留学くらべ〜る編集部 2017.08.25

【体験談】インドのスイーツはかなり〇〇!インターンシップで体験したおもしろ食文化

【体験談】インドのスイーツはかなり〇〇!インターンシップで体験したおもしろ食文化

プロフィール

項目 概要
名前 Lindaさん
渡航した年月 2013年12月
渡航期間 1年以内
渡航先の国/都市 インド/バンガロール
渡航時の年齢 26歳

インドの食事はお店によって味が異なる!ひとつも同じ味はない

バナナの葉を使うからおいしいんです!

南インド料理も北インド料理も普及しているバンガロール。

辛いのがお好きな方は、南インド料理を!
南インド料理をバンガロールで食べる際も、本場と同じでバナナの皮をお皿代わりにして食べます。

最初は抵抗がありましたが、お皿は汚れないし、葉は丈夫ですし、葉で食べると味わいが増します。
南側はあまりお米メインで食べません。
ナンやチャパティといった、小麦粉からできたものを食べます。

基本的に量が多いのがインド

基本的に、インドの定食は食べ放題です。
食べ終わると「もっと食べるか?」と伺いに来ては、カレーやご飯のおかわりをくれます。

ただ、単品でビリヤーニ等はおかわりできません。
「ビリヤーニ」とは、インド版炊き込みご飯のようなもので、種類がすごく多いんです。

インドでは、基本はベジタリアンかノンベジタリアンか。
そこから宗教やどの肉を使っているか、どういったスパイスを使うか、どこの地方のビリヤーニか…で味がガラッと変わります。

ALT

今日の中身はどうしようかな?

カレー以外のも物も食べますが、味付けは基本的にカレーです。

「ドーサ」というスナック的な食べ物は、クレープの皮が少し分厚くなったもので、好きな具を巻いて食べます。
お店によって、その皮がもちもちかパリパリかと違いがでます!

あとは、中身の具。
プレーンは具はなしですが、一緒についてくるソースがおいしくて、甘辛ソースとスパイスが効いた何とも不思議な味が癖になります。

どんなものでもテイクアウトできちゃう!インドでは銀色の袋が当たり前

どこの店でも銀色の袋!

インドでお持ち帰りをするときは、必ずシルバーの袋に入れます。
しかも、日本のように切りやすいとか開けやすいというような機能性はなく、気をつけて開けないと中身が飛び散ってしまうなんてことも…。

スープは、日本のスーパーで見かける透明なビニール袋に入れられます。
破けてしまうこともあるので、慎重に持ち帰りましょう。

ALT

どローカルな店には覚悟が必要!

安いお店に惹かれてしまいがちですが、注意が必要です!

お持ち帰りをすると、新聞紙やペーパーナプキンで包むお店が多くあります。
油ものだったらすぐ紙にしみて長時間は無理…。
基本的に、その場ですぐ食べる習慣だからだと思います。

ですので、ホテルやアパートに持って帰りたいときは近場で買うようにしましょう。

汚れにくい容器にスプーン付き!

それなりのお店では、お持ち帰りの容器はしっかりしています。
手も汚れにくく、スプーンがついてきますし、品を袋に入れて渡してくれます。

日本では当たり前のことが、インドではまったく違うのでギャップに驚きます。

「安い=サービスはしない」という考え。
サービスにはお金が伴う。
そんな感じなので、料理以外に要望しても対応してもらえないことがほとんどです。

太る要素がたっぷりなインドスイーツと飲み物!

ブラックコーヒーは高めレストランから?

一般人向け食堂でのコーヒーは、日本のコーヒー牛乳を子ども向けにしたぐらい甘い物。
ブラックなんて、日本でも見かけるようなカフェや、インド国内でもみんな毎日は通えないようなカフェやレストランでないとありません。

一般の人達は、1杯数十ルピーのコーヒーを大事に大事に飲みます。
インドはコーヒーも盛んなので、結構コクがあり病みつきになります!

ALT

ピスタチオの風味が最高!

意外と現地人はチョコが好きですが、高級なので普段は食べれません。

バニラ味は見かけませんでしたが、ピスタチオ味を見かけました。
濃厚なバニラとピスタチオを合わせたような味わいで、とってもおいしい!

甘さはもちろん激甘ですが、何故か食べると止まらないんです!
日本でもイケると思うのですが…。

また、インド人はアイスが好きで、昔ながらの車を押してアイス屋が売りに来ます。

壺の中身はこってりドロドロ?

インドの伝統的なお菓子。
壺にヨーグルトのようなこってりクリームのような、どちらとも言えないようなものが入っているお菓子で、味はお店や季節によってさまざまです。

インドはマンゴーが有名なので、マンゴー味も人気でした。
もちろんこのお菓子もかなりの甘さなので一度に何個も食べることはできませんが、また食べたいなぁ…と思わせる味でした!

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img