利用者 40 万人突破!

(2018年9月24日更新)

【キャリアアップ】看護師だって英語が必要!?仕事に直接活かせる医療英語が学べるプログラム

【キャリアアップ】看護師だって英語が必要!?仕事に直接活かせる医療英語が学べるプログラム

このコースは、4週間か8週間という短期間で、医療英語だけでなく、現地大学での講義や、ローカル病院の視察なども経験することができます! ・基礎英語(入学時に特別な語学資格やスコアは不要です) ・医療英語 ・大学での講義(応急処置、労働安全衛生法など) ・現地で働く日本人看護師のワークショップ ・現地の病院、介護施設視察 また、8週間のコースを修了すると、最大32週間の有給インターンシップに参加し、アシスタントナースとして働くことができます!

留学プログラム No.4381
国/都市オーストラリア/シドニー
目的語学留学/インターンシップ/看護留学
こだわり条件英語が苦手OK
コースについて医療英語コース 435,000円(28日)
医療英語コース 664,000円(56日)
費用に含むもの授業料
その他費用に含むもの

Points

  • 基礎英語と医療英語の両方学べる!
  • TOEICなどのスコアがいらないから、英語初心者でも挑戦できる!
  • 大学での講義やインターンシップで学んだ英語を定着させられる!

看護師の方がキャリアアップするために本プログラムをオススメする理由

英語を学ぶだけではなく、使う経験も得られます!

帰国後のキャリアアップにこのプログラムがオススメな理由は2つあります。

1つ目は、IETSやTOEICなど必要なく初心者でも受講できることです。

医療や看護は命を預かるお仕事ですので、意思の疎通が原因による医療ミスは許されません。そのため、通常医療系のコースに入るためには入学時点で非常に高い英語力が求められます。

しかし、このプログラムでは入学時の英語力が求められず、英語や留学の初心者でも参加できるのが魅力的なポイントとなります。

「海外で看護師になるぞ!」という人はもちろん、「医療英語や海外の医療状況をちょっと見てみたい」という方にもピッタリです。

2つ目は、ただ英語という言語を学ぶだけでなく、実際に医療の現場で外国人患者の相手をする時に活かせるスキルを見につけられることです。

普段の生活の中で外国人と英語でおしゃべりをするだけなら、普通の語学学校で英語を勉強すれば十分かもしれません。しかし、看護師として、医療の現場で患者と英語で話すのはそんなに簡単なことではないと思います。

医療現場で使われる専門用語や、患者さんとのコミュニケーションのとり方など、英語以外にも必要なスキルがたくさんあります。

このプログラムでは、ただ英語を学ぶだけでなく、医療英語を学び、それを大学での講義やインターンシップなどで「使う」ことで、より帰国後に役立つスキルを見につける事ができます。

この留学プログラムの特徴まとめ

向いている人は?

初心者

キャリアアップ

必要な語学のレベルは?

話せなくても大丈夫

ある程度は必要

アクティビティの多さ

少ない

多い

メジャー度

人とは違う

人気

関連の留学情報