利用者 42 万人突破!

(2019年8月24日更新)

ソウル留学するなら!費用やメリット、基本情報など

ソウル留学するなら!費用やメリット、基本情報など

現代的な高層ビルが多く並ぶ街並みと、歴史的建造物のコントラストが特徴的な韓国の首都・ソウル。
世界的な国際都市としても知られている都市には、留学の魅力も満載なんですよ!

パンフレットもらう

ソウル留学のプログラム

ソウルの留学プログラムが気になる方はこちらをチェック!
短期留学、長期留学、ワーキングホリデーなど、さまざまな目的に対応していますよ。

プログラムをもっと見る

ソウル留学の体験談

【体験談】10代での渡韓。現地に溶け込むほど充実した韓国留学の秘訣とは

2019.01.30

【体験談】韓国の美容院を体験♡ワーキングホリデーで見えてきた、韓国の美容事情

2018.08.28

【体験談】1年でも充実した生活を!20代後半で行く韓国・ワーキングホリデー体験記

2018.08.24

ソウル留学のメリットと特徴

  • 韓国きっての大都市!生活に便利な環境が整っている
  • 語学学校が集中しているため、学びの場が多い
  • 都会と歴史が融合し、多彩な魅力あふれる街

日本から2時間程度で行くことができる韓国の首都・ソウル。
抜群のアクセスの良さを誇るソウルですが、留学におすすめのポイントも多くあります。
韓国留学を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

韓国きっての大都市!生活に便利な環境が整っている

韓国の中枢地として機能しているソウルは、生活に便利な環境が整っています。
生活に必要なものも一通りそろえられるので、日常生活で不便さを感じることは少ないでしょう。

地下鉄やバスなどの交通手段も発達しており、しかも日本と比べて安い料金で利用できます。
首都圏で交通費を抑えられるのは嬉しいポイントですよね!

またソウルでの情報収集には、「国際交流基金ソウル日本文化センター」や「ソウルジャパンクラブ(通称「SJC」。韓国最大の日系コミュニティ)などの活用もおすすめ。
いずれも日本語で利用できるサービスなので、語学力が不安な方でも情報を見つけやすいですよ。

教育機関が集中しているため、学びの場が多い

ソウルには、大学や大学附属の語学学校(語学堂)などの教育機関が集中しています。
学びの場所に困らないので、「韓国で語学や専門分野を勉強したい」という学生にとっておすすめ!

国立のソウル大学や、私立の高麗大学・延世大学などの名門大学がソウルに集結しているので、大学留学先を検討している方はぜひ大学情報をチェックしてみてください。

韓国は教育熱心な国で勉学に対して意欲的な学生も多いので、良い刺激を受ける機会にもなるでしょう。

都会と歴史が融合し、多彩な魅力あふれる街

ソウル中心地は近代的なビルが多く立ち並び、韓国の流行の最先端がそろっています。
グルメやショッピングなどを心行くまで楽しむことができるので、留学の合間の息抜きにもぴったり!

ソウルは世界有数のカフェ天国なので、おしゃれなカフェ巡りもおすすめです。

ソウルのカフェ

一方で、朝鮮王朝という国家の首都として500年もの歴史を有する都市でもあり、ソウル市近郊には貴重な史跡や建造物なども点在しています。

そうした歴史のおもむきある場所に足を運ぶことで、ソウルや韓国のより奥深い魅力を発見できるかもしれませんね!

ソウルの風景

ソウルが気になったら パンフレットもらう

ソウル留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1ヶ月 約15~25万円
3ヶ月 約35~45万円
5ヶ月 約60~80万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(3ヶ月)

項目 費用
合計 約52.5万円
航空券(往復) 3万円
語学学校 15万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(コシテル滞在の場合) 22.5万円
おこづかい 6万円
海外旅行保険 6万円

ソウル市内には、民間の語学学校の他に大学附属の語学学校(語学堂)が集中していて、さまざまな学校の中から学びの場を選ぶことができます。

語学堂では、1学期10週間のコースに参加するか、短期滞在者向けのプログラムに参加するかの選択が可能。
韓国の大学は4学期制なので、1年あたり最大40週間受講できます。

短期プログラムは韓国文化を体験する授業が組み込まれていることもあるので、「語学も文化も学びたい」という方におすすめですよ。

  • 語学堂の授業料:1学期あたり150万~175万ウォン(約14~17万円)
  • 短期プログラム:3~4週間で70万~115万ウォン(約7~11万円)

ソウルの留学費用についてもっと見る

ソウルの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1,335ウォン(約130円)
マクドナルドのセット 6,000ウォン(約590円)
最低賃金 8,350.00ウォン(約823円) ※2019年3月時点

参考:NUMBEO

スイスの金融機関UBS(Union Bank of Swiss)が公開した、世界中の都市の生活費を比較したデータによると、ソウルは世界でも上位20位にランクインするほど生活費が高い都市となっています。

ソウルは韓国最大の都市であるため、生活には何かとお金がかかりがちです。
そんなソウル留学で費用を抑えるなら、食材を安く購入し自炊中心の生活を心がけること!
食材はスーパーよりも市場を利用すると、より安く入手できるのでおすすめです。

