留学くらべ〜る編集部 2017.08.25

【体験談】アイルランドへ語学留学!パブ文化をとことん楽しもう♪

【体験談】アイルランドへ語学留学!パブ文化をとことん楽しもう♪

プロフィール

項目 概要
名前 おがにーさん
渡航した年月 2005年8月
渡航期間 2週間
渡航先の国/都市 アイルランド/ダブリン
渡航時の年齢 21歳

アイルランドと言えばギネスビール!

バーに行ったならまず注文しよう!

アイルランドで有名なお酒のひとつが、ギネスビールです。

日本でよく飲まれているビールとは異なり、色が黒いこと、泡がクリーミーであることが特徴。
アルコール度数は、日本のものよりもやや高めとなっています。

私は待ちきれずに時差ボケがあるまま飲みに行ったので、いつもよりも酔いのまわりが早かったような気がしました。
喉越しも良く、飲みやすかったです♪

ALT

グラスのサイズを選ぼう

多くのアイルランドのバーでは、1パイントとハーフパイントの2つの種類のグラスから選ぶことができます。

1パイントで、500mlペットボトルよりやや少ない程度の量です。
初めて飲むときは、ハーフパイントで飲んでみるといいと思います。

私も滞在開始から最初の1週間はハーフパイントで飲んでいましたが、だんだんその魅力にひかれて1パイントで楽しむようになっていました!

グラスのデザインもオシャレ♪

バーでギネスビールを注文すると、ギネスビール伝統のロゴが入ったグラスに注いでくれます。

アイリッシュ・ハープが描かれたグラスはお土産としても人気で、ロゴ入りのグラスで本場のギネスビールを飲むことはアイルランドならではと言えます。

アイルランドといえば「ベイリーズミルク」!楽しみ方もいろいろ♪

アイルランドの習慣から生まれたお酒

アイルランドにはさまざまなお酒があって、ホームステイ先やパブで楽しむことができます。

アイルランドを代表するリキュールとして挙げられるのがベイリーズ
正式には、「ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュクリーム」という名前です。

ついつい飲みすぎちゃう!

アイルランドではウイスキーにクリームを入れて飲む習慣があり、それをリキュールにしたものがベイリーズなんです!

その味はまろやかでとても甘く、チョコレートやバニラを感じさせるフレーバーです。
お酒が苦手な人でも飲みやすいと思います。

アルコール度数は高めなので、あまり飲みすぎないように注意してくださいね。

ALT

いろんな楽しみ方で飲むベイリーズ♪

そんな甘いリキュールのベイリーズは、そのまま飲む以外にもさまざまな楽しみ方があります。

例えば、バニラアイスにかけてみると、スイーツ感覚で濃厚なバニラアイスがより味わい深くなりますよ!
ほかにもコーヒーに入れて飲む方法や、エスプレッソと組み合わせてラテ風にするなどカフェ感覚でも楽しめます。

私は苦めのコーヒーにちょっとベイリーズを垂らして飲むのが、寝る前の習慣でした。

アイルランドに留学したなら!アイリッシュバーに行ってみよう♡

テンプルバーとアイリッシュバー

アイルランドにはたくさんのバーがあり、さまざまなお酒を楽しむことができます。
その中にも、テンプルバーアイリッシュバーがあります。

テンプルバーは、どちらかというと観光客向けのバーで、ドリンクの価格も高めに設定されています。

一方でアイリッシュバーは、地元の人も多く利用し、ドリンクの価格も良心的で楽しむことができます。

ALT

アイルランドの伝統的な音楽を楽しむ♪

アイリッシュバーにおいては、ギネスビールやウイスキーなど、アイルランドを代表するさまざまなドリンクを楽しむことができます。

アイルランドのバーでは、夜はお酒だけを楽しむということも珍しくなく、バーによってはおつまみがない場合もあるんですよ。

そして、アイリッシュバーでは毎晩のように、アイルランドの伝統的な音楽によるパフォーマンスが披露されていて、店内は大盛り上がり!

伝統的な衣装を身にまとって踊り、アイルランドの文化を肌で感じることができます♡

1人で行ってみんなで楽しむ!

そんなにぎやかなアイリッシュバーに行くことは、気さくな現地の人や観光客と仲良くなるチャンスでもあります。

アイルランドの人はお酒を飲みながら話すことが好きみたいで、いろんな人とコミュニケーションを取ることができます。

まさかアイルランドで、日本の漫画の話で盛り上がるなんて思いもしませんでした!

時間を忘れて楽しめちゃう♪アイルランドのテンプルバーへ行ってみよう!

若者が集まるエネルギッシュな地域!

