留学くらべ〜る編集部 2017.08.25

【体験談】アメリカで語学留学!語学学校レポからニューヨークのスイーツ情報までお届けです♪

【体験談】アメリカで語学留学!語学学校レポからニューヨークのスイーツ情報までお届けです♪

プロフィール

項目 概要
名前 Megさん
渡航した年月 2014年10月
渡航期間 1年以上
渡航先の国/都市 アメリカ/ニューヨーク
渡航時の年齢 34歳

待ちに待ったニューヨークCUNY付属の語学学校へ手続き

CUNY The City Univercity of New Yorkって?

ニューヨーク留学!
学校選びにいろいろと悩みましたが、私はCUNYという団体に所属しているLa Guardia Community College(ラガーディア・コミュニティカレッジ)という学校の付属語学学校を選びました。

CUNYというのは略語で、貧困の差が激しいニューヨーク市が貧しい市民も学校が行けるようにと設立した団体です。

所属している学校は、ニューヨーク市周辺にある学校ばかりで、他の学校などに比べると学費もリーズナブルです。

学校のレベルはいろいろありますが、一流と言われる学校もあり人気の団体何ですよ♪

アメリカ式!申し込みまでの手続きの流れ

まず、 大学内にある語学学校の窓口へ。
自分が留学生ということを伝えると、1枚のシートをもらいました。
これが、当たり前ですが全部英語。

別室で記入するよう指示をされ、戸惑いながらもゆっくりひとつひとつ記入。
ここまでだけでもかなりの疲労度…ですが、部屋にはスタッフが行き来してるので分からないことがあったらどんどん聞きましょう!

用紙に記入するとまた別室に通されます。
ここでプレースメントテストというクラスのレベルを決めるテストの日時、授業料を提示されお会計へ。

ALT

カード払いOK!授業料支払いシステム

銀行の窓口のような所へまたまた移動します。

このお会計なのですが、ほとんどの人がカード払い!
日本の大学ではカード払いのシステムがなかった私なので驚きましたが、大金を持ち歩かなくて良いし、合理的なことも多いですよね。

アメリカにあるすべての大学でカード支払いが実施されているかは定かではありませんが、カード大国アメリカならではの習慣、またひとつ勉強になりました。
ALT

クラス分けテストにヒヤヒヤ!ニューヨークの語学学校レポ♪

急に言われたテスト日時

La Guardia Community Collegeの入学手続きに行った日、次の日にクラス分けのテストがあると言われて大慌て!
まさか次の日にテストとは思ってもみなかったんです…。

大慌てで家に帰り一夜漬けをしてみましたが、勉強は日頃からの準備が大事ですよね。
仕方なく学校へトボトボ。

学校には最寄り駅がふたつあるのですが、私は7番という線に乗って33st streetという駅で降ります。
ニューヨークは地下鉄のイメージが強いかと思うのですが、郊外になるとこんなふうに地上を走っているんです。

ALT

テスト会場で気をつければ良かったこと

受付を済ませると教室を指定されます。

この教室、入ってみたらビックリ!
狭い教室にはあり得ない人数が座ってたんです。

机は独立型で1人1つずつとなっているのですが、座るのもひと苦労で一度座ったらもう動けない状態。

さらに、それだけの人数が収容されているので、暑い!暑い!暑い!

テストに集中したい反面、暑さとの戦いになってしまった私のテスト。
みなさんも気をつけてくださいね。
ALT

テストの内容、結果は?

テスト後、 学校やアメリカでの留学生活に関するガイドブックを渡され、今後のスケジュールを説明されて解散です。

テストの内容はライティングに30分、リスニングと文法、語彙が含まれているテストが50分といった配分でした。

あくまでもクラス分けのテストなので、100点を取る必要もありません。
それでも結果が出るまでは気になってしまいますよね。

結果は授業初日にクラス分けされて自分のレベルが分かるというシステム。
何だか楽しみになってきました!

ALT

ニューヨークで語学学校体験!ドキドキの入学初日

生徒みんながドキドキ!?クラス分け発表

語学学校入学初日、各生徒のクラスが発表されます。
私の学校は10段階に別れているのでlevel 1から10まであり、結局私はその中のLevel 4のクラスに。

いずれは短大に入りたいと思っているので、それにはまだまだ道のりが長そうな走り出しとなりました。

私のクラスはC-356という教室なのですが、とにかく同じ階に教室が多い!
初日から迷子になり、やっとのことで到着しました(笑)

クラス構成は?

クラスメイトは全部で25人。
その中で日本人は私を含めて4人でした。

他はエクアドル、ギリシャ、ドミニカ共和国、トルコ、そしてインド、中国や韓国等アジアからの生徒で構成されていました。

クラスのスケジュールは週の4割がライティングの授業、他にリーディング、リスニングとスピーキングが一緒になった授業で、これから約2か月の勉強が始まります。

苦手ジャンルを克服!3つの中から選べる集中授業

スケジュールの中で文法、スピーキング、発音、自分の興味がある授業を受けられる日があります。

通常の授業だけでは足りないと思うところを、個人個人で延ばすというこのシステム。
授業初日に自分の希望順位を提出し、数日後名前と共に発表されました。

私は発音を強化したかったので発音強化の授業に決定。
いろいろな考えはあると思いますが、文法やリスニングは自分でも勉強できたとしても、発音はアメリカにいるから感じられること。

今後自分が生活してく上で始めのうちに直しておいた方が良いかと思って選びました。
これでネイティブ英語へ一歩近づけるかも?

