利用者 51 万人突破!

(2021年7月27日更新)

アメリカ大学・大学院奨学金留学プログラム

アメリカ大学・大学院奨学金留学プログラム
人と違うことがしたい
異文化にふれたい
就職に有利
\ このプログラムが気になったら /パンフレットを見てみたい!

★アメリカ大学奨学金留学プログラム:この奨学金は、米国の大学から支給され、将来にわたって返済義務がありません!経済的な不安で留学をあきらめず、チャレンジしませんか?
★Work & Study働きながら学ぶ大学院留学(MBA留学):日本人留学生に人気で、仕事を探しやすいニューヨーク・ロサンゼルス・サンフランシスコで働きながら、MBA取得を目指してみませんか?
★アメリカ奨学金留学(1年間留学&休学留学プラン):アメリカの大学やコミュニティ・カレッジへの正規留学で、1年間の休学留学・認定留学でも奨学金が支給されるプランです!

エージェント名国際交流サポートセンター
国/都市アメリカ/ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ
目的語学留学/大学留学/長期留学/大学院留学/休学・認定留学/社会人留学
コースについて
アメリカ大学アカデミック奨学金留学プログラム 620,000円(1460日)
アメリカ奨学金留学(単独出願プラン) 180,000円(1460日)
テキサス州奨学金留学プログラム 220,000円(1460日)
Work & Study働きながら学ぶ大学院留学(MBA留学) 200,000円(730日)
費用に含むもの
その他費用に含むもの

大学のカウンセラーによる進学先相談

留学プログラム No.753

Points

  • 将来に渡って返済義務のない無償奨学金☆
  • 留学費用(授業料・寮費・食費の合計額)が50%OFF、英語コースを含めて卒業まで支給される!
  • アメリカ全土、コミュニティカレッジ・4年制大学・大学院までカバー!

アメリカ大学スカラシップ・プログラム

<<アメリカ大学アカデミック奨学金留学プログラム>>
この奨学金プログラムは、米国の大学で学ぶ意志を持つ学生に、経済的な支援を行ない、なお且つ大学留学までをサポートするプログラムです。提供する奨学金は、米国の大学から支給され、将来にわたって返済義務のない無償供与のみを対象としています。

応募資格
*大学入学時の年齢が18歳以上25歳以下の健康な男女
*高校3年生の学生
*高校卒業者
*大学生(アメリカの大学に編入が可能な学生)
*大学卒業者

募集人数
2022年8月入学:125名程度

奨学金支給額
奨学金は年間の授業料及び滞在費(食費を含む)の50%以上が支給され、在学中は毎年、卒業まで継続的に奨学金が支給されます。現金での支給ではなく、留学生対象の学費・寮費が半額で請求される形になります。

奨学金支給大学
*リベラルアーツ・カレッジ
*州立大学
※アイビーリーグ等のトップランクの私立大学、カリフォルニア州・ニューヨーク州・マサチューセッツ州等日本人に人気のある州立大学は含まれません。

アメリカ奨学金留学プログラム(単独出願)
奨学金を支給するリストの中から、ご希望のコミュニティカレッジ・大学・大学院を選択し、出願するプラン。
お薦め留学プラン
テキサス州奨学金留学プログラム
①テキサス州内4年制大学直接入学
②テキサス州コミュニティ・カレッジ⇒4年生大学編入(奨学金プラン)
1.渡航前のオンラインコース受講(4~8ヶ月):ESL及び正規クラスを日本で受講して単位を取得し、留学期間と生活費を大幅節約!
2.コミュニティカレッジ就学:学費が非常に安いテキサス州のカレッジに就学(学費年間$5,000程度)
3.4年生大学へ編入:テキサス州内の大学を始め、奨学金を支給する大学への編入をサポートします!
4.学士号取得⇒OPTで就労
5.大学院留学:奨学金が支給される大学院あるいは働きながら学ぶ大学院留学
テキサス州立大学奨学金制度
★Tuition Waiver(州内学生授業料):テキサス州の州立大学で奨学金を受けると、それぞれの大学の判断でTuition Waiverが適用されるというルールがあります。このルールを適用を受けるには、大前提として一定額以上の競争ある奨学金を獲得する必要があります。幸いにして、大半のテキサス州内の州立大学が、Tuition Waiverの適用につながる奨学金(年間$1,000~$4,000)を持っています。
★Transfer Scholarship(編入奨学金):テキサス州内の多くの州立大学が、テキサス州内のコミュニティ・カレッジ卒業生(Associate Degree取得者)にトランスファー奨学金(通常$1,000~$3,000)を授与しており、併せて、上記のTuition Waiverルールが適用されます。

Work & Study働きながら学ぶ大学院留学(MBA留学)
アメリカの大学・大学院で学位へ留学する、MBAの学位を取得するのは経済的に非常に困難です。
日本あるいはアメリカの大学を卒業後、また大学卒業後に一度社会に出て実務経験を積んだ方、更なるキャリアトレーニングとキャリアアップを目指して、アメリカでMBA留学を目指してみませんか?
このプログラムは入学後の最初の学期よりCPTを活用し、フルタイムまたはパートタイムで働きながら、ビジネスやマネージメントを学び、MBA取得を目指しています。働きながら修士課程を履修することで、学位と就労経験を同時に取得し、留学期間と留学費用を節約できます。
CPTとは?:フルタイムで就学している留学生が、大学の専攻カリキュラムの一環として就業経験をするためのプログラムです。専攻している学問分野に関連する職種に限られ、パートタイムまたはフルタイムの就労が可能です。

Westcliff University https://www.westcliff.edu  カリフォルニア州アーバイン
入学日:年6回 英語力:TOEFL71/IELTS6.5/PTE50 学費(年間):$14,000
奨学金:オンライン・コースの授業料25% OFF ※渡航前にオンライン・コース開始で早く卒業できる!
滞在方法:学生寮(アパート)

Lincoln University  http://www.lincolnuca.edu  カリフォルニア州オークランド
入学日:3学期制(1月・5月・9月) 英語力:TOEFL69/IELTS6.0 学費(年間):$9,000
滞在方法:学生アパート(オフキャンパス)

Monroe College   https://www.monroecollege.edu  ニューヨーク市
入学日:3学期制(1月・4月・9月) 英語力:TOEFL69 学費(年間):$14,976
奨学金:年間$2,000~$5,000
滞在方法:学生寮

卒業後はOPTを活用し、アメリカで1年間働くことが可能です。
アメリカでの就職、就労ビザ取得は発給制限もあり、かなり厳しい状況ですが、大学院発給枠があり、MBA取得者でアメリカでの職歴のある方には有利です!

この留学プログラムの特徴まとめ

向いている人は?

初心者

キャリアアップ

必要な語学のレベルは?

話せなくても大丈夫

ある程度は必要

アクティビティの多さ

少ない

多い

メジャー度

人とは違う

人気

\ このプログラムがよくわかる /パンフレットを見てみたい!

関連の留学情報