利用者 43 万人突破!

(2019年10月20日更新)

韓国のチェジュ島(済州島)留学するなら!費用やメリット、基本情報など

韓国のチェジュ島(済州島)留学するなら!費用やメリット、基本情報など
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットもらう
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

韓国のチェジュ島(済州島)は、ソウルから飛行機で約1時間、日本から約2~3時間ほどの場所にあるリゾート地です。
自然遺産や人気観光スポットが多く、さまざまな映画やドラマのロケ地にもなっているため、たくさんの日本人観光客が訪れることでも有名です。

パンフレットもらう

チェジュ島留学のメリットと特徴

  • 勉強の合間に、島の自然にふれてリフレッシュできる!
  • 買い物を楽しめる商業施設や、気軽に通える運動施設が充実
  • 地元ならではの美味しい料理もたくさん!

チェジュ島は、「韓国のハワイ」と呼ばれる島です。日本でいうところの沖縄のような存在で、韓国で人気の高い自然豊かなリゾート地です。
ユネスコの世界自然遺産が多く、韓国の歴史に触れながら留学を楽しむことができます。
また、島自体がとても大きいので、長い間滞在しても飽きることがないのもよいですね。

日本との時差はなく、温暖で過ごしやすい気候のため、日本人にとって暮らしやすいという特長もありますよ!

勉強の合間に、島の自然にふれてリフレッシュできる!

チェジュ島留学の魅力はなんといっても、大自然あふれるリゾート地で勉強ができるという点です。

たとえば、韓国で最も高い山と言われる漢拏山(ハンラサン)は、韓国三大霊山にも数えられ、学術的価値の高い場所として有名です。

そのほかに、透明度が高いきれいな海や、ゆったりくつろげる庭園など、人気観光スポットが数多くあります。
勉強の合間に、自然にふれてリフレッシュできる環境なのは、留学生にとって嬉しいポイントですね!

チェジュ島

買い物を楽しめる商業施設や、気軽に通える運動施設が充実

観光地として有名と聞くと、文化遺産やお土産屋さんばかりのイメージがありますが、韓国の首都ソウルに引けを取らないほど、魅力的なお店や施設がたくさんあるのが、チェジュ島の魅力です!
おしゃれなコンビニやレストゴルフ場やジムなどの運動施設まで幅広くそろっています。

勉強を終えたあとに、ちょっとしたショッピングを楽しんだり、一汗かいたりしたいときには運動施設を利用できるなど、すぐに気分転換できる環境が整っているのが嬉しいですね♪
島内を移動するための交通機関も充実しているので、移動も比較的楽にできてしまうのもポイントです。

地元ならではの美味しい料理もたくさん

チェジュ島には、地元の美味しい料理がたくさんあります。

たとえば、チェジュ島で定番の麺料理「コギグクス」は、チェジュ島名物である黒豚や野菜が入ったラーメンのようなものです。豚の臭みはなく食べやすいですよ♪

ほかにもトコブシの入った釜飯「オブンジャトルソッパッ」や贅沢にアワビを使ったお粥「チョンボッチュッ」、ウニとわかめが入ったスープの「ソンゲミヨックッ」などがあります。

チェジュ島は海産物が豊富に取れるため、魚介系を楽しむなら最高の場所です。
語学だけでなく、その土地の食べ物を楽しみたいならチェジュ島はおすすめの留学先と言えるでしょう。

チェジュ島のシーフード

チェジュ島留学が気になったら パンフレットもらう

チェジュ島留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間あたり 約5~10万円
1ヶ月あたり 約10~15万円
6ヶ月あたり 約45~55万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(6ヶ月※)

項目 費用
合計 約60万円
航空券(往復) 3万円
語学学校 25万円 ※授業時間数:24時間/1週間
滞在費+食費(寄宿舎滞在の場合) 25万円
おこづかい 5万円
海外旅行保険 2万円

チェジュ島の語学堂(大学附属の語学学校)は、1学期(6ヶ月)あたり25万円が費用の目安です。

チェジュ島は日本からの距離が近く、渡航費を安く抑えることができます。
東京からの場合は往復で2~5万円ほどですが、関西国際空港からであれば2万円以下のものも見つけられるので、英語圏よりかなり安く留学することができますね!

また、チェジュ島は電車がないため、交通手段のほとんどがタクシーやバスになりますが、料金は日本ンの半分ほどとかなりお得です。
「T-money」などの交通カードがあれば便利に乗りこなせるので、チェジュ留学の際はぜひ利用してみてくださいね!

