利用者 43 万人突破!

(2019年11月15日更新)

【体験談】所持金7万円で、なぜワーホリに行けたのか?オーストラリアの仕事事情教えます!!

2019.02.22

留学くらべーる編集部

【体験談】所持金7万円で、なぜワーホリに行けたのか?オーストラリアの仕事事情教えます!!
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットもらう
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

プロフィール

項目 概要
名前 natsu_gram(instagramアカウント名)
年齢 23歳 / 渡航時22歳

経歴

年代 概要
2010年 中学の担任が英語担当で海外に興味を持ち、
頑張れば公費留学ができる公立高校を受験
2012年 高校から応募し、国費負担で中国に1週間派遣
2013年 高校から3週間ロサンゼルスに公費留学
2014年 高校卒業後、通関業務にて2年間正社員
有給を使い、グアムやバリ島へ旅行
2016年 退職
マルタ島2ヶ月留学
週末はヨーロッパ旅行を楽しみ、後半の1ヶ月はバックパッカーでヨーロッパ周遊
2016年末 高校のときお世話になったホストファミリーに会いに1ヶ月ロサンゼルスへ
2018年 7万円の所持金のみでオーストラリアへワーホリ

渡豪したきっかけ

高校卒業後、2年間正社員として働いている中で、「このまま定年になるまで働く人生は耐えられへん!」と思い退職しました。
退職後は、マルタへの語学留学やヨーロッパ周遊を経験しました。
長期間海外に行ったことで、海外で働いたり住んだりしたくなり、 所持金7万円でオーストラリアのゴールドコーストへ渡りました。笑

所持金7万円で、オーストラリアへ?

最初は本当にお金がなくて…過酷な生活を送りました。
オーストラリアに到着後、すぐ仕事が見つかると思っていたのですが、3週間仕事が見つからず持ち金が15ドル(1,185円 / オーストラリアドル79円 / 1ドル)にまでなりました !(今となっては、なぜ「7万円でどうにかなる」って自信があったのか謎です。笑)

その後、1ヶ月以内には仕事も見つかり、日本と違って週払いのシステムが多いオーストラリアに助けられました。

オーストラリアでの仕事

生活費は月にどれくらいかかるんでしょうか?

家賃と食費をあわせても1ヶ月700ドル (約6万円 / オーストラリアドル79円 / 1ドル)くらいかな?と思います。
仕事は掛け持ちしていたこともあり、好きなものを食べたり、娯楽にお金を好きなようにお金を使っても貯金することもできましたよ!

約1年間でどんな仕事を経験しましたか?

帰国前までは、ローカルに人気のチキンショップで働いていました。
ほかには、飲食店や個人宅のクリーナーさんの仕事も経験しました。
実際に仕事を探してみると、ほかの都市に比べて、ゴールドコーストは仕事が少なく感じました。

オーストラリアで日本人はどんな仕事につけるのですか?

ジャパレス(日本料理などのお店)で働くことが多いと思います。
英語力、経験があれば日本人でもまれにローカル(オーナーも外国人で、現地のカフェやレストラン)で働いている日本人も見かけます!

そういった能力以外に、仕事を見つけるうえで大事なことは運とタイミングです!
人手不足な職場だと、キッチンなどの裏方として雇ってもらえることもあります。

日本と比べて、オーストラリアの働き方に違いはありますか?

ゆるい。笑
ルールや働き方など、アバウトなこともあるのですが、「やるときはしっかり仕事をやる」のでよい意味でゆるいです。

貯金ができるほど稼ぐことはできましたか?

はい。一時期は掛け持ちで仕事をしていたこともあり、15ドルから4,000ドル(約32万円)まで貯金ができました!
日本に一時帰国したり、旅行もしたりしたので今では再び1万円になりましたが。笑

オーストラリアでの住居

オーストラリアではどうやって住まいを見つけるのですか?

私はすぐに見つかりましたよ!
友達のツテや、日豪サイトなど情報共有のサイトから探し出しました。
合計で3回の引越しをしました。

・アパートのシェアハウス(多国籍)
・ホリデーアパートメントのシェアハウス(7人暮らし / 海の目の前)
・一軒家の一部屋を借りてオウンルーム
・ホテルアパートメントのシェアハウス

オーストラリアの家賃はどういったポイントで値段に変化があるのでようか?

