留学くらべ〜る編集部 2017.08.25

【体験談】語学留学から現地就職!?イギリス留学ではいろんな経験ができました!

【体験談】語学留学から現地就職!?イギリス留学ではいろんな経験ができました!

プロフィール

項目 概要
名前 弥生さん
渡航した年月 2005年10月
渡航期間 10年以上
渡航先の国/都市 イギリス/ロンドン
渡航時の年齢 28歳

学費によって授業の質も変わる!イギリスの語学学校を決めるときはしっかり下調べを

下調べもせず学校を決定!

私が初めてイギリスへ来たのは2005年の秋でした。
怠け者の私は留学情報誌にアルファベット順に掲載されていた学校リストの1ページ目で見つけたAから始まる名前の語学学校に決めてしまいました。

なんとその学校の学費は半年で100万円!
写真も大きめに掲載されていたその学校は、広告料が出せるだけ安定しているのだと無理矢理自分を納得させつつ、夢の海外生活に胸を膨らませていました。

他校より高めの学費…でも、大満足!

自分の語学学校の学費がかなり高額だったことに気づいたのは憧れのイギリスへ到着してからでした。
ですが、授業内容や毎月行われるレベルテスト、そして何よりきちんと資格を持った先生方の質はやはり格別!

学生の中には日本人も多くいましたが、その他はホリデー感覚で通っているヨーロッパのお金持ちの子ども達やイギリスの大学受験を控えた真面目な学生が多く、とても穏やかでフレンドリーな雰囲気の学校でした。

ALT

2度目の留学は激安語学学校へ

半年の語学留学を無事終えた私でしたが、物足りず再び1年間の留学を決意!
ビザの問題で一度は日本へ戻りましたが、帰国前に次の学校探しを済ませていたのです。

二度目は資金的に余裕がなかったので学費の安い学校を必死に探し、小さいながらも先生方が熱心な語学学校に申し込み。
安心してひとまずイギリスを発ちました。 ALT

語学レベルと2つしかない教室

3か月後、再びイギリスに舞い戻った私は意気揚々と新しい学校へ。
けれどここで痛恨のミスに気づきました。

学費の安い学校は設備面が乏しく、教室も2つしかなかったため、クラスのレベル分けがかなり大ざっぱだったのです。

最初の学校をアドバンスレベルで卒業した私ですが、結果として中級レベルの生徒達と授業を受けることに。
そうなると授業内容は下のレベルに合わせることになるので、やや物足りないものでした。

貧乏暇なし?!友達よりもバイト優先!

さらにこの学校の生徒は苦学生が多く、授業が終わるとバイトへ直行という人がほとんどでした。

前の学校では、授業が終わると友人とパブなどに行って過ごしていたのですが、それもほとんどなく…。
私は運良く以前の学校にまだ友達が通っていたので、授業の後はそちらへ通う日々でした。

留学の楽しみは勉強だけでなく出会いでもあると思うので、この状況は寂しいな~と感じたものでした。

ALT

あなたに合った学校選びを!

私の経験は両極端なので参考にならないかも知れませんが、もし可能なら語学学校を通う前にカリキュラムや卒業生の声などをネットで情報収集することをおすすめします。

せっかく叶った夢の語学留学、めいっぱい楽しんでくださいね!

イギリスで就職活動!語学留学から現地採用へ

バイト探しのつもりが就職決定

私は半年間のイギリス語学留学後、さらに1年間の予定で再び渡英しました。
二度目の留学は資金面で余裕がなかったため、バイト探しに専念したのを覚えています。

まずイギリス人の友人の助けを借りて英文の履歴書を作成。
日系のフリーペーパーやネットの掲示板を読み漁り、さらに斡旋会社にも登録しました。

学生ビザでは働ける時間が限られてしまうのですが、それでも家賃以外の生活費を稼ぐために選り好みする気は微塵もありませんでした。

日本での職歴が役立ち、現地採用へ

とにかく仕事が欲しかった私は、履歴書をありとあらゆる日系の会社に送りつけました。

日本で1つの業界でしか働いていなかった私にとっては不利な状況かと思われましたが、その業界で6年以上働いた実績を買われてトントン拍子に採用が決まり、就労ビザも取得。

結果としてイギリスでのバイト経験はないまま、正社員として働くことになったのです。
(10年前のことなので現在は学生から現地採用というのはもっと難しいと思います。)

ALT

就労ビザで働くことの厳しさ

運良く就労ビザを手にした私は有頂天でしたが、初めて英語で仕事をするのはとても大変でした。
顧客に電話をしても英語が通じずに切られてしまった経験もありました。

どんなに仕事が辛くても、就労ビザで滞在している限りは退職=帰国なのです。
スポンサーになってくれる他の雇用主を見つけられれば転職は可能ですが、かなり難しいでしょう。

私は子どもの頃からの夢だった海外生活のために耐えましたが、簡単ではありませんでした。

イギリスで働きたいあなたに

留学やワーホリは期間限定なので、海外生活の不自由さや心細さも「経験」として楽しむことができるでしょう。
ですが、正社員として働くとなると、日本で働くよりも制限されることが多々あります。

それでも挑戦してみたい!というガッツのある方には、イギリスで求められている職種をリサーチし、資格を取得したり日本で経験を積んだりすることをおすすめします。
道は険しいですが、達成感も大きいもの。

夢に向かって頑張りましょう!

ALT

イギリスでときめくような恋がしたい♡イギリス人の恋人を作るにはどうしたらいいの?

英語で恋をしてみたい?!

勉強や仕事を頑張るのはもちろんのことですが、やっぱり出会いも留学の楽しみのうちの1つですよね!

シングル組の恋愛事情としては、やはり同じ学校に通う学生同士でカップル成立が多かったです♡

本来の目的は語学取得ですが、私が通っていた学校の先生が初日に言っていたのは
「英語が上達したかったら、英語を母国語とする恋人を作りなさい」

…これは名言でした(笑)

出会いはどこで見つけられる?

最近ではインターネット上での出会いが珍しくはありませんが、私が学生だった頃はまだまだ現場で勝負の時代でした。
ですので出会いが欲しければ出歩くのみ!

クラブやバーには出会いが溢れていますが、長続きしないのも現実です。
フラットシェアやボランティア活動、趣味の場を通して友達の輪を広げることが恋のチャンスも高めるのではないでしょうか。

本来の目的を忘れずに楽しもう!

出会いの場やきっかけはさまざまでも、大切なのはお互い信頼できる関係を築けるかどうかですよね。
ですが、恋愛に没頭し過ぎて本来の目的である語学の習得がおろそかにならないように気をつけましょう。

また、異国に住む恋人とはいつか別れが訪れる可能性があることも忘れずに。
留学先で結婚相手に出会った人も数多くいますが、ひとまず与えられた時間を最大限に活用し、勉強と恋をエンジョイしてくださいね!

ALT

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img