また、韓国の交通費は日本より安めなので、移動にかかる費用は比較的安価で済みますよ。

ソウルの物価例

項目 価格
冷麺 8,846ウォン(約870円)
ビビンバ 8,731ウォン(約860円)
海苔巻き 2,369ウォン(約230円)
地下鉄(10km走行の場合) 1,350ウォン(約130円)
タクシー初乗り 一般:3,800ウォン(約375円)
模範※:6,500ウォン(約640円)

※サービスの質が高い、外国語が通じるなどの特徴を持つタクシー

韓国の留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

ソウルの基本情報

韓国の人口のおよそ5分の1が集まり、「世界の都市総合力ランキング(2018年版)」ではロンドンやニューヨーク、東京などに次いで7位にランクインする世界有数の国際都市・ソウル。
ITや経済面での成長も著しく、サムスンやヒュンダイなど韓国有数の大企業も拠点を置いているんですよ!

また韓国独自のカルチャー(K-POPや韓流ドラマなど)も盛んで、韓国の魅力を凝縮したような都市とも言えます。
韓流ドラマのロケ地も多いので、留学の合間にはロケ地巡りをしてみるのよいでしょう。

歴史的建築物もあちこちに見られるので、韓国の歴史・文化を肌で感じるならソウル留学がおすすめです。

項目 詳細
都市名 ソウル特別市/Seoul(서울)
韓国/South Korea(한국)
なし
公用語 韓国語
面積 605.2 km²
人口 10,049,607人 ※ソウル市公式サイト2018年4月データ参照
通貨 ウォン(₩)
日本からのアクセス 福岡空港から直行便で約1時間30分
日本との時差 なし

ソウルの日本人比率は?

韓国国内では最も多い

外務省のデータ(2017年10月時点)によると、ソウル特別市にはおよそ12,650人の日本人が暮らしており、韓国国内では最も多い数となっています。

「韓国留学したいけど、語学力が不安…」という方は、まずはソウルで現地生活に慣れることから始めるのもよいでしょう。

ソウルの中でも、特に日本人が多いと言われているのが二村洞(イチョンドン)というエリア。
日本語の看板や日本語の通じるお店も多いため、語学力に自信がない方は買い物や急なトラブル時のためにチェックしておくのもおすすめです。

気になるソウルの治安について

おおむね安全だが油断はしないで

英雑誌のエコノミストが発表する「Safe Cities Index(世界の都市安全性指数)」2017年版によると、ソウルは14位にランクインしており、世界的に見ても治安は安定していると言えるでしょう。

ただし外務省の情報では、タクシーや買い物時などのぼったくり、スリなどが多いとのこと。
外出時には身の回りの持ち物を厳重に管理する、不当な料金請求には応じない(タクシーでぼったくりに遭った場合は車の番号を控えておく)などを意識しておくようにしましょう。

ソウルを含む韓国全体では、性犯罪の発生件数が日本より多いという報告もあります。
夜間の1人歩きは避け、またお酒の飲み過ぎで危機意識が疎かになることもあるので注意してください。

ソウルの気候

ソウルの気候

ソウルは、日本の東北地方あたりの緯度に位置する都市で、夏と冬の寒暖差が激しいのが特徴です。

冬場は平均最高気温が0度までしか上がらない月もあるため、十分な防寒対策が必要です。
また乾燥が気になる季節でもあるので、保湿グッズを用意しておくのもおすすめ!

夏は雨の降る日が増え、高温多湿の季節になります。
夕方には「ソナギ(夕立のこと)」が突然降ってくることもあるため、折りたたみ方を持参しておくと安心ですよ。

ソウル留学のよくある質問

ソウル留学はどんな人におすすめ?

「利便性を重視したい」「勉強もプライベートも充実させたい」という方におすすめです。韓国きっての大都会であるソウルは、生活しやすい環境が整っています。「語学に今ひとつ自信がない…」という方でも、日本語が通じる場所もあるため何かと便利!また、ショッピングやグルメ、観光などプライベートを存分に楽しめるスポットも多いので、勉強と遊びのメリハリをつけることで留学生活を充足させることができるでしょう。

ソウルで短期留学はできる?

できます。大学の語学堂では、短期留学生向けのプログラムを開講しているところもあるため、ぜひ利用してみましょう。短期プログラムは、語学に加えて異文化体験も組み込まれているので、韓国語も韓国文化も学ぶことができます。また、民間の語学学校であれば1日単位で授業が受けられることもあるのでチェックしてみてください。

ソウルで高校・大学留学はできる?

ソウルは大学が豊富に集まっており、大学留学におすすめの渡航先です。大学が多い分、留学生向けの滞在先(コシテル、コシウォン、下宿など)もそろっていますよ。韓国は教育に力を入れている国でもあるので、学生たちから良い刺激をもらいながら勉学に励むことができるでしょう。韓国へ高校留学をするなら、交換留学制度を設けている学校を探すのがおすすめです。韓国留学を支援しているエージェントもあるので、興味のある方は詳細を問い合わせてみましょう。

パンフレットもらう

韓国の都市を見る

パンフレットもらう

韓国留学関連情報