ワーキングホリデーで海外生活をとことん満喫しよう♡

ワーキングホリデーで海外生活をとことん満喫しよう♡

カワイイ雑貨におしゃれなカフェ、海外の観光スポットを巡ったり、シェアハウスでいろんな国の人と語り合ったり…海外の生活に憧れている女のコも多いはず!
そんな海外生活の夢をワーキングホリデーで叶えてみませんか?

海外生活で得られるものって?

価値観がガラッと変わる!

海外生活を経験した人たちが口をそろえて言うのが、「価値観が変わった!」というもの。海外では日本に住んでいた頃の常識が通じないことも多く、帰国したら性格が変わったと周囲から言われた人もいるくらいなんです!

ワーキングホリデーでは滞在する国に住んでいる人だけでなく、他の国からワーキングホリデーや留学で訪れている人たちとも関わります。
そんな人たちと一緒に行動することで、今までの自分の考え方や見方が偏っていたことに気付けるんですよ☆

知らないうちに語学力が向上!?

洋画を翻訳なしで見たり、外国人にさらっと道案内ができたり…日本語以外の言葉が話せるってそれだけでカッコいいですよね!
海外生活の大きなメリットとして、語学力が向上することが挙げられます。

たとえワーキングホリデーの目的が語学習得でなくても、日常でよく使う言葉であれば自然と覚えていきます。現地で使うスラングも覚えると、海外で生活している感覚がさらに増しますよ☆

自分の進むべき道がわかる!

これといった目的はなくても、「海外生活を送りたい」という理由でワーキングホリデーをする人もたくさんいます。そして、「ワーキングホリデー中に自分がやりたいことが見つかった!」というケースもとても多いんですよ♪

ワーキングホリデー中は見知らぬ地で自給力を身につけて生活をしないといけないため、日本にいる時とは全く違った過ごし方を送ることになります。
海外で新しい価値観に触れることで、日本では見つからなかった自分の進路を発見できるかもしれませんね!

将来の選択肢が一気に広がる☆

海外にいると、「こんな生活の仕方もあるんだ!」と発見の連続です。ワーキングホリデー中に経験した仕事や出会った人々に刺激を受け、自分の将来を考える場面も多々あるでしょう。

海外生活を経験した人の中には、今まで自分が考えてもいなかった選択肢が増え、渡航先の国に永住することになったという人もいるんです!思いがけない未来の自分に出会えるなんて、考えただけでワクワクしますよね♡

日本の良さを実感!

海外生活あるある話ですが、お店に入っても店員さん同士が話し込んでいてお客さんに気づかなかったり、待ち合わせ時間に遅刻しても悪びれなかったり、外国人のルーズさによく直面することがあります。
そういった文化が違う国で生活をすることで、日本の良さに気づくこともしばしば♡

ワーキングホリデーに行く前は「日本なんて…」と軽く見ていたとしても、「日本って恵まれているんだ!」と新鮮な気持ちで捉えることができるようになりますよ♪

海外生活体験談*カナダでワーキングホリデー

海外に行ってみたいという憧れから、イギリスへの語学留学を決意した【エリーナさん】。留学後にもっと勉強したいという思いが大きくなり、カナダへのワーキングホリデーを決めました!
エリーナさんはさまざまな経験を通して、現在も海外に在住しているようです♡

ALT

ワーキングホリデーがしたいと思ったら、すぐ行動するべき!

名前

エリーナ

渡航した年

2009年

渡航先の国/都市

カナダ/ビクトリア

渡航時の年齢

26歳

海外生活したいという思いを留学とワーホリで実現!

私が小さい頃からなんとなく思っていた夢。それは海外、できればヨーロッパに住みたいというものでした。

実際はなかなか実現できず、大学卒業後は正社員として3年間働いていました。でも、やっぱり自分の夢は捨てきれず...
人生一度きりだし、やりたいことをやろうと決意し、思い切って会社を辞めました。

そして25歳の時に11ヶ月間イギリスに語学留学をしました。できればイギリスで働いてみたかったのですが、ビザの関係上、イギリスでは働くことができませんでした。

そこでカナダにワーキングホリデーをすることを決めました。イギリスで英語を学ぶだけでは満足できなかったことと、ネイティブと話す機会が少なかったのもワーホリを決めた理由です。語学学校では先生のみがイギリス人で、ネイティブが少なく、ネイティブと友達になることはとても難しかったのです。

また、カナダはワーホリのビザが取りやすいのと国民性がフレンドリーというのを耳にしていたので、滞在先として選びました。

日本の常識は海外では通用しない!

