利用者 45 万人突破!

(2020年2月27日更新)

韓国のワーキングホリデービザ情報・申請方法まとめ

2019.12.26

留学くらべーる編集部

韓国のワーキングホリデービザ情報・申請方法まとめ

韓国でのワーキングホリデーを決めたら、まず必要なのがビザの申請。
「必要なものや手続きがたくさんあって面倒そう…」と悩んでいる方に向けて、韓国のワーキングホリデービザ申請に必要なものやビザ申請方法について詳しくご紹介します。

韓国のワーキングホリデービザ基本情報

項目 概要
開始年 1999年
対象年齢 18~30歳※申請時の年齢
発給人数 10,000人
入国期限 発給から1年(※)
滞在可能期間(最長) 1年間
就学できる期間 制限なし
就労できる期間 制限なし

※大使館の情報には1年とありますが、「3ヶ月以内に入国」に変わったという声もあります。
 詳しくはエージェントや大使館にお問い合わせください。

韓国のワーキングホリデービザは観光就業(H-1)ビザと言い、最大で1年間韓国に滞在することが認められています。

韓国のワーキングホリデー制度にはビザの発給人数に制限がありますが、10,000人と他の国より大幅に多いことが特徴です。

そのため余裕をもって申請に臨むことができますが、ビザ申請時の書類や資金などの準備も必要なので、韓国でのワーキングホリデーを決めたら早めに行動に移しましょう。

韓国のワーキングホリデーについてもっと詳しく

韓国のワーキングホリデービザの申請条件

  • 日本国籍であること
  • 申請時の年齢が18~30歳であること
  • 主な目的は観光で、就労は滞在中の資金を補うためのものであること
  • 滞在期間中の資金(30万円以上)を所持していること
  • 過去に韓国のワーキングホリデービザを取得したことがないこと
  • 期限が有効なパスポートと往復航空券(または購入に必要な資金)を有していること
  • 犯罪歴がないこと
  • 扶養家族を同伴しないこと
  • 健康であること

韓国のワーキングホリデービザは、あくまで観光を目的としたビザなので、就学や就労をメインに考えている方には発給されない場合があります。

また、語学研修や塾の受講などの就学は可能ですが、D-2(留学)活動にあたる正規課程は受け付けられません。

韓国のワーキングホリデービザ

韓国のワーキングホリデービザ申請の流れ

韓国のワーキングホリデービザ申請の流れ

STEP1:韓国大使館HPでビザ申請書をダウンロードし記入

まずは、韓国大使館HPで申請要項を確認し、ワーキングホリデーのビザ申請書をダウンロードします。

ビザ申請書は韓国大使館でもらうこともできますが、事前に準備しておくと申請がよりスムーズになりますよ。

「どうしても書き方がわからない!」という方は、大使館に書き方の見本があるので、参考にしてみてください。

ビザ申請書のダウンロードはこちらから

大使館のビザ申請書ダウンロードページ

大使館のビザ申請書ダウンロードページ

「査証発給申請書」をクリックするとビザ申請書のPDFが開くので、お使いのパソコンやソフトに適した方法で印刷をしてください。

ビザの申請書は、日本語・英語・韓国語での記入が可能です。
内容をしっかり確認して、間違いのないように記入していきましょう!

STEP2:ビザ申請書以外の必要書類を準備

ビザ申請書の準備ができたら、他の必要書類などの準備を進めましょう。
申請時に必要な書類は以下になります。

韓国のワーキングホリデービザの申請に必要な書類

項目 概要
ビザ申請書 韓国大使館HPでダウンロード可能
パスポート 有効期限6ヶ月以上
カラー写真 縦4.5×横3.5センチ
※3ヶ月以内に撮った写真
旅行日程及び活動計画書 英語または韓国語、月単位で作成
※様式なし
預金残高証明書 30万円以上
往復航空券 往復航空券のコピー
※往復航空券購入のための資金証明でもOK
最終学歴証明書 卒業証明書・在学証明書・休学証明書のいずれか

韓国のワーキングホリデービザの申請料は無料です。

大使館・領事館によっては記載されている書類の条件が異なる場合があるので、申請をしに行く大使館・領事館のサイトも必ず事前に確認しておきましょう。

準備が難しいものはありませんが、「旅行日程及び活動計画書」については申請者本人が英語か韓国語で作成しなければいけません。
旅行日程及び活動計画書の様式は自由で、下記4点の内容を入れる必要があります。

  • 入国予定日/出国予定日
  • 申請動機(韓国に行きたい理由)
  • 活動内容※月単位で箇条書き
  • 帰国後の計画

人によって時間がかかってしまう可能性もあるので、余裕を持って準備を進めましょう!

STEP3:必要書類を韓国大使館または領事館に提出する

すべての準備ができたら必要書類を持って、韓国大使館または領事館に行きましょう!