チェジュの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 約800ウォン(約78円)
マクドナルドのセット 6,000ウォン(約587円)
最低賃金 8,350ウォン(約813.58円) ※2019年4月時点

参考:NUMBEO

チェジュの物価は上記の表のようになっています。
日本と比べると、チェジュのほうが若干低いという印象です。

また、上記に挙げた表以外で調べたものだと、タクシー料金は3,000ウォン(約300円)という、驚異の安さを誇っています。
旅行でさまざまなスポットを巡るなら、なるべくタクシーを使った方がお得かもしれませんね。

韓国の留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

チェジュの基本情報

韓国のチェジュ島は、日本海・黄海・東シナ海に囲まれた火山島で、韓国では一番面積が広い島です。

世界遺産に登録されている場所も多く、娯楽施設や観光地も豊富にあるため、海外からもたくさんの観光客が訪れます。
また韓国内ではハネムーンのスポットとして人気があり、月汀里海水浴場やヨンモリ海岸など、絶景が眺められる場所が多いです。

項目 詳細
都市名 チェジュ/Jeju(제주도)
大韓民国/Korea
なし
公用語 韓国語
面積 1,845km²
人口 約64万人
通貨 ウォン(₩)
日本からのアクセス 東京からの直行便で約2~3時間
日本との時差 なし

チェジュの日本人比率は?

少なめ

2017年の外務省調査によると、チェジュの在留邦人数は399人とのこと。
こちらは永住者と長期滞在者を合わせた数なので短期留学生は含まれていませんが、韓国全体で見ると39,778人もの日本人が滞在しているとのことので、チェジュの少なさが感じとれますよね!

また、大学の正規学生として通っている日本人はあまり多くないですが、語学堂(大学附属の語学学校)に通う日本人は多数います。
それでもソウルや釜山よりは少ないですが、クラスの3割程度が日本人という場合もあるので、留学中はできるだけ韓国語に触れたいという方は、日本人以外とも積極的に交流するようにしてくださいね。

チェジュの治安は?

注意が必要!

チェジュには「三多三無」(三多は「石・風・女」が多い、三無は「乞食・犯罪・門」がないという意味)という、島の安全さを代弁する言葉がありますが、日本ほど安全というわけではありません。

昔の治安はよかったそうですが、ここ数年の観光客増加に伴い、その観光客を狙った詐欺や殺人などの犯罪も度々発生しています。
殺人に関しては近年ニュースになったばかりで、件数は多くはないものの、中国人や日本人を狙ったぼったくりは多数発生しているため、注意が必要です。

商品を買う際は、ぼったくりに遭っていないか金銭の確認をしっかりし、夜に出かけたい場合には、なるべく1人にならないようにするなどして対策をすると安心できます。

チェジュの気候

チェジュの気候

チェジュの気候は日本とほぼ変わらず、4月~10月は比較的暖かく過ごすことができます。
しかし、最も気温が高くなる7、8月は28℃~30℃と猛暑が続きますので、注意が必要です。
また、猛暑が続くとはいえ、雨もたくさん降りますので、傘も常備した方がよいでしょう。

衣替えのタイミングは、日本と同じ感覚で問題ありませんが、通気性のよい薄着やパーカー、カーディガンなどがあると安心できます。
冬は日本より若干暖かいですが、風が強いため実際の気温より体感温度は低く感じることも多いです。
厚めのコートや防寒グッズなどを用意して、しっかり対策するとよいですよ。

チェジュ留学のよくある質問

チェジュ留学はどんな人におすすめ?

「韓国語を学びたい」「将来韓国で仕事をしてみたい」「韓国の歴史や文化に興味がある」と考えている方におすすめです。 日本人留学生の数は少ないので、同じ国籍同士の人と交流したい人には不向きですが、韓国の文化やコミュニケーションを存分に楽しみたい方にはまさにうってつけです。

スポット巡りをするならどこがおすすめ?

韓国で最も高いとされている漢拏山(ハンラサン)です。現地の人には島全体を見守ってくれる山として大昔から親しまれており、韓国で初めてユネスコ世界自然遺産に登録された山でもあります。チェジュ島の美しい自然を眺めながらの登山は、最高の思い出になること間違いなしですよ♪次におすすめしたいのが、カフェ巡りです。少し昔までは、チェジュ島といったらゴルフかカジノと言われるほど、日本人が楽しめる施設は限られていましたが、近年では観光地として繁栄したこともあり、韓国のアイドルがプロデュースしたカフェなどが多数建ちはじめました。韓国ドラマやアーティストファンにはたまらないおしゃれなカフェがたくさんあるので、語学学校帰りに寄ってみるのも◎ですよ!

パンフレットもらう

チェジュ島留学の体験談

【体験談】日本とこんなに違うなんて!語学留学で知った、韓国の教育事情

2018.08.24

体験談をもっと見る

韓国の都市を見る

パンフレットもらう

韓国留学関連情報