利用者 41 万人突破!

(2019年5月21日更新)

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ全協定国まとめ【2019.5更新】

2019.05.13

留学くらべ〜る編集部

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ全協定国まとめ【2019.5更新】

ワーキングホリデー(ワーホリ)をするためには、まずビザを取得することが大切!
ここでは、全部で23ヶ国あるワーキングホリデー協定国のビザ情報をまとめています。

また、2019年4月にワーホリ制度を開始したばかりのリトアニアの情報もご紹介しています。

国によって滞在中に語学学校へ通える期間・働ける期間が異なるので、それぞれのワーホリビザの概要をしっかりチェックしてくださいね。

ワーキングホリデービザとは

ワーキングホリデー(ワーホリ)制度の目的

ワーキングホリデービザは、可能性に満ち溢れた若者の支援を目的としているビザです。
日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国で1年間(国によっては2年間)滞在し、異文化交流を経験できます♪

また、定められた期間内で労働することで、その旅費などの資金を補うこともできます!

ワーキングホリデー

ワーキングホリデー(ワーホリ)に参加するためには

ワーキングホリデーは2ヶ国間の協定に基づいて開始された制度であり、参加するためには必ず「ワーキングホリデービザ」を取得する必要があります。
2018年3月現在、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国は23ヶ国あり、最近ではリトアニアとの制度運用がスタートしました。

ワーホリビザは国によっては、定員が設けられている場合があります。
オーストラリアや韓国などは定員がなく短期間で簡単にビザを取得できますが、イギリスは1,000名の定員で抽選で当選した人のみがビザを申請できる仕組みです。

あっという間に定員に達してしまうほどの人気なので、国によってはビザの取得は容易ではありません!

ビザ申請方法や申請条件も国ごと、年度ごとによって異なり、常に変化しています。
ワーキングホリデービザを申請するときは、必ず協定国の大使館や領事館等の公式HPで「ワーキングホリデービザ申請要項」を確認して早めに手続きをしましょう。

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの特徴

ワーキングホリデービザは、観光・就学・就労すべてにおいて自由が利き、他のビザと比べると簡単に取得することができます
また、マルチに活用できる便利なビザでもあり、ビザ有効期間内であれば渡航先の国への出入国が自由なので、さまざまな近隣諸国への旅行にも行けちゃいます!

ワーキングホリデービザの取得は、1か国で一生に一度きりしか取得することができません!
せっかくのチャンスを無駄にしないよう、慎重に取得してくださいね♪

ワーホリビザの年齢制限について

ワーキングホリデービザの発行には年齢制限があり、ほとんどの国で18歳〜30歳しか申請ができません。

30歳を超えてしまうとワーキングホリデービザの申請ができなくなるので、30歳を間近に控えている方は、早めに決断することをおすすめします!
ただし、あくまでも申請時の年齢が30歳までなので、実際に渡航する際に31歳なのは大丈夫ですよ♪

ワーホリの年齢制限を超えてしまったけど海外に行きたいという方は、この記事を参考にしてください

国別ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの条件/ビザ申請方法

ワーキングホリデー協定を結んでいる23ヶ国のビザ申請の条件をまとめました。
ビザの発給枚数をはじめ、語学学校に通える期間やアルバイトができる期間は国によって異なります。

現段階で分かっている情報をお届けしているので、気になる国の情報をチェックしてみてください♪
ビザの申請方法を別のページにまとめている国もあるので、申請方法を知りたい人は参考にしてくださいね。

オーストラリアのワーキングホリデービザの概要

オーストラリア

項目 概要
開始年 1980年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
ビザ発給人数 制限なし
滞在可能期間(最長) 2年間
※セカンドワーキングホリデーを申請した場合
就学できる期間 最長4か月間まで可
就労できる期間 同じ雇用主のもとで最長6か月間まで可
※北部であれば12か月まで可
ビザ申請方法 オンライン申請

オーストラリアのワーホリビザ取得方法はこちら

ニュージーランドのワーキングホリデービザの概要

ニュージーランド

項目 概要
開始年 1985年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年3か月
※農園でのアルバイトを3か月以上行った場合
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 6か月以内
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 オンライン申請

ニュージーランドのワーホリビザ取得方法はこちら

カナダのワーキングホリデービザの概要

カナダ

項目 概要
開始年 1986年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
ビザ発給人数 6,500人
滞在可能期間(最長) 1年間
就学できる期間 6か月以内
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 オンラインから応募し、抽選

カナダのワーホリビザ取得方法はこちら

アルゼンチンのワーキングホリデービザの概要

アルゼンチン

項目 概要
開始年 2017年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
ビザ発給人数 200人
※2017年は年間50人
滞在可能期間(最長) 1年間
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 大使館への訪問

アルゼンチンのワーホリビザに関して詳しくはこちら

チリのワーキングホリデービザの概要

チリ

項目 概要
開始年 2018年
対象年齢 明記なし
滞在可能期間(最長) 明記なし
ビザ発給人数 200人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 明記なし

チリのワーキングホリデーについてもっと詳しく

イギリスのワーキングホリデービザの概要

イギリス

項目 概要
開始年 2001年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 2年間
ビザ発給人数 1,000人
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 メールで抽選に参加。
当選したらオンラインビザを作成し、申請

