2018年度のカナダ・ワーキングホリデービザ、申請枠が1,000名以下に!【ワーホリ協定国ニュース】【留学くらべ〜る】

利用者376,183人突破!(2018年08月21日更新)

カート

0
留学くらべ〜る編集部 2018.08.03

2018年度のカナダ・ワーキングホリデービザ、申請枠が1,000名以下に!【ワーホリ協定国ニュース】

2018年度のカナダ・ワーキングホリデービザ、申請枠が1,000名以下に!【ワーホリ協定国ニュース】

ワーキングホリデー人気国の1つであるカナダは、1年間の定員数が6,500名と定められています。
2017年11月3日からビザ申請の受付が始まり、2018年8月3日現在も申請はできる状況です。

カナダのワーキングホリデーはとても人気ですが、申請枠がいよいよ1,000名以下となるといつ募集が締め切られるかわかりません。
「今回はぜひカナダでワーキングホリデーをしたい!」とお考えの方は、ビザの応募状況を今一度確認していきましょう!

カナダ・ワーキングホリデービザの応募状況

カナダワーキングホリデーのビザ応募状況

2018年7月27日時点で、カナダのワーキングホリデービザ残数は882名です。
882名という残数は情報が更新された7月27日時点の状況なので、現在は数が変動している可能性もあります。

また、辞退者が出る場合などを考え、招待状は7,421枚と定員数よりも多く発行されていますが、7月27日時点の「Chance of receiving an invitation in the next round(次の抽選で招待を受けるチャンス=当選確率)」はExcellent(80%〜99%の確率で招待を受けられる状態)となっています。

今からでも間に合う可能性は十分にあるので、渡航を希望している方はチャンスを逃さないよう申請手続きを進めてくださいね♪

>>カナダのワーキングホリデービザの状況はこちらから確認(カナダ政府ホームページ)

余裕をもったビザ申請で、カナダでのワーキングホリデーを確実なものにしよう!

いかがでしたでしょうか?

カナダのワーキングホリデービザは、招待状を受け取ってからビザ申請までが20日以内と決められています。
「招待状を受け取ったから安心してゆっくり準備ができる」…と思わずに、早め早めに準備を進めていくようにしましょう。

ビザの手続きはすべてオンライン上で行えるので、申請自体は比較的行いやすいです。
ですが、「手続きが初めてで進め方が不安」という方は、留学くらべ~るでもビザ申請の流れをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください!

また、より安心して準備を進めたい方は、エージェントに相談してみるのも良いでしょう。
都会と自然が共存する住みやすい国・カナダでのワーキングホリデー、ぜひ叶えてくださいね♪

>>カナダのワーキングホリデーについて詳しくはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

facebook instagram twitter