利用者 52 万人突破!

(2021年10月23日更新)

閉じる

ワーキングホリデー初心者も安心!2分で始めるワーホリ実現の第一歩

ワーキングホリデー初心者でも安心!費用・仕事・ビザなど徹底解説!

ワーホリの最新情報など相談してみよう。各社パンフレットで料金や問い合わせ先が知れる!

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー(通称ワーホリ)とは、海外でアルバイトをしながら、海外生活や旅行が楽しめる、青年(18~30歳)限定の休暇を主な目的としたビザ制度です。

ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。

各々の国・地域が,その文化や一般的な生活様式を理解する機会を相手国・地域の青少年に対して提供し,二国・地域間の相互理解を深めることを趣旨とします。

参照元:外務省

ワーキングホリデーの特徴

憧れの海外で「働く」「学ぶ」「暮らす」そのすべてを叶えられるのがワーキングホリデー制度の大きな特徴!

  • 対象年齢は18〜30歳まで (申請時の年齢)
  • 基本的に1年間滞在が可能 (最長3年間)
  • オーストラリアやカナダをはじめ、フランスや韓国など25ヶ国以上へ行ける
  • 働くことができるので総額費用が少なくて済む
準備や渡航中のサポートも
\ エージェントを使えば安心♪ /
パンフレットを見てみたい!

ワーキングホリデー協定国一覧

ワーキングホリデーできる国は全部で25ヶ国以上!
英語圏やヨーロッパから、アジア圏でもワーキングホリデーができます。

ワーキングホリデーで人気の国

ワーキングホリデーできるその他の国

ヨーロッパ

アジア・その他

アメリカやハワイでワーホリできる?

アメリカやハワイではワーキングホリデーをすることができません。ですが、J-1ビザを使えばアメリカやハワイで就労経験を積むことは可能です。

ワーキングホリデー最新のニュース

ワーキングホリデーに関連する最新ニュースをご紹介!協定国やビザなどの情報がわかります。

ワーキングホリデーのプログラム

ワーキングホリデーでやりたいこと・目的が決まっている方におすすめなのが、エージェントが提供しているプログラム!

ワーホリプログラムランキング

No image

ワーキングホリデーにおすすめの国!費用比較や人気ランキングなど

2021.08.02

おすすめプログラム

新着プログラム

ワーキングホリデーの体験談

もっとワーキングホリデーの体験談を読みたい!という方はぜひこちらをご覧ください♪

おすすめ体験談

新着体験談

ワーキングホリデーの費用

ワーキングホリデーに必要な費用は、物価や時給などによって左右されます。海外でアルバイトをするにはある程度の語学力が必要な場合が多いので、数か月分の生活費は用意していきましょう!

ワーキングホリデーの費用目安

ワーキングホリデー1年間に必要な費用は、約100〜150万円が目安です。
国によってはワーホリビザの申請時の条件の一つとして具体的な金額を提示しているので、各国の申請条件をチェックしましょう!

次に費用の内訳例を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

※語学学校に通う場合は1ヶ月あたり5~15万円ほど加算してください。

項目オーストラリアカナダ韓国
出発前に必要な費用
(渡航費・諸手続き・海外保険料)
30万円32万円23万円
滞在費
※12か月分
72万円60万円60万円
食費
※12か月分
36万円36万円24万円
おこづかい
※12か月分
36万円24万円36万円
帰国用の航空券(片道)5万円8万円2万円
支出の合計179万円160万円145万円
アルバイト代
※8か月分
192万円141万円102万円
最終的な合計-13万円19万円43万円

ワーキングホリデービザ申請について

ビザ発行の対象となる方

日本に在住している日本国籍の18~30歳が対象となります。ただし、過去にその国のワーキングホリデービザを取得したことがある方は対象に含まれません。また、帰国に必要な費用や滞在中に必要な生活費用を所持していることも条件に含まれます。

ビザ申請方法

行きたい国・地域の駐日外国公館(大使館や領事館など)に対し申請をします。国・地域によってはインターネットで申請することも可能です。申請に不安がある場合は、サポートしてくれるエージェントもあるので、ぜひチェックしてみてください♪

ビザの有効期間

ビザ申請が完了すると、入国猶予期間(12か月間)が発生します(申請完了から12か月以上すぎてしまうと、申請が無効になります)。ビザの有効期間は入国した日から開始されます。つまり有効期間1年の場合であれば、入国日からの1年間がビザの有効期間となります。

ビザの注意点

ワーキングホリデービザの申請要件や就労の条件などは国によって異なりますので、申請をする際には詳細について情報をきちんと確認しましょう。ワーキングホリデーはひとつの国に対し発給は1回までですが、別の国であればワーキングホリデーを申請することが可能です。また、被扶養者や子供と同伴では申請できませんので、注意しましょう。

ワーキングホリデー関連情報

準備や渡航中のサポートも
\ エージェントを使えば安心♪ /
パンフレットを見てみたい!