

迷っているなら、留学の目標をクリアにしてみよう!

いかがでしたか?

カナダもイギリスも魅力溢れる人気の留学先ですが、『将来なりたい自分』をイメージすることで、留学の目的や留学先を決めやすくなります。

留学を終えた後、『留学してよかった!』と思えるように留学先を吟味することが大切です。
本当はイギリスに行きたいと思っていても、予算の都合でカナダに決める人もいるかもしれませんが、カナダにはイギリス文化を感じられる興味深い都市もあります。

イギリスとカナダ、どちらに留学しても満足度は高いはず!
留学先で何をしたいから留学するのかをしっかりと考え、自分にぴったりのプランを組みたててくださいね♪

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img