利用者 43 万人突破!

(2019年11月18日更新)

中国留学で必要な費用の目安

中国留学の費用
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットもらう
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

学費や滞在費、生活費に加え、中国への渡航費などを含めた留学費用は1か月で20~40万円、1年間で100~200万円ほどです。
大学や大学院の学費は安いですが、高校留学の場合はさらに費用がかかる場合があります。

また、中国は地域ごとの格差が激しく、滞在する都市によってかかる費用が大きく変わってきます。
都心部ではなく少し郊外に滞在したり、学費が安い学校を選んだりすることで留学費用を安く抑えることができます。

パンフレットもらう

1か月 3か月 半年 1年
20万~40万 40~60万 80~120万 100~200万

めまぐるしい発展を遂げている中国は、経済でも言語でも文化でも注目を集めていますよね!観光地としての見どころも多く、滞在中は勉強以外にも楽しめる要素がたくさんあります。また、滞在都市によって雰囲気はがらりと変わるので、さまざまな都市を訪れて違いを見てみるのも楽しみ方のひとつです。

中国への留学費用は、人気の欧米諸国よりも安く済むので費用が心配な方にはおすすめです!物価も安いので、生活費や食費も抑えることが可能ですよ♪

ここでは、中国に語学留学する際の期間別の費用をご紹介しています。費用に含まれているのは語学学校への入学金や授業料、滞在料です。これらの費用とは別にお小遣いや渡航費、海外保険料なども必要になるので、留学の基準として参考にしてください。

パンフレットもらう

中国留学で必要な費用の内訳

中国留学で必要な費用の内訳《渡航費・学費・滞在費・生活費・交通費》

留学費用の種類 費用の目安 お得な情報
渡航費(往復) 2~10万円 時期を絞ることで片道1万円以内で行くことも可能
学費(1か月) 3~15万円 大学の語学コースを利用すれば年間通しても25~40万程度
滞在費(1か月) 2~8万円 寮の2人部屋やルームシェアにすることでかなりお得に♪
生活費(1か月) 2~6万円 生活費は滞在する都市によって大きく異なる

渡航費は旧正月(春節)を避ければ往復で3~6万円ほど

出発地や到着地によっても異なりますが、渡航費は往復3~6万円ほどを目安と考えておくと良いでしょう。
中国は日本から距離が近く利用できる空港も多いので、LCCなどの格安航空券を利用すれば片道1万円程度で渡航できる場合もあります。
乗継便であれば、もっと安い費用で探すこともできるでしょう。

福岡から上海であれば2時間、東京から北京であっても4時間ほどで行くことができるのも嬉しいですよね♪

また、中国の旧正月(春節)の時期は中国からの観光客が多くなるため、渡航費が高くなる傾向にあります。
留学時期を変更できるのであれば、1月下旬から2月にかけての渡航は避けることをおすすめします。

目的別でみる中国留学の学費

留学の目的 学費の目安
語学留学(1か月) 4~10万円
高校留学(1年間) 70~170万円
大学留学(1年間) 30~60万円
大学院留学(1年間) 40~80万円

中国留学の学費は、その目的や滞在する都市によっても大きく変わってきます。
大学での語学留学であれば1年間で15,000~25,000元(約25~40万円)ほどですが、語学スクールに通う場合は1コマごとに授業料が設定されていることもあります。

レッスン方法が個人か集団かでも異なりますが、1コマ(60分)あたり150元前後が目安です。
コマ数によっては割安になったり土日は高かったりするスクールもあるので、いろんな条件を比較して決めることをおすすめします。

>>中国の高校留学について詳しくはこちら
>>中国の語学留学について詳しくはこちら
>>中国の大学留学について詳しくはこちら

滞在費は寮によってかかる費用がさまざま!

