利用者 40 万人突破!

(2018年12月14日更新)

Q.ワーキングホリデー中の仕事の探し方は?

2018.09.12

留学くらべ〜る編集部

ワーキングホリデーの良いところは、滞在中に仕事ができること。
どうやって仕事を探せばいいのかわからないという人もいるでしょう。ここでは、ワーキングホリデーでの仕事の探し方やコツについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

仕事の探し方

まず知っておきたいのは、ワーキングホリデーでの仕事の探し方。
海外初心者や語学力に自信がある人など、状況やスキルによって探し方も変えてみると良さそうです。ここで、あなたにぴったりの方法を見つけてください☆

求人サイトや掲示板

ワーキングホリデーでは、求人サイトや掲示板を使っての仕事探しが一般的。

求人サイトはネット環境があればいつでも最新の情報を確認することができます。日本人向けの求人サイトもあるので、初めての仕事探しで不安な人におすすめです。

掲示板にはネットと貼紙での掲示板がありますが、貼紙スタイルの掲示板は現地の日本人情報センターや日系のスーパーマーケットなどで気軽に利用できるのでおすすめ。日本食レストランやお土産屋、現地のカフェスタッフなど仕事の内容も色々あります。

掲示板で仕事を探す女性

地元の新聞

語学力に自信のある人であれば、地元の新聞で仕事を探せます。

基本的にはネイティブ並みの英語力が必要ですが、まれに日本語を話せる人を募集していることもあります。さらに、現地ならではの仕事を探しやすいこともメリットの一つです。

現地の言語に囲まれた環境で働きたい人は、ぜひ地元の新聞での仕事探しにチャレンジしてみてください。

新聞で仕事を
探す

友人や知り合いの紹介

ワーキングホリデーで働くきっかけになることが多い知り合いの紹介。

実際に働いている人からの紹介であれば、仕事場の環境も教えてもらえるので安心です。雇う側も知り合いという点で信頼もしやすく、求人広告などにお金を使わなくて済むので、お互いにメリットがある方法といえるでしょう。

また、なかには紹介だけで採用しているところもあるので、ネットや掲示板などでは見つけられない仕事と巡り合えることも♥

友人や知り合いの紹介で仕事を探す

飛び込み

気になったショップや会社などに直接レジュメを持参して、雇ってもらえないか聞いて周る方法もあります。

日本ではあまり見られない光景ですが、海外では自分を売り込む飛込みは珍しくありません。直接自分をアピールすることができるので、印象に残れば面接まで進めることも。訪問したときに求人がなくても、欠員の見通しや人手不足になる時期を教えてもらえることがありますよ!

効率が良い方法とはいえませんが、日本ではなかなかできないことなので、ワーキングホリデーをきっかけにチャレンジしてみてはいかがでしょうか☆ 飛び込みで仕事を探す

仕事を探すコツ

ワーキングホリデーでの仕事の探し方の次は、探し方のコツを知っておきましょう。
やみくもに仕事を探すだけでは、ただ時間が過ぎてしまってせっかくのワーキングホリデーがもったいないです!時間を無駄にしないためにも、コツをつかんで理想の仕事探しを実現しましょう♪

とにかく数をあたる!

ワーキングホリデーで仕事を探すコツは、とにかく見つかるまで探すことです。

語学力や経験、即戦力を重視されがちなので、何十件も応募してやっと1件面接の機会をゲットしたということも珍しくありません。でも、数をこなすことでレジュメ作成や面接に慣れることができます。自分をアピールできる力が自然に身について、面接や採用につながりやすくなるでしょう。

手当たり次第探すより、ある程度希望の仕事のジャンルを絞っておくと効率的に仕事が探せますよ♪

メールをたくさん送る

知り合いのコネを最大限に活用!

知り合いのコネは、ワーキングホリデーで仕事を探すのに意外と確実で強力な味方です!

既に働いている人がアルバイト先から知り合いを紹介して欲しいと頼まれるケースもよくあります。知り合いということもあり、採用される確率が上がったり、予想以上の好条件で雇ってもらえることも♪

ワーキングホリデー終盤の人に声をかけてみると、意外とすんなりアルバイト先が見つかることもありますよ。

面接

現地の求人サイトを上手に活用する!

ワーキングホリデーで仕事を探すには、現地の求人サイトを上手に活用しましょう。

日本人向けのサイトであれば、日本人が応募することを前提にした募集がほとんどなので、初めて仕事を探す人や語学力に自信がない人でも使いやすくておすすめです。

現地の人たちも使っている求人サイトは日本人向けのサイトより情報量が多く、現地ならではの求人もたくさん載っているので、応募できる仕事の幅も広がります。学んだ言語を活かしたい、現地でしかできない仕事にチャレンジしたい人におすすめです。

仕事を探すときの語学力や経験値によって、使い分けてみてくださいね♪

パソコンで探す

エージェントを利用する

エージェントを使えば、仕事探しもスムーズに。

エージェントといっても、日本と現地のエージェントの2つがあります。
日本のエージェントでは、ワーキングホリデー中の仕事探しをサポートするサービスを提供しているところがあるので、現地での仕事探しに不安がある人はこういったサービスをぜひ活用してみてください。

現地のエージェントは日本でいうアルバイトの派遣会社のようなもので、登録をして仕事を紹介してもらうというスタイルです。合う仕事がないとなかなか紹介してもらうのは難しいので、いかに自分をアピールできるかがカギになります。

エージェントを利用する

仕事紹介付きの語学学校に通う

語学学校の中には、人材派遣会社と提携していて仕事を紹介してくれるところもあります。
一定期間、語学学校に通う必要がありますが、ワーキングホリデーしたいけど語学力に自信がないという人におすすめです。

紹介料が必要な場合がほとんどですが、ウェイターやベッドメイキング、ファームピッキングなど語学のレベルに合わせて紹介してもらえるので安心です。

仕事紹介付きの語学学校に通う

ワーホリ人気国の仕事について

ワーキングホリデー中のお仕事探しのコツや、経験できる仕事内容は国によってもさまざまです。
こちらでは、ワーキングホリデー人気国について詳しく説明したページをご案内しているので、気になる国がある方はぜひチェックしてみてくださいね♪

オーストラリア×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく
カナダ×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく
ニュージーランド×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく
イギリス×ワーキングホリデーの仕事についてもっと詳しく

自分に合った方法でワーキングホリデーの仕事をゲットしよう!

いかがでしたか?

ワーキングホリデーの仕事は探し方がいろいろあるので、一通り試してみて、自分に合った探し方を見つけてみてましょう♪探し方のコツを試してみると、仕事探しがよりスムーズになりますよ!

ワーホリ協定国ごとのお仕事や、仕事探しに必須の面接・履歴書についても知りたい!という方は、下部にある【仕事】ボタンをクリックしてみてくださいね!
『留学くらべ~る』で調査したお仕事情報や海外在住ライターさんのお役立ち情報が満載ですよ☆