ワーキングホリデービザの申請は、窓口で必要書類の提出をすれば完了です。

韓国大使館/領事館一覧

申請窓口 対応地域
韓国大使館 東京 / 千葉 / 山梨 / 埼玉 / 栃木 / 群馬 / 茨城
札幌韓国総領事館 北海道
仙台韓国総領事館 青森 / 秋田 / 岩手 / 山形 / 福島 / 宮城
横浜韓国総領事館 神奈川 / 静岡
新潟韓国総領事館 長野 / 新潟 / 富山 / 石川
名古屋韓国総領事館 愛知 / 三重 / 福井 / 岐阜
大阪韓国総領事館 大阪 / 京都 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
神戸国総領事館 兵庫 / 鳥取 / 岡山 / 香川 / 徳島
広島韓国総領事館 島根 / 広島 / 山口 / 愛媛 / 高知
福岡韓国総領事館 福岡 / 佐賀 / 長崎 / 大分 / 熊本 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄

STEP4:韓国大使館または領事館でビザを受け取る

書類に不備がなければ、早くて申請の翌日に韓国のワーキングホリデービザが発給されます。
ですが、申請場所によっては時間がかかるので、お急ぎの方は早めに申請するようにしましょう。

また、ビザ申請や受け取りはすべて窓口で行われ、郵送でのやり取りはできないので要注意です。

韓国のワーキングホリデービザ申請の注意点

最後に、韓国のワーキングホリデービザ申請に関する注意点を紹介します。
まさかのところでつまずかないように、しっかりチェックしてくださいね!

韓国ではワーキングホリデービザを申請できない!

韓国のワーキングホリデービザは、韓国国内で申請することができないので、観光ビザや学生ビザから切り替えようとお考えの方は要注意です!

申請条件を満たしている人が、日本国内で申請することができるということを覚えておきましょう。

また、韓国のワーキングホリデービザ申請は、毎年1月1日から先着順で受付がスタートします。

今まで定員10,000人に達したことがないため焦る必要はありませんが、ビザを申請するときからワーキングホリデーがスタートしていると考えて、計画的に準備を進めていってくださいね♪

預金残高証明書と最終学歴証明書は早めに手配を!

韓国のワーキングホリデービザ申請で必要な「預金残高証明書」と「最終学歴証明書」は、意外と時間がかかってしまって焦りの原因になることも!

利用している銀行や発行のために利用する窓口、通っている学校や卒業した学校によっては書類の発行までに時間が必要な場合があるようです。

韓国へのワーキングホリデーを決めたら、必要書類の発行にどのくらい時間がかかるのか、直接問い合わせをしておくと安心ですよ。

韓国での滞在期間によってはワーキングホリデー中に外国人登録が必要に!

韓国のワーキングホリデー期間が91日以上の場合、入国してから90日以内に外国人登録を行う必要があります。

ビザ申請時に提出した活動計画書なども必要なので、該当する方は渡航後に焦ることがないよう、事前に確認・準備をしておくことをおすすめします!

シングル?マルチプル? ビザの種類に注意!

韓国のワーホリビザについて、大使館のサイトでは「在留期間1年、 有効期間1年の複数査証発給」とありますが、駐名古屋大韓民国総領事館のサイトを見ると「在留期間1年, 有効期間1年の單数査証発給」と書かれています。

複数査証(マルチプルビザ)は出入国が自由ですが、單数査証(シングルビザ)だと一度出国すると再入国の許可を取得する必要があります。
近年、單数査証(シングルビザ)に変更になったという声もあるため、申請する地域の大使館・総領事館に必ず確認するようにしましょう!

韓国のワーキングホリデービザの申請は簡単!

ビザ申請は難しそうなイメージもありますが、韓国のワーキングホリデービザ申請は手続きが比較的簡単です。
活動計画書の準備に戸惑うかもしれませんが、その他の準備はあまり難しくないので、韓国で生活してみたいという方にはぴったりのビザですよ♪

また、韓国のワーキングホリデーについてもっと詳しく知りたい、ビザ申請に不安のあるという方はエージェントを利用してみるのもおすすめです。
資料請求は無料なので、韓国のワーキングホリデーに向けて、ぜひ動きだしてみてくださいね!

韓国のワーキングホリデープログラム

プログラムをもっと見る

韓国のワーキングホリデー体験談

No image

【体験談】何でこんなに違うの!?ワーキングホリデー経験者が語る韓国のお役立ち情報まとめ♡

2018.08.28

No image

【体験談】韓国の美容院を体験♡ワーキングホリデーで見えてきた、韓国の美容事情

2018.08.28

No image

【体験談】韓国の「美味しい」をワーキングホリデー中に体験♡おすすめグルメ情報まとめ

2018.08.27

韓国のワーキングホリデー新着記事

No image

韓国でワーキングホリデーをするなら知っておきたい仕事情報まとめ

2018.09.11

No image

『うゆましるれ』のブロガー、サランさんに直撃インタビュー!韓国のワーキングホリデーでの体験を聞いてみました★

2018.08.22

No image

『nunの韓国留学日記 byワーキングホリデー**』のブロガー、nunさんに直撃インタビュー!韓国のワーキングホリデーでの体験を聞いてみました★

2018.08.22