留学くらべ〜る編集部 2017.05.01

【体験談】韓国へ語学留学に行く前に!知っておきたいオススメ情報をお伝えします♪

【体験談】韓国へ語学留学に行く前に!知っておきたいオススメ情報をお伝えします♪

プロフィール

項目 概要
名前 ムニさん
渡航した年月 2012年9月
渡航期間 1年以上
渡航先の国/都市 韓国/ソウル
渡航時の年齢 29歳

韓国のお酒の種類とそれに合う料理は…??

韓国と言えばやっぱり焼肉!!

韓国の焼肉と言えばサムギョプサル!
サンチュにニンニクやコチュジャンなど巻いて食べると美味しいですね。

サムギョプサルに合うお酒と言えば緑の瓶の焼酎。
私はこの焼酎、匂いも味も得意ではありませんが、韓国の方はサムギョプサルを食べる時にはほとんどの人が飲んでます。

チョウムチョロムとチャミスルです。
ALT

チキンにはビールがよく合う

韓国にはチキンのお店がたくさんあります。

チキンを食べる時にはビール!
日本のビールと比べて味が少し薄い気がします。
そして値段も日本のビールに比べると安めです。

チキンはフライドチキンや醤油味、ヤンニョム(甘辛い)味など。
ALT

チヂミにはマッコリ。なぜか雨の日…

韓国の方、なぜか雨の日にはチヂミとマッコリなんです。
何でか分かりませんが、チヂミを食べる時はマッコリが合います。

市販のボトルのマッコリはよく振って飲んだりしますが、振らないで上澄みだけを飲む方もいます。
ちょっと酔いが違うみたいですよ!お試しあれ!

お店によってはヤカンで出てくることもあります。

韓国の伝統や韓屋(ハノク)に触れる

韓屋(ハノク)の見学と伝統的結び紐

韓国の伝統的な家、韓屋(ハノク)。
ハノクマウル(韓屋村)には入ることも可能です。
そこでは韓国の伝統的な結び紐の体験もすることができます。

自分の好きな色を選んでオリジナルのブレスレットを作れます。
行くまでに坂道が多いのでスニーカーがおすすめです!
ALT

城壁跡を進む散歩コース

ソウルを囲んでいた城壁は今も残っていてそこは散歩のコースになっています。
春にはキレイな花がたくさん咲いているので春からがおすすめです。

一部、パスポート等の身分が証明できるものを持参すれば、軍隊が警備している場所も入ることが可能です。
坂道と階段が多いので動きやすい格好で行きましょう!
あとは水分補給もしっかりと取ることが大切です!

ALT

ソウルの宮とパワースポット

昔、ソウルを治めていた王が住んでいた景福宮などがパワースポットと呼ばれています。
このような宮は何か所かあります。

私は景福宮で兵の交代式も見ました。
交代式は決まった時間に行われるのでぜひ、見てみてください。

ALT

行く前に要チェック!韓国ソウルで語学学校を選ぶポイント

語学学校を選ぶポイント

韓国語を勉強するために韓国に行こう!と思う方はたくさんいると思います。
語学学校なんてどこも同じでしょ?と思っている方もいるでしょう。

習うことは、確かにほとんど同じです。
ですが、勉強も良いけど同時に遊びたい!と言う人には宿題が少ない学校がおすすめです。
もしくは民間の語学学校。

大学付属の語学学校はほとんどが週5日で1日4時間が基本です。

また、価格も安いからと言って授業の質が悪いとかそのようなことはありません。

学校のある場所や立地条件

どの学校の周りにも食堂やカフェはあります。
ただ、大学付近だからと言ってどこもかしこも賑やかと言うわけではありません。

駅から学校までは少し距離があったり坂道だったりするので市内バスも利用しましょう。
銀行やATM、郵便局は学校内にある場所もあるので安心です。
ALT

滞在方法(寮、ワンルーム等)も重要ポイント

学校には寮があります。
寮は価格も安いので人気です。

寮を希望する場合は、自分の行こうと思っている時期の受け付けが始まるのと同じ時期に申請しないと入れない可能性があります。
(寮に住んでいた友達はエージェントを通したと言っていました)

寮は相部屋です。
ワンルームの場合は初めに払う保証金が少し高いです。

コシウォンは部屋は狭いですが冷蔵庫やテレビがあります。
部屋にシャワーやトイレがある場合は少し高めです。

t-moneyカードは必須アイテム!?韓国ソウルでの移動を便利に!

ソウルで地下鉄に乗ってみよう

まずコンビニ等でt-moneyカードを購入します。
そこでチャージもできるのでチャージもしておきましょう。
カードの中に残額がない場合は地下鉄乗り場の機械でもチャージできます。

機械の場合は日本語を選択すれば安心!
改札でカードをかざせば完了です。

あとは表示に従って進めばホームに着きます。
車内アナウンスも日本語が流れるのでそこで下車すれば到着。
ALT

タクシーも料金は安め。でも、要注意

タクシーはいたる所にいるので、比較的捕まえやすいです。
タクシーでもt-moneyカードは使えます。

「○○エ カジュセヨ。(○○に行って下さい)」と言えば大丈夫です。
日本に比べて値段は安いですが、中にはぼったくりなんて事もあるかもしれないので気をつけてください。

市内バスに乗ってみよう

移動手段ではバスも便利です。
バスもt-moneyカードが使えます。

乗車してカードのマークがあるところにかざし、下車する前にかざすだけ。
ソウルのバス、けっこう運転が荒いので椅子に座ってない時は手すりにしっかりつかまるようにしてください。

バス乗り場には電光掲示板があり、「何番のバスがあと何分で到着します」というのが表示されるので、そこを確認しながら待つのが良いでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img