留学くらべ〜る編集部 2017.08.25

【体験談】プロのサッカー選手を夢見てブラジルにスポーツ留学!レベルの高さに驚きました

【体験談】プロのサッカー選手を夢見てブラジルにスポーツ留学!レベルの高さに驚きました

プロフィール

項目 概要
名前 ais052さん
渡航した年月 1992年4月
渡航期間 半年以内〜
渡航先の国/都市 ブラジル/サンパウロ
渡航時の年齢 18歳

日本でプロサッカー選手として活躍するために、ブラジルへの留学を決意!

当時は、Jリーグ設立への動きが活発化していて、日本でもプロのサッカー選手が誕生するほどの盛り上がりでした。

私もプロ選手を目指していましたが、大学や実業団で結果を残すより、サッカーの本場で修業した方がメリットがあると感じていました。

サッカーは、国によって特徴があります。
日本で練習し続けると日本式のサッカーが身につきますが、日本で活躍するためには違う国のサッカーを知っておいた方が優位に立てると考えたのです。

せっかく学ぶなら、日本よりレベルの高いサッカー大国のヨーロッパかブラジルかなぁと思いました。

今回の留学でブラジルを選んだのは、親戚がブラジルで農園を経営していて、現地のクラブにツテを持っていたからです。

そして、現地クラブの練習生として半年間の留学が決まりました。
目標はもちろん現地のサッカーを学ぶことですが、そのまま現地リーグの選手になることも夢見ていました。

ALT

ブラジルのサッカーは、やっぱり桁違いだった!

ブラジルに留学して良かったなと感じたのは、やはりレベルの高いサッカーを身をもって体験できたことです。

日本のサッカーとはレベルも練習方法もまったく違いました。

練習量は日本より少なめでしたが、使う筋肉がこれまでと違ったこともあり、最初はついていくだけでも苦しかったのを覚えています。

サッカー留学中に困ったのは、言葉の壁。
留学前に基本的な勉強はしていたのですが、実際はなかなか通用しませんでした。

必死で頑張ったサッカー留学でしたが、言葉が練習中の大きな壁になってしまい、ある時点からはマンネリ気味に。

さらに留学を続けることもできましたが、サッカー大国ブラジルでは下部リーグでさえ選手になるのは難しいと判断して留学を終えました。

留学経験者の気になるその後

帰国後は実業団入りを目指しましたが、痛めていた膝が悪化したのが原因で、残念ながらなかなかうまくいきませんでした。

結局、プロのサッカー選手になるという夢はJリーグ設立以前に終わってしまいました。

ですが、今でもサッカーが大好きなので、少年サッカーの指導員を20年以上、本業の仕事と平行してやっています。

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img