イギリスのワーホリビザ取得方法はこちら

アイルランドのワーキングホリデービザの概要

アイルランド

項目 概要
開始年 2007年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 400人
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 1週間に最大39時間
ビザ申請方法 申請書をメールで提出後、必要書類を郵送

アイルランドのワーホリビザ取得方法はこちら

フランスのワーキングホリデービザの概要

フランス

項目 概要
開始年 2000年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 1,500人
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 フランス大使館にて申請

フランスのワーホリビザ取得方法はこちら

ドイツのワーキングホリデービザの概要

ドイツ

項目 概要
開始年 2000年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 ドイツの大使館・総領事館にて申請

ドイツのワーホリビザ取得方法はこちら

ポーランドのワーキングホリデービザの概要

ポーランド

項目 概要
開始年 2015年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 500人
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 ポーランド大使館にて申請

ポーランドのワーホリビザ取得方法はこちら

ポルトガルのワーキングホリデービザの概要

ポルトガル

項目 概要
開始年 2015年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 ポルトガル大使館にて申請

ポルトガルのワーホリビザ取得方法はこちら

スロバキアのワーキングホリデービザの概要

スロバキア

項目 概要
開始年 2016年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 400人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 申請書を記入して大使館で申請

スロバキアのワーホリビザ取得方法はこちら

オーストリアのワーキングホリデービザの概要

オーストリア

項目 概要
開始年 2016年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 200人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 在京オーストリア大使館にて申請

オーストリアのワーホリビザ取得方法はこちら

ハンガリーのワーキングホリデービザの概要

ハンガリー

項目 概要
開始年 2017年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 200人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 ハンガリー入国後に申請

ハンガリーのワーホリビザ取得方法はこちら

チェコのワーキングホリデービザの概要

チェコ

項目 概要
開始年 2018年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 400人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 チェコ共和国大使館にて申請

チェコのワーホリビザ取得方法はこちら

リトアニアのワーキングホリデービザの概要

リトアニア

項目 概要
開始年 2019年
対象年齢 未発表
滞在可能期間(最長) 未発表
ビザ発給人数 100人
就学できる期間 未発表
就労できる期間 未発表
ビザ申請方法 未発表

リトアニアのワーキングホリデービザに関しては、まだ制度が開始されたばかりで詳細はほとんど発表されていません。
情報が公開され次第、留学くらべーるでも追加していきますが、「早くリトアニアのワーホリについて知りたい」という方は大使館へ問い合わせをすることもできますよ!

>>在リトアニア日本国大使館の発表はこちら

スペインのワーキングホリデービザの概要

スペイン

項目 概要
開始年 2017年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 500人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 スペイン大使館領事部にて申請

スペインのワーホリビザ取得方法はこちら

ノルウェーのワーキングホリデービザの概要

ノルウェー

項目 概要
開始年 2013年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 3か月未満
就労できる期間 制限なし
※ただし、同一の勤務先で6か月以上働くことはできない
ビザ申請方法 ノルウェー大使館にて申請

ノルウェーのワーホリビザ取得方法はこちら

デンマークのワーキングホリデービザの概要

デンマーク

項目 概要
開始年 2007年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 制限なし
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 6か月
ビザ申請方法 在日デンマーク大使館または移民局HPにて申請

デンマークのワーホリビザ取得方法はこちら

アイスランドのワーキングホリデービザの概要

アイスランド

項目 概要
開始年 2018年
対象年齢 18~26歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 30人
就学できる期間 明記なし
就労できる期間 明記なし
ビザ申請方法 書類をアイスランド入国管理局に郵送
⇒駐日デンマーク大使館にて受領する

アイスランドのワーホリについて詳しくはこちら

韓国のワーキングホリデービザ申請について

韓国

項目 概要
開始年 1999年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 10,000人
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 韓国大使館、領事館にて申請

韓国のワーホリビザ取得方法はこちら

台湾のワーキングホリデービザ申請について

台湾

項目 費用の目安
開始年 2009年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 360日間
ビザ発給人数 5,000人
就学できる期間 3か月以内
就労できる期間 制限なし
ビザ申請方法 中華民国大使館、領事館にて申請

台湾のワーホリビザ取得方法はこちら

香港のワーキングホリデービザ申請について

香港

項目 費用の目安
開始年 2010年
対象年齢 18~30歳
※申請時の年齢
滞在可能期間(最長) 1年間
ビザ発給人数 1,500人
就学できる期間 最長6か月まで可
就労できる期間 同一雇用主の元で3か月可
ビザ申請方法 在日中国大使館、領事館にて申請

香港のワーホリビザ取得方法はこちら

ワーキングホリデービザの申請方法は国によってさまざま!

いかがでしたか?

ワーキングホリデービザ申請の方法は国によって違うため、しっかり確認をして準備する必要があります。

手続きがたくさんあってやり方がわからない…という方は、留学エージェントのカウンセラーにサポートを頼むこともできます!
抜け漏れがないよう徹底してサポートしてくれるため、ワーキングホリデーの心強い味方になってくれますよ♪

留学エージェントは、各国ごとのワーキングホリデー関連プログラムを多数揃えています。
気になったプログラムや留学エージェントがあったら、無料で資料請求することができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

ワーキングホリデーの留学プログラム

ワーキングホリデーの新着記事

No image

ローラも渡辺直美も行ってる♡ワーホリ対応国のときめきスポット。

2018.10.18

No image

Q. ワーキングホリデーを親の反対で諦めたくない!どうすればいいの?

2018.09.12