ALT

ニューヨークの語学学校はやはり最先端!? 合理的な今どき授業!

パソコンを駆使する今どき授業とは!?

私の語学学校の教室には、必ず教師用のパソコンが1台設置されています。
そしてこのパソコンがかなりの頻度で登場してきます。

使い方は至ってシンプル。 パソコンで検索したりタイピングしたものが教室内にあるスクリーンに反映される形になっており、そこでYouTubeといった映像からWordを使ってタイピング文章が映し出されて授業を進めていきます。

黒板代わりといったところでしょうか。
こんなふうに冷静に書いてますが、初めて見たときは衝撃を受けました(笑)

私が日本で学校に通っていたときは、黒板に先生が書いて消しての繰り返しだったのに、パソコンでタイピングしちゃう時代になってるんですもん!
確かに合理的。そして見やすいですよね。
ALT

もちろん教科書は紙ベース。辞書代わりにはYouTubeが登場!

毎回新しい学期になると買い替えなくちゃいけない教科書。
これはまだ紙ベースの物を使ってます。

ただ、授業の中でYouTubeがよく登場します。
YouTubeって私の中では趣味の延長みたいな感覚で観るものだと思っていたので、授業で使われるということがまた衝撃的でした。

授業中、生徒が単語や言い回しについて質問をすると、先生がYouTubeやネットで検索→画像や映像を使って説明してくれるんです!
英語力がない今は言葉だけでは理解できない部分も多いので、目で確認して理解することがとても分かりやすかったです。

このままいけばタブレットにテキストをダウンロードする、という日も近いかもしれませんね。

ニューヨーク英語のスピードに疲れたら…ウォーキングに甘いお菓子、ニューヨークの刺激をもらいましょう!

眠いなんて言ってられない!授業は集中力との戦い

私の通っているLa Guardia Community Collegeは、ニューヨーク生まれニューヨーク育ちの先生が多いようで、英語もニューヨークイングリッシュ!
とにかくスピードが速いんです。

もちろん生徒達に向けてゆっくりと分かりやすく話してくれているとは思うのですが、それでも1時間45分の授業はついていくのにやっと。
集中力との戦いです!

これぞアメリカ!レインボーカラーのヨーグルト!?

そんなときは甘いお菓子を食べてリフレッシュ!
アメリカっておもしろいお菓子がたくさんあります。
スーパーに行くと目新しいものがたくさん並んでいるのでついつい買っちゃいます。

勉強のあとに甘い物が欲しくて、今日はヨーグルトを買ってみました。
このヨーグルト、トッピングが付いていて食べるときに混ぜてるんです。

この中でもM&Mがトッピングになっているものは混ぜてみてビックリ。
いろいろな色が溶け始めてあっという間にレインボーカラーに!

アメリカならではの色味に食べるのもちょっと勇気がいるオヤツもまた新鮮です♪

このアートはニューヨークにしかない!イーストヴィレッジに突如現れた謎の車。

マンハッタンにあるイーストヴィレッジというエリアを歩いていたら、突如道ばたにぺしゃんこになった車が!

しかも「FOR SALE」と書いてあるのでこの車…売り物らしいです。
売り主はいなくて電話番号だけが車に書いてあったので、どういう趣旨でここに置いたかは分からない謎の車(笑)

授業だけではなく、食べ物やアートからも刺激を受けられるのでやっぱりニューヨークは飽きないです!

ALT

NYのカップケーキと言えばコレ!マグノリアベーカリーのカップケーキで気分はニューヨーカー

SATCで有名になった元祖カップケーキ

もっと甘いものが食べたい!という方にはアメリカの代表的なスイーツであるカップケーキがおすすめ。
アメリカ人にとっては日本人のお饅頭?みたいな感覚でしょうか(笑)

そのカップケーキの中でも大人気ドラマ「SEX and the CITY」で主人公・キャリーが食べて有名になったのがマグノリアベーカリー

実際にキャリーが住んでいたと設定されている近くにこのお店の本店があります。

本店は今でも連日観光客で大賑わい!
小さなお店なので、入場規制されることもあり、並んでお店に入ることもあるんですよ。

アメリカ人はみんな大好き!並んででも買いたいんです

本店と5番街にある支店は人で溢れていてお店に入るだけで疲れちゃうので、今回は穴場なブルーミングデールズというデパートに入っている支店に行ってみました。

デパートの中でも端のほうにちょこんとある、知る人ぞ知る立地が気に入っています。

カップケーキの他にもクッキーやケーキがあり、イートインのコーナーもあるのでその場で食べることもできます。
ALT

授業の疲れも飛んじゃう癒しのスイーツ♪お味は?

この日は、アメリカのカップケーキでは基本中の基本の味、レッドヴァレットと甘さ控えめなレモンを買ってみました。
レッドヴァレッドはアメリカのお菓子ではよく見る色なんですが、味はココアの味です。

早速ひと口食べてみると…おいし〜い!
授業で脳をフル活用しているので、甘いものが体に染み渡ります。
慣れない英語を駆使しながら学校で頑張っている自分へのご褒美です!

カップケーキなんてどこも一緒じゃない?なんて思っていたら大間違い!
ぜひ一度試してみてくださいね♪

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img