ダブリン市内にはテンプルバーが軒を連ねている地区があります。
カラフルなお店を見ると気持ちも高揚し、アイルランドのパブ文化を体感できます♪

テンプルバーでは、ギネスビールやベイリーズなどアイルランドならではのお酒を楽しむことはもちろん、ライブなども頻繁に行われていて1人で訪れても十分楽しめます。

私が訪れた日には、イングランドのプレミアリーグの中継が放送されていて、サッカーファンが盛り上がっていました! 私もサッカーが好きなので会話が弾みました♪

ALT

電車の時間に注意して!

夜遅くまで楽しむことができるテンプルバーですが、電車で帰る人は時間に注意してくださいね!

私は路面電車「ルーアス」を利用していましたが、滞在期間中に何回最終電車のために走ったか数えきれないです…。
テンプルバーは、それほど時間を忘れさせてくれる楽しい空間です♪

日本とは違います!アイルランドのサイダーといえば…

炭酸飲料ではないんです!

サイダー、と言うと日本では炭酸飲料のことを指しますが、アイルランドでサイダーは「お酒」のことなんです!

バルマーズというアップルテイストのお酒のことをサイダーと言い、パブなどのメニューにもサイダーと記載されています。

もちろん日本の感覚で注文するとあれ?となってしまうので、ご注意を。

ごくごく飲める点は共通です

炭酸飲料というとゴクゴク飲めるイメージですが、その点についてはアイルランドのサイダーも同じです。

バルマーズは、ほんのりと酸味を感じさせるお酒でりんごで作ったビールのような感じです。
アルコール度数もギネスビールよりも低く、そこまでお酒に強くない私でも飲むことができました♪

どこか森林を思い出すような、素朴な自然を感じさせる風味に虜になってしまいます♡

アイルランドのパブでは置いていないお店のほうが珍しい!

バルマーズは、ギネスビールやベイリーズと並んでアイルランドでは定番のお酒の1つです。
そのため、パブのメニューには必ずと言ってあります!

また、スーパーマーケットでも取り扱われていますよ♪

お世話になったホストファミリーでは夏の時期によくバーベキューをしたのですが、そのときに欠かせない飲み物となっていました。

アイルランドの昼のバーでランチを楽しむ!

おいしいバーのランチ♪

アイルランドでは、昼からビールを飲みながらバーで楽しむことはごく自然な光景です。

そして、フードメニューは昼の方がボリュームがあり、リーズナブルなときも。

アイルランドは日本と同じ島国であることから、魚介類が豊富です!
新鮮な魚を楽しむことができますよ♪

新鮮な牡蠣!

アイルランドを代表する魚介類のひとつが、牡蠣です。
アイルランドでは、毎年牡蠣祭りが開催されるほど人気なんですよ!

アイルランドでも牡蠣は生食が主流で、私もそのまま食べました。
新鮮で何個も食べることができます。

また、お酒との相性も抜群なんです♪

アイリッシュシチューも人気!

バーで食べることができるもう一つの人気メニューが、アイリッシュシチュー!

アイリッシュシチューは、羊の肉を使ったシチューでアイルランドの家庭の味なんです。
素材の味を楽しむことができるシチューで、ほかの具材には玉ねぎやじゃがいもが使用されています。

お店によってその味が異なるので、食べ比べをしてみても面白いですよ♪
私が行ったお店は、牛乳を使用していてまろやかな仕上がりであっというまに食べてしまいました(笑)

ALT

アイルランドのおみやげにも!バーに行ったら集めたくなるアレ

そのデザインの数は半端ないです!

アイルランドに行ったときに、切っても切れない存在であるバー。
お酒を飲むときには、必ずと言っていいほどコースターが使用されますよね。

厚紙で作られたしっかりとしたもので、アイルランドのバーで一般的に使用されているパイントグラスを置くのに十分な厚みです。
ビアマットとも言われています。

このコースター、凝ったデザインが特徴なんです♪

お土産にもなるデザイン性

このコースターなんですが、そのデザインがオシャレで、正直コースターとしてパイントグラスに敷かれているだけではもったいないくらい!

アイルランドをはじめ、世界のさまざまなビールブランドが描かれたコースターが使用されており、とてもカラフルでひとつのブランドで複数のデザインがあります!

形もさまざまで、私はたまに使用せずに集めていました♪

ALT

インテリアにも、もちろん使えます

ダブリン空港やお土産物屋さんでは、コースター数種類をセットにして販売しています。

使い方はあなた次第!
コレクションとして保管しておくのもひとつの方法ですし、ケースに収納して壁に飾ればオシャレなインテリアになります♪

私も、集めたコースターを部屋に貼って楽しんでいました♡

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img