留学くらべ〜る編集部 2017.08.14

世界で利用が始まっているサービス「Uber(ウーバー)」とは?

世界で利用が始まっているサービス「Uber(ウーバー)」とは?

「Uber(ウーバー)」とは?

Uberとは、スマートフォンのアプリやインターネットを利用した配車サービスのことで、いわゆるタクシーのように目的地まで送迎する車を手配できるサービスです。

留学したばかりでまだ土地勘が掴めていない、公共交通機関の利用に不安がある、荷物が多いといった、さまざまな場面でUberの利用はおすすめです!

では、Uberとはどのようなサービスなのでしょうか?

Uberを利用するには

Uberは、スマートフォンからあらかじめアプリをダウンロードしておくことで利用が可能です。
また、Web上からもサイトを通して利用することができます。

①まずはユーザー登録!

ALT


アプリを利用する際は、以下のような情報を入力して、ユーザー登録を行います。

  • アカウント(メールアドレスやパスワード)
  • プロフィール(名前や電話番号、使用する言語、クレジットカード情報など)

Uberを利用するにはクレジットカードが必要なので、海外に行く予定でまだ持っていないという方は、早めに用意しておきましょう!
また、海外で使うことを考えて、名前はローマ字で登録しておくことをオススメします♪

②待ち合わせ場所や目的地を決め、依頼する

ALT


依頼する際には、合流する場所や目的地を決めておく必要があります。
地図を見ながら場所を確認できるのも嬉しいですよね♪

初めは戸惑うかもしれませんが、慣れていくと、簡単に活用できます!
初めての利用が海外ではちょっと不安…という方は、まず日本国内で慣れてみると良いかもしれませんね♪

場所の指定はGPSでも文字入力でもOK!

GPSで位置情報が分かっていると合流がスムーズですが、乗降場所はテキストでも入力することができます。
状況に応じて、位置情報サービスを利用しましょう。

③クレカ情報を入力し、依頼完了!

ALT

あらかじめクレジットカードの情報を入力していない場合は、依頼完了前の画面で入力することになります。
国によっては利用できるカードの種類が異なるので、注意しましょう!

必要な情報がすべて入力し終わったら、Uberの手配が完了です!
あとは決めた待ち合わせ場所で運転手さんを待ってくださいね♪

Uberのメリット/デメリット

Uberにはさまざまなメリットやデメリットがあります。
あらかじめいくつかのポイントをチェックしておきましょう!

Uberのメリット

  • アプリやWebから簡単に送迎を依頼することができる
  • 目的地を指定することで、道に迷う可能性が大幅に減る
  • 運賃を事前に見積もることができる
  • 支払いはアプリに登録したクレジットで行うので、運賃代を持ち運ぶ必要がない
  • クレジットの支払いにチップ代も含まれているので、支払いが楽

Uberは一般的なタクシーのように、路上で車を探す必要がないのが嬉しいところ。
さらに、運転手が誰であるかということがあらかじめ確認できるというのも、安心できる点のひとつです。

Uberのデメリット

  • ドライバーはプロではないので、道が分からず遠回りすることも
  • キャンセル時にキャンセル料が発生することがある
  • 乗客の多い時間帯は値段が高くなる
  • トラブル時の対応に不安がある

使ってみるとかなり便利なUberですが、もちろんデメリットがないとは言えません。

Uber利用時はトラブルが起きる可能性も考慮する必要があります。
アプリ内で運転手の評価(レビュー)を見ることができるので、不安なときは評価も一緒に確認しながら予約を進めていくといいでしょう。

Uberの料金について

Uberの大きな特徴のひとつが、一般的なタクシーよりも料金が安い点。
こちらでは、以下の3つの料金を比較してみました。

  • タクシー
  • Uber Pool:他の乗客と相乗りすることで、料金を抑えられる
  • Uber X:一般の人が自家用車を利用して運転を行う

アメリカで利用する場合

Uber Pool Uber X タクシー
メトロポリタン美術館
~ブロードウェイ/2.1マイル
6~9ドル 11~15ドル 14.83ドル
ロサンゼルス国際空港
~ハリウッド/27.2マイル
30~31ドル 30~39ドル 85.34ドル

イギリスで利用する場合

Uber Pool Uber X タクシー
リバプールストリート駅
~大英博物館/3.4km
4~6ポンド 7~9ポンド 12.77ポンド
ソールズベリ駅
~ストーンヘンジ/15.6km
なし ※ 16~22ポンド 38.22ポンド

※Uberには地域や乗車状況によって、利用できない種類もあります。

参考サイト:RIDEGURU
参考サイト:Uber

Uberはどこの国で使うことができるの?

Uberは現在、日本を含むアジアや、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカなど、実に世界632都市で利用可能!
どの国のどの都市で利用できるのかは、サイト上で検索することができます。

なお、利用できる都市は国ごとに決まっています。
同じ国内でも地域や都市によっては利用できない場合があるので、事前に自分の渡航先が利用可能なところであるかを調べておくと安心です。

ALT

Uber利用時の注意点は?

とっても便利なシステムのUberですが、利用時には留意しておくべき点もあります。
Uberの特徴をしっかりと理解した上で、ひとつの移動手段として上手に利用していきましょう。

利用時の通信環境はしっかり確認しておきましょう!

Uberに新規登録をするときは、SMS(ショートメッセージサービス)を使った認識作業が発生します。
海外でSMSがつながる通信環境に設定した場合、課金の額が大きくなってしまう可能性も…。
Uberを利用するときは、前もって日本で登録を済ませておくといいでしょう。

Uberはアプリやインターネット上で利用できるサービスなので、利用時にはネット環境を確かめておくことも大切です。

また、急なトラブルの際に運転手と電話で連絡を取る場合、日本のスマートフォンでは国際通話の料金がかかることも。
海外用のスマートフォンをあらかじめレンタルしておくことも、ひとつの方法です。

Uberを利用したい方はこちら!

デバイス リンク先
iPhone
Android
Web https://www.uber.com/ja-JP/

海外での便利な交通手段!Uberを利用してみよう

いかがでしたか?

慣れない海外生活だと、タクシーひとつを手配するにも一苦労することがありますよね。
Uberは、世界中で利用できる便利な配車サービス!
さまざまな手順を簡易化して、スムーズに目的地まで送り届けてくれます。

もちろん、使用上の注意や気をつけておくべきこともあるので、Uberがどのような仕組みなのか、どんなメリット・デメリットがあるのかを承知した上で利用する必要があります。

Uber以外にも、海外で利用できるお役立ちアプリやサービスはさまざま!
自分に合ったサービスを利用し、より快適な海外生活を送っていけるといいですね♪

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img