利用者 52 万人突破!

(2021年10月23日更新)

閉じる

【2021年10月更新】新型コロナウイルス各国の留学・ワーホリ最新情報

2021.10.08

留学くらべーる編集部

【2021年10月更新】新型コロナウイルス各国の留学・ワーホリ最新情報
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

※2021年10月4日時点の外務省情報などを参考に作成しています

コロナ禍でも留学・ワーホリができる国はある!

陰性証明が必要な国がほとんどだが、新たな動きも!
アメリカやカナダなど留学目的で渡航できる国もありますが、国によって求められる条件はさまざまです。マルタなど以前は渡航前の検査が不要だった国でも、現在の状況から条件が見直されています。
ただ一方で、カナダやオランダなどはワーホリビザの受付をスタート し、アメリカは2021年4月1日よりJ-1ビザ(交換留学・インターンシップなどを目的としたビザ)での入国を許可するなど、渡航できる国・目的も増えています。また、ワクチン接種による規制の緩和なども発表されています。
最新の状況に応じて準備を進めたい方は、エージェントにもご相談ください。
留学・ワーホリに向けて動き出すなら パンフレットもらう

今行ける留学について

2021.10.08

【2021年】今行ける留学特集!

2021.06.16

留学しながらワクチン接種ができるワクチン留学プラン!

各国の渡航状況

渡航
状況
入国後の
隔離期間
※最長
留学の関連情報
アメリカ 10日間 留学やインターンシップも可能
カナダ 14日間 留学やワーホリも可能
イギリス 10日間 留学やワーホリも可能
オーストラリア × - 原則、入国不可
ニュージーランド × - 原則、入国不可
フランス 0日間 留学であれば可能
ドイツ 0日間 留学やワーホリも可能
マルタ 14日間 留学目的での渡航が可能
韓国 14日間 留学であれば可能
フィリピン × - 原則、入国不可

〇…ワクチン接種や陰性証明次第で自主隔離が不要
△…ワクチン接種完了していても自主隔離は必要
×…そもそも入国不可

渡航する州や地域、入国のタイミングによって渡航できる目的(留学・ワーホリなど)や入国前後の措置が変わってきます。
また、ワクチン接種の有無によっても大きく異なるため、渡航時は留学する都市の最新情報を確認することが大切です。

下記ではワクチン接種の有無に分けて詳細を簡単に紹介しているので、ぜひ合わせてご確認ください。

各国の詳細(ワクチン接種済みの場合)

2021年10月現在、ワクチンの接種が完了した人に対して入国後の制限を緩めている国も多数あります。

ただし、日本で発行された接種証明書が適用されるか確認中の国も多いため、留学したい国が決まっている方は最新情報を確認することが大切!

イタリアやドイツ、ポーランドなど一部の国は「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書」があれば隔離の免除や緩和が適用されるので、留学に向けて動き出したい方は早めに情報を収集しましょう。(参考:外務省 海外安全ホームページ

また、ワクチン接種済みとして扱われるのは指定のワクチンを2回接種し、14日以上経過した場合がほとんどなので、ご自身が条件に該当しているかどうかも確認しておくと安心です。