ワーキングホリデーで大変だったことは、家探しです。1週間のうちに家は見つかるだろうと思ってその期間だけゲストハウスを予約し、インターネットで見つけた広告に家見学の申請メールを送りました。

ですが、実際にはまったく返信は来ず…。連絡したらすぐに返信が来てすぐに家が見つかるというのが当たり前だと思っていたので、日本の常識は世界で通用しないんだと実感しました。

そこから1つのメールをずっと待つのではなく、いろんな広告に1日10通くらいメールを送るようにしたら、ホテルを予約していた最終日にやっと1通メールの返信をもらい住む場所を確保できました。

本当に自分からどんどん行動していかないと海外では生きて行けないんだなぁと思いました。

ワーキングホリデーを通して成長したこと

日本で夜遅くまで働いていた時は、正直言って、人生が楽しくありませんでした。イギリスで語学留学をして、カナダでワーキングホリデーをした経験は、私の人生をプラスの方向に変えたきっかけになりました!旅行へいったり、映画祭のフォトグラファーのボランティアをしたりして自由な時間を最大限に楽しめたと思います☆

また、カナダのビクトリアでは、日本人の多いジャパレスではなく、ローカルのレストランにしぼって、CV(履歴書)を出し続けました。

その結果見つけたローカルレストランはフレンドリーな人ばかりで、週1でピザパーティーが行われるほどでした!カナダ人の友人もそこででき、今でも連絡を取り合っています。仕事も最終的にはメニューボードを任されるようになり、とても嬉しかったです♪

現在は、ソーシャルメディアの勉強のためにイギリスに留学しながら、現地で就職活動中です。今後は、ヨーロッパを拠点に日本と外国を繋げるような仕事に携わりたいなと思っています。

ワーキングホリデーで充実した海外生活を送るために必要なこと

ワーキングホリデーを通して充実した海外生活を送りたいなら、どんなことにも積極的にチャレンジしていく姿勢が大切です。

ホームステイをして文化の違いを肌で感じよう!

ワーキングホリデー中にホームステイをすれば、本場の海外生活を体験することができます。海外の文化や習慣を間近で見られるので、さまざまな発見があるでしょう。

ホストファミリーと良い関係を築くことができれば、海外に「第2の家族」を作ることも夢じゃありません♡
今はSNSやアプリを使って連絡が取りやすいので、帰国後も気軽に交流を続けられますし、海外にいつでも受け入れてくれる家族がいるって嬉しいですよね!

日本人とばかり固まらず、現地や外国人の友達を作ろう!

海外生活を満喫するには、できるだけ日本人が少ない場所で生活することが大切!
ワーキングホリデーで海外に滞在していた人の中には日本人とばかり交流をしてしまったことで、語学力も伸びずに異文化経験もあまりできなかったという人もいるようです。

帰国後になっていたい自分の姿を想像すると、貴重な1年間を充実させるプランが立てられるはず!いろんな国籍の人が住む家に住んだり、ローカルレストランでアルバイトをしたりして、理想の自分に近づきましょう★

積極的に旅をしよう♡

ワーキングホリデーは滞在期間のプランが自由に立てやすいです。その期間の中で、自分の行きたい地域や近隣の国を巡る旅をしてみるのはいかがでしょう?

旅にでることで、今まで出会ったことのないタイプの人やワーホリ先とは違う国の人と関わることができます。価値観や視野がグッと広がるうえに、旅の中の一期一会は忘れられない思い出になりますよ★

また、旅はすべてを圧倒するような絶景を見る絶好の機会です!「ワーホリ中に世界遺産を10ヶ所見る!」といったように目標を決めて旅をするのも楽しそうですよね♪

ALT

海外生活デビューをするなら、ワーキングホリデーはいかが?

いかがでしたか?

海外生活には、たくさんの魅力があります。
ワーキングホリデーは、「海外に住んでみたい!」という気持ちを実現するのにぴったりの制度です♪
海外に行きたいと思っている人は、ぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

関連ワーホリ情報Related information

img

img img