【体験談】英語力ゼロからのオーストラリア語学留学!~私のリアルな留学体験談~【留学くらべ〜る】

利用者348,504人突破!(2018年02月19日更新)

カート

0
留学くらべ〜る編集部 2018.02.08

【体験談】英語力ゼロからのオーストラリア語学留学!~私のリアルな留学体験談~

【体験談】英語力ゼロからのオーストラリア語学留学!~私のリアルな留学体験談~

海外留学を考えるにあたって、語学力や帰国後の進路など、いろんな悩みがありますよね。

今回は、英語力がほとんど皆無…という状態でオーストラリアに語学留学をした723さんの体験談をご紹介します!
723さんは英語習得法や帰国後のことについて、詳しくお話してくれました。

実際に留学を経験したからこその、723さんの熱い思いが込められた体験談。
なかなか留学に向けた一歩が踏み出せない…という方は、ぜひ読んでみてくださいね♪

プロフィール

項目 概要
名前 723さん
渡航した年 2015年5月
渡航先の国/都市 オーストラリア/シドニー
渡航時の年齢 22歳

英語力ゼロ!いや、ゼロ以下でした…

留学当時、私が知っていた単語といえばかろうじて「名前」「お腹が空いた」「私は日本人です」「メイビー」...。

「準備しないで行ったの!?」というレベルです。

留学前には英語の参考書を3冊ほど買ったものの、買って満足…。
実際、現地に行くまで実感って湧かないものです。

そしていよいよ出国!
ちなみに、「オーストラリアって暖かいところでしょ?ビーチとか。これで平気平気」と思いピラッピラのワンピースで飛び立った私でしたが、現地についてすぐに風邪をひいてしまいました(笑)

慣れない環境の海外では、体温調節ができるような上着などがあると便利ですよ♪

語学学校でまさかのコース分け!

語学学校では、当日クラス分けのテストをします(リーディングと簡単なライティング、短いスピーキングのテスト)。
そして、英語力ゼロの私はなぜか「中級コース」からのスタート!

私に話しかけてきたたブラジルの男の子は、私の英語力のなさに「え?君が中級コース?え?」と驚かれ、ちょっと傷ついたのを覚えています…。

それから約3か月間、「中級コース」で勉強をした結果、めでたく1つ上のコースに上がることができたのでした。

ALT

オススメの学校の選び方とは?

語学学校によってはアクティビティ(サーフィンやパーティ、休日トリップなど)を多く開催しているところもあるので、これから留学を考える人にはぜひアクティビティの多い学校をオススメします。

理由はシンプルに、「座学だけでは飽きてしまう」から。
ですので、アクティビティを通していろいろな国の人と友達になり、「英語を話さなければならない環境」を自分で作るのです。

自分に合ったスタイルで学ぶことが重要!

留学中の英語取得で一番大事だなと思うことは、ズバリ「自分なりのやり方」を見つけること

留学でよく聞くのが、「日本人同士でつるまない」という言葉。
私の考えですが、そこまでキチキチしなくてもいいと思います!

実際、私が現地オーストラリアで一番信頼できて仲良くし、今でも連絡を取っているのは日本人の女性。
彼女は英語への意識が高く、2人で遊んでいるときも「イングリッシュオンリー」と、お互い英語で会話をしていました。

確かに、中には「私は絶対日本人と話さないわ!」感が強く出ちゃっている人もいましたが、その人はその人。
「自分なりのやり方」で学習を進めることが、英語習得において大切なんです♪

ALT

私の英語習得法は?

世の中には、たくさんの「英語取得法」や「これで英語ができるようになる」といった無責任な情報がたくさん出回っていますが、その方法が自分にあっていなければ意味がありません。

「文法は必要」という人もいれば、「要らない!」という人もいるように、とにかく自分にあったやり方を探すことが大事!

ちなみに私の英語学習法はというと、

  • 映画を繰り返し見る(特にディズニー映画は、比較的簡単で綺麗な英語を使うので効果的)
  • 友達とバーに行き、ある程度酔っ払って、会話をする(シャイな日本人、と言われても気にしません。日本大好き!)
  • 自分が好きなユーチューバーさんの、英語に関する動画を朝必ず見る(朝のメイク中は、いつもこの方法でした)

などなど…人によって「自分に合うもの」を見つけることがポイントです。

ALT

留学は、語学習得以上に意味があるもの

留学は思い切ってしまうと、意外とすぐに実現できます。
そして、「留学は絶対に後悔しない」ということを伝えておきたいです。

日本にいると、日本人の目線でしか物事を見られなくなります。
海外に一歩出てしまえば、「日本人らしい考え方」から遠ざかっていきます(あくまでいい意味で!)。

「海外かぶれ」と言われてしまうと嬉しくないような気もしますが、実際海外に住んでしまうと自然とそうなりますし、考えがワイドになります。

また、留学に際して年齢を気にすることもあるかもしれませんが、心配無用!
日本人は、かなり若く見られますから(笑)

ALT

帰国後、結局何してるの?

留学をしたはいいけど、「その後について、ちゃんと考えてる?」と思う方もいるでしょう。

私も帰国間近には「帰国して何しよう…」と考えていましたが、自然と「まず日本にいることはない」と感じていたのを覚えています。
オーストラリアへ留学後、最初は「よし、次はカナダにでも行ってみよう!」と計画を立てていました。

そして帰国後、私が実際に実行したのは女性の本気バックパッカー

覚えたての英語を使いながら、ヨーロッパや東南アジアなど、自分の見たことのない世界をバックパッカーとして2年ほど回ったのです。

それ以外には、英語教師の資格を取って個人で英語を教えるなど、単発のお仕事もしています。

留学後の道はさまざま!

留学の経験が活かせる場面は、予想以上にたくさんあります。
私の友人の1人は旅行会社に勤務して海外を中心に働いていたり、また違う友人は東南アジアを旅しながら「Webクリエイター」として世界を転々としていたり…。

留学後の選択は、自分が思っているよりも幅広いです。
ですので、もし留学をするかしないかで悩んでいたら、ぜひ留学をオススメします。
ためらいを振り切って、海外に飛び立ってみてください!

人生は一度きり。
たくさん楽しんで間違えて(仕事も恋愛も)、最大限に謳歌しちゃいましょう♪

GOOD LUCK!!

ALT

留学は大きな可能性を秘めている!

いかがでしたか?

英語力がほとんどない…という状態でオーストラリア留学を実行した723さん。
自分に合った学習方法を身につけることで、より確実な英語力アップにつなげていったのですね。

また、帰国後はバックパッカーとして世界を回ったり、英語教師をしたり…と幅広く活動!
海外で視野を広げ、あらゆる可能性を模索することができるのも留学の魅力です。

「留学したい」という思いがあるのならば、実現させないのはもったいない!
不安や迷いを乗り越えて、ぜひ世界へと一歩踏み出してみてくださいね♪

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img