留学くらべ〜る編集部 2017.10.12

【体験談】中国の大学に交換留学!10か月間の語学研修でスピーキング力を劇的につける方法とは?

【体験談】中国の大学に交換留学!10か月間の語学研修でスピーキング力を劇的につける方法とは?

留学を考えるにあたって、「留学で語学力は本当に身につくのか?」と思う方もいるのではないでしょうか。

中国留学を経験したユリカさんは、留学生活の中で「自分の勉強法のままでは中国語のスピーキング力は伸びない」ということに気づかされます。
スピーキング力を劇的に上げるために、ユリカさんが実行した勉強法とは?

「留学を成功させたい」「せっかく留学をするなら、成果が残る経験にしたい」という方は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね!

プロフィール

項目 概要
名前 ユリカさん
渡航した年 2015年9月
渡航先の国/都市 中国/上海
渡航時の年齢 21歳

10か月の留学後…現在の中国語スピーキング力は?

留学前、私の中国語のスピーキング力は非常に低いものでした。

大学の中国語の先生によく言われたことは、「自分で発音できない音は聞こえない」。
つまり、スピーキング力が低いままでは永遠にリスニング力も上がらない、ということです。

日本にいる限り、中国語の授業以外で中国語に触れるチャンスは非常に少なく、「本場で練習をしなければダメだ!」と思い、留学を決意しました。

留学を終えた現在では、HSK(中国語の語学検定試験)で上級レベルの6級を取得し、ダメダメだったスピーキングも一般的な会話であればまったく問題がないレベルまで上げることができました。
そんな私が、10か月の留学でどのようにスピーキング力を上げたのか、ご紹介していきたいと思います!

ALT

まったく上がらないスピーキング力…原因は勉強方法だった!

中国留学では、語学の授業が毎日2~3コマありました。
1回の授業で学ぶ単語や文法・表現の数が非常に多かったため、夕方から閉館時間までずっと図書館にこもり、受験勉強の要領で暗記を繰り返していました。

確かに、毎回の小テストでは満点を取ることができました。
ですが、同じクラスの他の外国人は積極的に授業で発言をしているのに、自分はできていない…。
あるときを境に、自分のスピーキング力が全然伸びていないことに気がつきました。

そして、初めて自分の留学スタイルを見直し「せっかく留学に来たのだから、もっと外の世界に出よう!」と決意したのです。

ALT

まずは自信をつけるところから!

まずは自分に自信をつけるために、クラスの友人たちと流ちょうに話せるようになろうと決意しました。

私が勉強していた留学生クラスには、世界各国の学生が在籍していました。
これまで自分から積極的に話しかけることはしませんでしたが、積極的にみんなに話しかけ、授業後には遊びを企画したり、ハロウィンやクリスマスになれば自分の部屋でパーティを開いたりしました。

積極的な交流は、スピーキング力が上がるだけでなく、クラスメイトとのかけがえのない思い出もたくさん作ることができます。

図書館にこもっていた時期は毎日必死で勉強していただけでしたが、勉強スタイルを変えてからは毎日が本当に輝かしく、時間があっという間に過ぎていきました。

ALT

次のステップは、ネイティブのレベルに挑戦!

このような生活を半年続けたあたりから、徐々に自信と実力がつき始めました。

次に私が歩んだステップは、「できるだけ中国語ネイティブの人と会話をする」ということ。

上海の近くにある杭州に旅行に行くときに、中国語力を試すために中国の旅行会社が主催していたツアーに参加をしました。
もちろん、予約や当日の案内もすべて中国語。

ですが、これまで積み上げてきた自信があったので臆することなく参加することができました。
また、1年前に知り合った中国人の友人たちと久しぶりにご飯に行ったときには、「中国語が本当に上達したね!」とほめてもらい、とても大きな自信になりました。

ALT

帰国後も、中国語を話す機会を自ら生み出す

帰国後も、中国語の実践の場を自ら作り出していきました。

アパレルのアルバイトで中国人対応係を担当し、またインターンを通して翻訳や通訳業務なども行いました。
そういった帰国後の不断の努力の結果、最終的にはHSK6級まで取得するまでに至ったのです!

「日本では中国語を話す機会がない!」と思っていましたが、自分の行動次第でいくらでも話すチャンスをつかむことができるということにも気づくことができました。

ALT

私でも大丈夫かしら…と不安なあなたへ

「とはいうものの、限られた期間で本当にスピーキング力を上げられるか心配…」というあなた。

心配する必要はありません。
大切なことはとにかく行動に移すこと

怖がったり、恥ずかしがったりしていてはせっかく留学をする意味がありません。
「言い間違ったら恥ずかしい」という悩みをよく聞きますが、もし外国人の友人が日本語を言い間違ったとしても、私たちは何とも思わないですよね。
それと同じで、言い間違っても恥ずかしいことは何もありません。

とにかく外の世界に出て、多くの方と交流をしましょう!
それが、留学中にスピーキング力を劇的に上げるコツです。

ALT

語学留学成功のコツは、とにかくたくさんの人と交流をすること!

いかがでしたか?

中国の学校で授業を受け始めた当初は、周囲と自分のスピーキング力に差を感じていたユリカさん。

そこで、自分の勉強法を改めて見直し、中国語で周囲とのコミュニケーションを積極的に図っていく、また帰国後も中国語に触れる機会を自ら作っていくことで語学力向上につなげていったのですね!

語学留学をお考えの方は、ぜひユリカさんの体験談を参考に留学生や現地の人々と交流を深めてみてくださいね。
語学力が上がるだけでなく、かけがえのない友人や貴重な思い出もできるかもしれませんよ♪

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img