留学くらべ〜る編集部 2017.04.19

高校生向け・社会人向けのファームステイの暮らし方

高校生向け・社会人向けのファームステイの暮らし方

最近人気が出てきているファームステイ。

ここでは、高校生向け・社会人向けのファームステイについてご紹介します!
少しでも興味のある人はチェックしてみてください♪

>>ファームステイについて詳しくはこちら

高校生におすすめのファームステイ

高校生はまとまった時間がとれる夏休みにファームステイするのがおすすめです!

多感な時期でもあるので、滞在先でのできごとはとてもいい経験になること間違いなしです♪

ファームステイって?

高校生のファームステイでは、現地の農場主さんの家に泊まって農作業など行ったりしながら生活し、農場生活を楽しむスタイルのこと言います。

今までのファームステイは社会人が中心となっていて、高校生はノーマルなホームステイを選ぶ傾向にありましたが、国際化が進んで日本の高校生がファームステイを選ぶ割合も徐々に増えてきています。

夏休みを活用して海外体験!

高校生のファームステイにおすすめなのが、「夏休みグループファームステイ」です。

子どもに海外や農場での経験をさせてあげられるので、親御さんからも注目を浴びています。
1人ではなくグループでという点でも安心ですよね!

ただし、基本的には手配会社を通じてグループファームステイに参加するのがほとんどです。
それは、治安が比較的いい国に行くとはいえ未成年だけの海外での活動なので、保護者のいない分、関係会社や団体を通じて生活上の安全を確保しないといけないからです。

あくまで農業体験・経験

ファームステイでは農作業の労働が伴うので、実際に働き手として機能するためには長期での滞在がマストです。
そのため、高校生の場合はあくまでも「農業体験・経験」といった部分が主な目的です。

教えてもらったりミスを直してもらったりするので、ファームステイのホストファミリーにとっては働き手というより旅行者という意味合いが強いのが現実です。

ALT

現地の一般家庭に滞在して生活をともに

現地のホストファミリーとの生活はどんな感じなんでしょう?

一緒に生活をするということはどういうことなのか、ぜひファームステイ前にチェックしてください!

農家での生活は甘くない!

ファームステイは現地のホストファミリーの家に滞在するのですが、農家での生活はやはり通常の海外の一般家庭と比べるとやや特殊かもしれません。

試しに、国内の農場や牧場での生活を想像してみてください。
基本的に朝がとても早く、夜はその分早く寝るのが普通ですよね。
ファームステイ先では、1週間の中でも労働時間が現地の各家庭や関連団体によっても決まっているので、その時間は必ず労働しないといけないのです。

年齢や期間にもよりますが、農業体験というよりリアルな農業生活と考えていた方がいいでしょう。
ですので、普段から夜が早い生活に慣れていない人には少し厳しいかもしれませんね…。

でも、将来自分が農業や酪農に携わりたいと考えている高校生や社会人であれば、ファームステイという方法は本当に良い経験になるはずです♪

有償or無償の違いは?

有償と無償のファームステイがありますが、どちらも働くことに違いはありません。
有償は実際に賃金が出て、無償は出ない代わりに滞在費や食費が賄われます。

また、高校生がファームステイなどを体験する場合は1週間程度の滞在となるので、どちらかというとお試し体験的な意味合いが強いです。
体験とはいっても相当体力を使うので、それなりの覚悟は必要です。

高校生でも社会人でも、まずは体験してみたいという人に短期間のファームステイはおすすめです。

カナダ・オーストラリアはファームステイ王国!

ファームステイが有名なのは、カナダとオーストラリア。

カナダやオーストラリアは英語が公用語なので、ファームステイ先のホストファミリーとも英語を使ったコミュニケーションになります。
現地で生活を1週間程度するうちに、徐々に会話にも慣れて溶け込んでいくはずです。

高校生でも、しっかりその時期にならった英語を使い分ける練習になるので、滞在中に日常英会話はしっかりとできるようになるでしょう。

ALT

1週間しか休みを取れない社会人でも大丈夫

社会人はまとまった休みを取るのが難しいので、なかなかファームステイなどの留学に踏み切れないことが多いと思います。

でも諦めないでください!
1週間程度の休みでもファームステイはできるので、ぜひ参考にどうぞ♪

社会人になってからでもファームステイはできる!

