利用者 52 万人突破!

(2021年9月19日更新)

閉じる

オーペアUSA

オーペアUSA
日本人少ない
女性向け
\ このプログラムが気になったら /パンフレットを見てみたい!

アメリカ人ファミリー宅にホームステイし、ホストファミリーの子供達の世話をしながら家族の一員として過ごす1年間の米国国務省認定プログラム。オーペアには、ホストファミリーから1人部屋と食事が提供され、プログラム規定による単位取得に必要な学費の補助も(カレッジでの受講・上限あり)。国際線の飛行機費用や手当が支給されますので、費用をおさえた長期滞在を可能にします。子供好きな方におすすめのプログラムです。

エージェント名異文化交流推進ネットワーク
国/都市アメリカ/ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、ボストン、ワシントンD.C.、ラスベガス、サンディエゴ、サクラメント、シカゴ、フィラデルフィア、フェニックス、マイアミ、アトランタ、オースティン
目的ホームステイ/長期留学/オーペア・ナニー
コースについて
オーペアUSA(IEN提携・現地日本人スタッフによるサポートあり) 178,000円(365日)
オーペアUSA 132,000円(365日)
費用に含むもの航空券/食事/宿泊
その他費用に含むもの

・国内選考費用  ・オンライン事前研修  ・オーペア登録、手続きに係るサポート ・12ヶ月間の米国医療保険(プログラム期間内)  ・J-1ビザ申請サポート  ・現地サポート(エリアコーディネーター/プランによりIEN提携日本人スタッフによるサポートもあり) ・出発前オリエンテーション実施  

留学プログラム No.4606

Points

  • アメリカ人ホストファミリーや他のオーペア参加者と国際交流できる!
  • アメリカでのチャイルドケア経験をもとに、他国でのオーペアにもチャレンジできる!
  • 現地サポート付きで安心&手当支給によりリーズナブルにアメリカに長期滞在できる!

子供が好き、人と交流するのが好きな方に!アメリカ長期滞在が可能なオーペアUSA

◆オーペアUSAプログラムとは…

1年間※ホストファミリーの子どもの世話や家事手伝いをしながら、アメリカの文化を学ぶ米国国務省認定の異文化交流プログラムです。滞在費・食費がかからないため、費用をおさえてアメリカに長期滞在することができます。しかも、プログラム完遂に必要な単位取得のための学費補助(上限あり)や手当が支給され、有給休暇の規定もあるので、オーペアとして仕事をしながら学んだり、楽しんだりと充実した生活を送ることができるでしょう。
各国から参加している他のオーペアと異文化交流する機会を持つこともでき、エリアコーディネーターによるサポート付きで安心です。
※2年目の延長可能

◆オーペアのお仕事は…

ホストファミリーの子供達のお世話(食事、入浴、洗濯、遊び、部屋の片づけなど)、学校や習い事などの送迎、自室の掃除・整理整頓、子供が病気や休校などで家にいる間は必要に応じて一緒に過ごすなど。候補ホストファミリーとのマッチング・インタビューにて、仕事内容や仕事の時間について事前に確認することができるので安心(オーペア同意書を作成、署名します。)。

◆オーペアに提供されるものは…

① ホストファミリー宅での1人部屋と食事
② 手当の支給(週給)
③ ローカル・コーディネーターのサポート
④ 休日-毎週1日半及び毎月1回完全に週休2日(金曜の夕方から月曜の朝迄)
⑤ 期間中に最大2週間の有給休暇
⑥ プログラム完了条件である大学・カレッジなどで6単位取得するための学費補助(上限$500)
⑦ ファミリーの一員として一緒に外出、祝日やイベントに参加。近隣の他のオーペアとの交流もあり。
⑧ プログラム期間中の医療保険(12ヶ月間)
⑨ プログラム終了後、最長30日間滞在が可能
⑩ 国際線往復航空券 ※復路提供はプログラム完遂が条件

◆オーペアUSA参加条件

中級以上の英語力(コミュニケーション力重視)、チャイルドケア経験(最低時間数の規定あり/要推薦状)、犯罪歴がなく心身ともに健康であること等。

◆英語力が不足している方/チャイルドケア経験が不足している方

条件を満たすためにどのように準備が必要か、個別にアドバイスしています。まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。

この留学プログラムの特徴まとめ

向いている人は?

初心者

キャリアアップ

必要な語学のレベルは?

話せなくても大丈夫

ある程度は必要

アクティビティの多さ

少ない

多い

メジャー度

人とは違う

人気

\ このプログラムがよくわかる /パンフレットを見てみたい!

関連の留学情報