オーストラリアでの家賃は1週間ごとの支払い制度が多く、私が借りた家の家賃は平均100〜150ドル(7,900〜11,850円 / オーストラリアドル79円 / 1ドル)でした。
値段が大きく変わるポイントは部屋を何人で共有するか、どこに住むかの、2点かと思います。

シェアハウスかオウンハウス

シェアハウスかオウンハウスで値段が変わります。
シェアハウスは複数の人間で、1つの部屋を共有して暮らし、オウンルームは、シャワー、トイレなどは共有するがベッドルームは1人で使用します。

立地や都市

家からトラムやバスに近ければ便利といった点で、値段が上がります。(トラムは街中を走る市電のイメージです。)
オーストラリアは広いため、内陸に行けばいくほど交通の便などの関係で値段が下がります。
そのため、サーファーズなどの人気の高い繁華街周辺だとシェアハウスしか借りれない金額で、オウンルームを借りることができます。

内陸側のオウンルームであれば、海に近い人気のある繁華街サーファーズのシェアの値段でオウン住めたりとかするみたいです! 家もいろいろ問題があると思うので、これも運とタイミングかな?と思います!

オーストラリアで家を借りる際の流れを教えてください!

家を決めて住む際には、ボンド(デポジットみたいなもの)が大体2週間分の家賃です!
インスペクションと言って、家の下見は必ず行ったほうがいいですね。
オーナーによって異なるのは、「最低限住まないといけない期間」など決まりもあるので、事前確認はとても大切です。
トラブルを避けるためにもはじめに、ボンドを払った際、念のために領収書や振り込んだ記録を残しておくといいです!

私は、オウンルームで暮らしていた頃がいちばん幸せでした!笑
1人の時間もやっぱり大事だなと。
オウンルームの頃の立地は、ノビービーチという場所で繁華街から少し離れていました。
ビーチやカフェもあって好きでした! シェアはシェアで、いろんな国の人と住める利点があり、それぞれに違う良さがあるのでどっちもまずは試してみるといいですね。

1日のタイムスケジュール

平日

仕事によって起きる時間が違いますが、起きて用意したら仕事へ行きます。
仕事が昼だけであれば終わったあとに海やジムに行って夜まで過ごしています。

休日

友達とブランチして一緒にビーチへ繰り出すか、1人でのんびりビーチを楽しんだりyogaに行ったりします。

オーストラリアはこんな国

オーストラリアはとにかく育児家事も分担でしている国だと感じます。
街でもお父さんがベビーカーを押している姿をよく見ました。

家族との時間をとても大切にしているし、なによりもAussie(オージー。オーストラリア人のこと)が、朝一に海に行ったり、運動したりと朝活具合には驚きました。
そして店が閉まるのが本当に早い。笑
差別は少ない国ですが、やはりアジア人だからと嫌な顔されることはたまにありました。
卵を投げられたことはありませんが…。

日本との違い

日本は仕事がすべてで、仕事を中心に生活をしないといけない気がします。
ですが海外ではみんな仕事を「生活するための1つのツール」として捉えていて、ほんとに何歳になっても自分の人生を楽しんでるように感じられて大好きです。

社会に出る前の10代に身をもって体感してしまったからか…もちろん日本も大好きですが、たまに息苦しくtoo much(我慢できない)になっちゃいます。

オーストラリアのおすすめスポット

雑貨などを買いたいときには第1、第3日曜日にあるマーケットや、バーリーヘッズのストリートにお店がたくさんあるので、そちらがおすすめです!
コスメはやはり海外ではSEPHORAが人気なのかな?と思います!

bambam bakehouseもおすすめ!

項目 概要
TEL 0755265218
PLACE 2519 Gold Coast Highway
Mermaid Beach, QLD 4218
MAILADOLLES hello@bambambakehouse.com

lot 1 coffeeもお気に入り!

項目 概要
TEL 0755119168
PLACE 1/40-42 Hanlan St, Surfers Paradise QLD 4217

留学エージェントを使って、実際どうでしたか?

私の利用したエージェントはすごくよかったです!
ご家族でされていて、2泊3日のマンツーマンサポート付き。
滞在中は本当に料理が上手な奥さんのごはんもいただけました♪

項目 概要
エージェント名 はれのちはれ。
金額 1〜5万円以内
内容 空港のお迎え
食事付き
銀行口座、タックスファイルナンバー、家探しのサポートなど

海外へは1人で何回も行ってるので、使わなくてもよかったのですが、とても良心的な値段で、到着時の3日間の宿代や、食費のことを考えるとお得で、安心だなと思い使いました!
初めての国なので、銀行口座やタックスファイルナンバーなど働くために必要なものをしっかり用意しておく必要がありました。
それも初日にすべて終わらせれたのでとても効率よかったです!
はれのちはれでのデメリットはありません。

今後、留学やワーホリをする方へ

おすすめ勉強法はありますか?