アメリカ
フライト前3日以内に取得した陰性証明書が必要ですが、ワクチン接種完了者は渡航後3~5日以内の検査と自己観察のみで渡航できます。

ただし症状が出た場合は自主隔離や検査が必要です。

カナダ
2021年9月7日以降、ワクチン接種を完了した人は入国制限の免除対象となります。

ただし、入国前72時間以内の陰性証明が必要であり、ランダムで選ばれた場合は入国時に空港で検査を受ける可能性もあります。

イギリス
ワクチンを完全接種している場合は入国後2日目の検査受検のみで、自主隔離も免除されます。

また、出発前の検査も不要です。

フランス
ワクチンの接種が完了している場合、入国前の検査は不要です。

また、到着時の自主隔離も不要とされていますが、発熱がない・コロナウイルス感染者との接触がないなどを示す誓約書の提出は必要です。

ドイツ
ワクチン接種の証明書を提示できれば、陰性証明書は免除となります。

また、入国後のデジタル入国登録や隔離も不要とされています。

マルタ
マルタ政府が承認するワクチン接種証明書があれば自主隔離は不要です。

ただし、オンラインで渡航者用のフォームに事前登録しておく必要があります。

韓国
特定の目的かつワクチン接種が完了している場合であれば、14日間の自主隔離なしで渡航できます。

ただし、領事部の審査基準によると留学や就職が目的の場合は隔離免除書の発行が困難とのことなので、自主隔離は必要と考えておいたほうがよいでしょう。

各国の詳細(ワクチン未接種の場合)

ワクチン接種が完了していない場合でも、条件を満たせば留学できる国もあります。

陰性証明書の提出や到着後の自主隔離など条件はさまざまなので、簡単にご紹介します。

アメリカ
フライト前3日以内に取得した陰性証明書および到着後3~5日以内の検査、到着後7日間の自主隔離が必要です。

また、検査を受けない場合は到着後10日間の自主隔離が求められています。

ただしハワイでは渡航72時間前に検査した陰性証明書があれば10日間の自主隔離が不要など、地域によって対応が異なるため、留学先ごとの情報をご確認ください。

カナダ
カナダ政府は、ワクチン接種が完了していない人に対して入国時や隔離8日目の検査および14日間の自己隔離を義務付けています。

また、自己隔離計画が不適切な場合はホテルなどの指定された施設で隔離を行う必要があります。

イギリス
出発前3日以内の検査受検と、渡航前や到着時における陰性証明書提示が義務付けられています。

また、入国後2日目(またはそれ以前)および8日目(またはそれ以降)の検査受検、10日間の自主隔離も必要です。

フランス
出発72時間前以内の検査の陰性証明が必要です。

また、48時間以内の発熱がない、14日以内にコロナウイルス感染者との接触がないなど誓約書の提出に問題がない状態であれば、到着後も自主隔離する必要はありません。

ドイツ
入国前に検査を受け、陰性証明書を提示する必要があります。

また、ワクチン接種をしていない場合でも、陰性証明書があれば自主隔離を行う必要はありません。

マルタ
ワクチン接種証明がない場合は入国3日前以内に受診した検査の陰性証明や14日間のホテル隔離が必要です。

なお、ホテルでの隔離にかかる費用は自己負担です。

韓国
韓国では、入国後1日以内・隔離解除前のPCR検査および14日間の自主隔離を行います。

また、出国前72時間以内に発行された陰性証明書を提出する必要があります。

ワーホリ協定国の渡航・ビザ状況

ワーホリビザ受付中あるいは渡航可能な国

ワーホリの状況
オーストラリア ・ビザ取得済みで渡航できなくなったなど、条件に該当する方は再度ワーホリビザの申請が可能。
※対象期間:2021年7月1日から2022年12月31日まで
カナダ 2021年の抽選受付がスタート
・募集枠は例年と同じく年間6,500人
・2021年10月8日時点で540人に招待状が発行
・ワクチン接種が完了していればジョブオファー(働き先の内定)が不要
イギリス ・18〜30歳であるのが条件
・早くて6ヶ月後以上の発行
・日本からのワーホリビザは抽選が必要、次の募集は2022年1月
・募集枠が年間1,000人から1,500人に拡大
・渡航後の自主隔離も必要
ドイツ ・入国にはワクチン接種証明が必要
・ワーホリビザは往復航空券予約の証明書、生活費支払い能力の証明のコピーがあれば申請可能
スペイン ・2021年5月24日から日本居住者のスペイン入国を許可。
ただしワーホリビザについて明記していないため大使館等に要確認
・通常時は申請から発給まで1ヶ月前後
ポーランド ・基本的に10日間の自主隔離が義務付けられているが、入国48時間以内に結果が判明した検査の陰性証明またはワクチンを2回接種をしている証明書を提示できれば隔離なしで渡航可能。
ただしワーホリビザについて明記していないため大使館等に要確認
スロバキア ・自主隔離等の措置は必要だが渡航自体は可能。
ただしワーホリビザについて明記していないため大使館等に要確認
オランダ ・2021年6月14日からワーホリの仮登録を再開
オーストリア ・2021年6月24日から入国制限を解除し、渡航目的問わず入国可能。
・ワクチン接種などの条件を満たせば自主隔離も不要。
ワーホリビザの申請も受け付けている
チェコ ・2021年6月7日からすべてのカテゴリーにおいてビザ業務を再開。ただし7月9日以降、入国フォームの記載や検査などは必要。
エストニア ワーホリビザの受付を2021年8月25日から再開