社会人になってからファームステイに行くなら、まとめて休みが取れる夏休みや連休、有給などを取って行くのがおすめめです。
まとまって休める時に1週間程度行くというのもリフレッシュになっていいでしょう。

海外の農家での滞在経験をはじめとして、現地のさまざまな風習やイベント、文化に触れることは社会人であるからこそ、今後のキャリアアップや人生に大きく生きてきます。

また、ファームステイのプログラムの内容によっては、ステイ先でマンツーマンの語学レッスンを受けることもできます。

目的をしっかり持とう!

社会人の場合は、斡旋団体を通じた個人のファームステイの申込みがベースとなるので、自分のやりたいことや経験したいことを優先順位つけて、各団体を検討しているといいでしょう。

実際の経験者などに聞いてみるのもおすすめです。
社会人の場合のステイ目的は、ホストファミリーとの交流や実際に本気で海外での農業を始める予定の方など人それぞれなので、経験者の話はきっと刺激や参考になるでしょう。

自分の目的や費用、渡航先を選んだ上でしっかりと良い留学エージェントや団体を見つけていきましょう。

社会人でファームステイをするメリット

仕事で英語を使っている人であればある程度の語学力があるので、問題なく現地の人とコミュニケーションがとれるでしょう。
滞在先のホストファミリーと仲が深まることで、より語学力が確かなものになるはずです。

社会人同士のグループになる場合は、お互いの仕事の話など、実際に海外のステイ先で思わぬ出会いや仕事での思わぬ発見もあるかもしれません。

悩んでばかりではなく、行ってみることも大事だと思いますよ!

ALT

1~2週間の短期留学ホームステイのメリット

短期間のファームステイだとあまり意味ないのでは…と不安な人も居ると思います。

ここからは、1~2週間の短期留学ホームステイのメリットについて紹介しますね!

安く、気軽に行ける!

1~2週間の短期留学でのホームステイをすることのメリットまとめてみました。

【メリット】
■ローコストで留学が実現できる
■短期なので比較的気軽に行ける
■日常英会話に触れることができる
■リフレッシュになる

費用をあまりかけられない人や長期の休みが取りにくい人などにおすすめです!

若いほど吸収力がスゴイ!

高校生であれば、その記憶力が吸収力は社会人の比ではないはずです。
行けば新鮮な体験が彼らを刺激するでしょうし、最初は聞き取れない会話もすぐ分かるようになるはずです。

短期留学に行ってから英語が得意になったという高校生もよく見かけます。
学校で習う英語と違って生の会話に触れることでよい刺激になるのです。そして語学の楽しさを知るのです。

個人ベースでは意見が分かれるかもしれませんが、若い時の体験はやはりとても新鮮なものです。
国ごとの英語の発音や訛、フレーズなどどれ一つとっても目新しいはずです。

若くないとダメ、というわけでもありません。
社会人であれば高校生とは積み重ねてきた「経験」が違うので、高校生とはまた違う感覚でファームステイができます。

自分の力を試してみよう!

またファームステイする同じ国の中でも面白い事が起きます。

例えばカナダのケベック州では通用したけど、他の州に行ったら途端に聞き取りにくい、といったようなことです。
英語はどの人と会話するかによってもリスニングの難易度は違うのです。

日本でも東北と沖縄の訛りがまったく違うようなものです。
社会人で英語を使う人は、ぜひ実際に自分の英語がどこまで通用するかを試してみてください。

ALT

短期間でも魅力いっぱいのファームステイ!

いかがでしたか?

滞在先の国の文化や生活習慣を学び感じるために、ファームステイを始めてみませんか?
今までに体験したことのないファームステイでの生活を知り、体験することで今後の語学力や人生の大きな武器にもなるはずなので、短期でも挑戦する価値はあります!

高校生と社会人では、ファームステイできる時期や目的も違ってきます。
あなたにぴったりのファームステイを選んで、ぜひこの機会に挑戦してみてください♪

ファームステイの魅力的なプログラムをたくさんご用意していますので、気になるものがあれば気軽に資料請求してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img