とにかく日本でも、外国でも外人の友達を1人でも作る!
カタコトでも日常的に英語でコミュニケーションとるのがいちばん大事だと思います。

帰国後、の夢や計画について教えてください

もう2週間で日本に帰るのですが、帰国後は働きつつyogaの学校に通って資格をとり、来年はカナダでのワーホリやもう一度ヨーロッパ周遊をしようかと考えています^^

今後、留学やワーホリに行く方にアドバイス、またはメッセージをお願いします。

迷ってる方は恐れず1歩踏み出してください。ほんとに世界が広がります。

海外に出てから、日本のいいところもたくさん気付けたし、もっといろんな世界を見たいと思うようになりました。
働くこともできて、こんなに長期で過ごせるVISAはワーホリならではなので、ワーホリのある国で自分が気になるところはぜひ行ってほしいです。

価値観は人それぞれなのでなんとも言えませんが、自分がしたいことは思い切ってなんでも挑戦するのがいちばんだと思います!
日本と違って、後ろ指をさしたり 人の行動につべこべ言ったりするような人はいません。
でも…お金はせめて20万円ほどは余裕をもっていたほうがいいかと。笑
合わなかったらやめたらいいだけ、行ってみないことには何も始まりません。
私もこれからの自分の人生が楽しみです!

留学くらべーるから

さて、いかがでしたか?
20代前半になり、「将来どうしたいか、どうなりたいか」と考えたナツキさん。
「このまま定年になるまで働く人生は耐えられへん!」と、しっかり判断し、海外へ飛び出しました。

20代前半といえば一般的には社会へのドアを開いたばかりの年頃。
右も左もわからず、不安で仕方がない人も多いのではないでしょうか。

そんなときに大きな決断を下すことは難しいかもしれませんが、きっと多くの人ができない決断をするからこそ自分の手で未来を築いていけるんだと感じました。

退職後にマルタやアメリカに渡り、所持金7万円でオーストラリアの生活をはじめたエピソードも衝撃でしたね。笑
ナツキさんのエピソードからわかるように、オーストラリアは日本と比べて時給が高いため、貯金が少ない方でも滞在しやすい国です。

行ってみてうまくいかないな…と思ったら帰国してしまう選択だってあるんです。
なにより大切なことは、自分がどんな生活を送り、どんな人生を送りたいか。
慣れ親しんだ国を出ることも、今の生活を手放すことも不安なはず。
ですが、新しい環境にチャレンジすることで今まで以上に自分の人生を楽しめるきっかけが生まれるでしょう。

オーストラリアから帰国してしまいましたが、今後チャレンジし続けるナツキさんのライフスタイルにも注目ですね!
彼女の今後の様子は、Instagramでチェックできます♪

ナツキさんのInstagramはこちらから→Instagram @natsu_gram

留学くらべーるって、どんなことをしてくれるの?

留学くらべーる

ここで弊社についてご紹介させていただきますね!
留学くらべーるは留学する際に必要な手続きなどをお助けする「留学エージェント」と思っているほうが多いのですが…

「留学したい、海外に行きたい!留学エージェントを使いたいけど、会社数が多すぎてどこを使えばいいかわからない!」
そんな方のために、留学エージェントを比較している会社です。
最近は、旅行について調べるときに比較サイトってたくさんありますよね!そんなイメージを持っていただけるとわかりやすいかもしれません♪

留学くらべーるでは、数多くの留学エージェントから出ているおすすめの留学 / ワーホリプログラムをご紹介しています。 弊社のサイトをみれば短時間で、簡単にあなたに適したプログラムを調べることができますよ!

数多くの留学エージェント一覧

エージェントから探す

自分にあった留学プログラムを探す!

留学くらべーるでは、金額、期間、年齢、国など自分の好みの項目に絞って留学を探すことができます。 さまざまな留学エージェントが紹介するプログラムは1000以上の数!
ぜひ、自分にあった留学、ワーホリプログラムを見つけてみてくださいね★

プログラム

あなたにあったプログラムを探す

留学した国/都市

オーストラリアワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る