ワーホリビザの受付を停止している国

ワーホリの状況
ニュージーランド ・ビザは一時停止中と移民局サイトに明示
フランス ・ワーホリビザの申請受付停止中と大使館サイトに明示
アイルランド ・ワーホリプログラムに関する業務を停止中と大使館サイトに明示
デンマーク ・ワーホリ制度を一時的に停止と移民局サイトに明示
韓国 ・ワーホリビザは暫定的に受付停止中と総領事館サイトに明示
台湾 ・ワーホリビザの申請受付を行っていたが、コロナ対策により2021年5月17日より一時的に申請不可

※ワーホリ協定国は上記以外にもありますが、「大使館等のサイトでワーホリビザについて言及していない国」や「外務省海外安全ホームページで日本からの入国が原則禁止となっている国」については除外しています。
また、入国制限のある国・地域でもワーホリビザの申請を受け付けているケースがあるため、明示されていない国については各大使館等やエージェントにもご確認ください。

今年(2021年)留学・ワーキングホリデーに行けるかどうか

新型コロナウイルスの影響により、海外留学・ワーキングホリデーを延期したり、時期や国を悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。
各留学エージェントにおいても、感染拡大の防止に向けてセミナーの中止やオンラインへの切り替えなどを実施しており、留学生・ワーホリメーカーの安全確保を第一に考えながらさまざまな対策を行っています。

そこで留学くらべーるでも現時点での外務省・留学エージェントの発表などをもとに「今できること」を簡単にまとめました。

最新情報は各留学エージェントに相談しましょう

留学エージェントは、各国の語学学校との連携により現在の詳しい状況を収集しています。
具体的な収束時期がわからない状況ではありますが、留学やワーキングホリデーに関する不明点は各留学エージェントにお問い合わせください。

留学エージェントによってはメールや電話だけでなく、パソコンやスマートフォンを利用したオンラインでのカウンセリングに対応しているところもあります。
留学時期や国についてあらかじめ相談しておくことで、今後の事態に応じて何をしておくとよいのか確認できるでしょう。

また、留学エージェントのパンフレットでも情報収集できるので、留学・ワーキングホリデーを予定している方はぜひご利用ください。

留学・ワーホリに向けて動き出すなら パンフレットもらう

外務省などの最新情報を随時確認しましょう

海外渡航に関する情報は毎日のように情報が更新されています。
デマや噂に振り回されないよう外務省や文部科学省などから発表された公的な情報を確認し、正しい情報を収集するようにしてください。

各省庁の最新情報

各国の日本国大使館

また、行きたい国が決まっている方は外務省の各国最新情報を受け取れるサービス「たびレジ」への登録もおすすめです。
感染症だけでなく自然災害や治安情報、デモの状況など現地で安全に生活するための情報をメールで入手することができます。

たびレジについて詳しく見る

まだ具体的な留学時期を決めていない方

まだ具体的な計画を立てていないのであれば、パンフレットを取り寄せて留学先をじっくり検討しましょう。
留学時期・国について決めにくい状況ではありますが、パンフレットの取り寄せであれば今からでも行うことができます。

パンフレットでは各留学エージェントのサポート内容やプログラムの詳細がわかります。
各留学エージェントをパンフレットで比較し、不明点・不安な点などがあれば留学エージェントにご相談ください。

留学・ワーホリに向けて動き出すなら パンフレットもらう