利用者 59 万人突破!

(2022年10月3日更新)

閉じる

【体験談】韓国のワーホリライフを大満喫♪語学堂にアルバイト、料理教室まで通っちゃいました!

2018.08.27

留学くらべーる編集部

【体験談】韓国のワーホリライフを大満喫♪語学堂にアルバイト、料理教室まで通っちゃいました!
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

プロフィール

項目 概要
名前 ホッピーさん
渡航した年月 2009年9月
渡航期間 1年以上
渡航先の国/都市 韓国/ソウル
渡航時の年齢 30歳

憧れの韓国に留学!ワーキングホリデービザはお手軽でオススメ

もっと知りたい!の気持ちで韓国留学

私が初めて韓国を訪れたのは、2004年10月。
日本では『冬のソナタ』が大流行しているときでした。

当時、韓国にはまったく興味がなく、むしろ日本で出会う韓国人にあまりいいイメージを持っていなかった私。
いやいやながら、仕事で仕方なく渡航しました。

ところが…実際に来てみると、現地の人はとても親切で優しいし、食べ物も美味しい。
韓国語を勉強し始めると、スルスルと頭に入ってくるではありませんか!

そうこうするうちに、いつしか「韓国に留学したい」と思い始めました。

学生ビザか?ワーキングホリデーか?

ある程度のお金を貯め、いざ韓国留学を決行。
語学留学を主にしたいけれど、せっかくだからアルバイトもしたい…と考え、いろいろ調べてみました。

語学学校に通うだけならば学生ビザが取れますが、その場合、ビザ取得後半年経ってから「資格外活動許可」を申請し、かつ就業時間にも制限があるなどと、いろいろ面倒なことが判明。

一方、ワーキングホリデーなら就業時間にも期間にも制限がなく自由に働けるので、迷うことなくこちらを選びました。

ワーホリビザで韓国を楽しもう!

渡韓して2~3か月は語学学校に通うだけでしたが、少し韓国語が分かるようになってからは居酒屋でアルバイトをしたり、公演企画会社でインターンをしたりと、さまざまな経験を積みました。

韓国語も学びつつ仕事もできるワーキングホリデービザ、本当にオススメですよ!

韓国の街の風景

韓国で語学学校に通ってみよう♪

いろいろある!語学学校

韓国での語学留学やワーキングホリデーを検討中の方へ!
韓国の語学学校についてご紹介します。

韓国語を学ぶために語学学校に通いたい!という人は多いと思いますが、いくつか種類があります。

大学付属の語学堂、マンツーマンレッスンなどもある語学専門塾、K-POPダンスや歌などレクレーションも楽しめる語学スクールなどなど…。

毎日コツコツ勉強したい人は大学付属の語学堂、アルバイトなどが忙しく通う時間や日にちを調節したい人は語学専門塾、韓国文化も一緒に楽しみたい人は語学スクールなど、個々人の勉強スタイルに合わせて選ぶのがオススメです。

大学付属の語学堂に通ってみました

私は「しっかり韓国語を学んでいつかは仕事で活かしたい」と思っていたので、大学付属の語学堂をチョイス。

学校を選ぶ際には、できるだけ日本人がいないところを探しました。
日本人がいると、ついつい休み時間などに日本語を話してしまうので…。

結果、日本人は少なかったものの、周りは中国人だらけ。
最初は面食らいましたが、仲のいい友達もでき、共通語は韓国語しかないので、韓国語を使う機会も増えました!
韓国の大学付属の語学堂

授業だけじゃない!語学堂の課外活動

私が通っていた語学堂では、学期毎に日帰りまたは1泊2日でのプチ旅行がありました。
クラスの友達や先生との仲を深めるのにも良い機会。

日帰りではソウル大公園という遊園地に行ったり、1泊2日では韓国有数の山である雪岳山に行ったりと、観光も楽しめる大満足なアクティビティでした♪

韓国で仕事をしてみよう!

ワーキングホリデーなら仕事ができる♪

韓国留学をするには通常、学生ビザかワーキングホリデービザを取ります。
ワーキングホリデービザなら、韓国入国直後からアルバイトができるので便利!

韓国語ができなくて不安であれば、日本居酒屋など日本語が通じるところで働くのがオススメ。

韓国語に自信がついてきたらアルバイト先の選択肢も広がるので、勉強も欠かせません。
韓国でのアルバイト

仕事はどうやって探す?

アルバイトをしたい!と思ってもどうやって探したらいいか…なかなか悩ましいところですよね。

韓国でのアルバイトの探し方は、やはりインターネットが主流です。

日本語では、コネストなどの日本人向け韓国情報サイトの掲示板をチェック。
韓国語ではジョブコリアアルバ天国など、韓国人も利用しているアルバイト募集サイトから探してみましょう。

その他、大学付属の語学学校では構内の掲示板に募集が張り出されていたり、飲食店などでは店先に求人ポスターが貼ってあったりしますよ。

韓国での仕事探し

情報をしっかり見極め、仕事をしよう

韓国では、給料未払いや契約よりも給料が少ないなどの問題が、日本に比べると多く発生しているケースがあります。
面接に行った際、給与面についてはしっかり話をすることをオススメします。

それでも問題が発生した場合は、外国人専用電話相談タサンコールセンターなどに相談してみましょう。

韓国語の上達にも!料理教室にチャレンジ♪

実はお得!デパートの文化センター

「せっかく韓国にいるのだから、韓国料理を習いたいなあ…」と思っていた頃、友人が料理専門学校で韓国家庭料理を習っていると聞いて、数か月通ってみました。

ですが、専門学校なだけあって自宅で再現しにくい手順が多く、どうしたものかと思い悩んでいたときに見つけたのが、デパートの文化センターで開催されている料理教室です。

いわゆるカルチャースクールなのですが、昼だけでなく夜や週末の講座もあり、自分の予定に合わせて講座を選べるので便利!

ということで、迷うことなく申し込みました。

おしゃれ空間で韓国家庭料理を習う♪

私が通ったのは、韓国の大手デパート現代百貨店のカルチャースクール。

全6回で12万ウォン…1回あたり2万ウォンで材料費まで込みなんです!
リーズナブルな上、キッチンもキレイで明るい♪

申し込みは直接デパートに行くか、ホームページから申請(要会員登録、要クレジットカード)も可能。

今回は「基礎から学ぶ料理」というコースでしたが、他にもイタリアンやパン、お菓子など多彩な講座がそろっています。 韓国の料理教室①

韓国語の勉強にも!いよいよ実践

講座はもちろん、韓国語で進行されます。

調理方法や材料など、実生活に役立つ韓国語がバンバン飛び交います。
なかなか教科書には出てこない単語も多いので、韓国語能力中級以上で韓国生活に慣れてから通うのがオススメ。

ただ、知らない単語が出てきても、先生がお手本を見せながら進行してくれるので、理解はしやすいと思います!

料理はプデチゲやチヂミといった韓国料理を中心に、エビチリやサンドイッチなど中華、洋食なども登場。
自宅でも再現しやすい調理法を教えてくれるので、習ってすぐ実践できるのが嬉しかったです♪

韓国の料理教室②

留学した国/都市

韓国ワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る