中国留学での滞在方法は学校の寮(宿舎)に入ったり、ホームステイしたりマンションをシェアしたりとさまざまです。
プログラムを利用するのであれば、学費や滞在費、食費などが込みのものもあるので、留学にかかる総額を把握しやすくなります。

≪寮の場合≫
寮は1人部屋と2人部屋から選択でき、もちろん2人部屋のほうが割安になります。
寮費は1日あたり30~150元(約500~2,500円)だったり、1学期で6,000元(約10万円)と定められていたり、大学によっても異なります。

≪ホームステイの場合≫
ホームステイは宿泊費と食費を合わせて1週間あたり1,500~2,000元(約2.5~3万円)ほどです。
プランによっては食事なしを選べる場合もあります。

>>中国のホームステイについて詳しくはこちら

生活費は都市によって大きく異なる!

中国は物価も低いため、自炊でも外食でも日本で生活するよりは費用を抑えることができます。
ただし、上海のような都市だと日本とあまり変わらないため、1か月で5万円ほどは用意しておくようにしましょう。

また、ローカルの食堂や露店でご飯を食べるとすれば1食あたり10~20元(約200~400円)ほどですが、日本人向けのお店であればその数倍はかかります。
滞在する都市によって必要な生活費がまったく異なるので、事前にしっかり下調べをしてくださいね。

公共交通機関が安く利用できるので、交通費は抑えめ

中国は交通費が日本よりも安いため、交通費はあまりかかりません。 寮滞在であれば、学校も徒歩圏内ということが多いです。

≪タクシーの場合≫
一般的なタクシーであれば上海の初乗りが14元(約230円)ですが、都市によっては10元(約170円)以下の地域もあります。

≪バスの場合≫
バスは区間制だったり一律だったりといろいろな種類がありますが、一律であれば2元(約30円)からとかなりお得です。

≪地下鉄の場合≫
地下鉄も同様に安く、距離ごとに費用が定められています。
例えば6km以内であれば3元(約50円)、6~12kmであれば4元(約70円)と安いので、留学中はいろんな交通手段を使って観光地巡りをするのもオススメですよ♪

中国留学で奨学金はもらえる?

中国留学で利用できる奨学金制度はいくつかあり、年齢制限や期限などの条件もさまざまです。

代表的なものには「中国政府奨学金」や日本の文部科学省による「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」、日本学生支援機構による奨学金制度などがあり、中国の大学や大学院をお考えであれば応募できる奨学金制度の幅が広がります。

語学留学のみで奨学金制度を利用するのは難しいですが、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」のようにボランティアやインターンシップも対象となる奨学金制度もあるので、自分が該当する奨学金制度がないか早めに調べておきましょう!

パンフレットもらう

中国の留学プログラムを見る

留学プログラムを選ぶポイント

留学プログラムを選ぶ際に重要となるポイントは、留学プログラムに含まれる費用内訳と、留学エージェントのサポート内容です。お金だけでなく総合的な視点で自分に合ったものを探していきましょう。

留学プログラムに含まれる費用内訳を確認

プログラムによっては食費や宿泊費などが含まれているものがあります。そのほうが楽でお得♪という人もいれば、せっかくだから自分の思うように滞在したい!という人もいるでしょう。お金だけでなく、内容の面でも満足できる留学にするために、プログラムに含まれる費用内訳を確認し、具体的にイメージして選びましょう。

留学エージェントのサポート内容を確認

留学プログラムを提供している「留学のエージェント」は、留学先の手配や留学中のサポートなどを行う代理店のことです。 現地の情報に精通していたりサポートが充実していたりといろんなメリットも♪複数のエージェントを比較するのがおすすめです!

中国の留学プログラム

プログラムをもっと見る

留学経験がこれからの時代を生き抜く強力な武器に!

世界で一番人口が多く、巨大なマーケットとして注目を集め続けている中国。当然中国語を話せる人材を探している企業も多いです!特に現地の生の声や中国人の感覚を知っている留学生は、どこの企業からもひっぱりだこになりますよ★ 実際に行ってみるととってもホットな国で、勉強だけじゃなくとっても刺激になりました!中華料理もおいしいし(笑)

中国の大都市、上海の学校だったので学校の後に遊びに行く場所には困りませんでした!中国の若者が集まる日本でいう渋谷みたいな大きなファッションストリートがあるので、学校でできた友達と一緒に毎日食べ歩き♪ お買い物や会話も意外と筆談でできちゃいます!だって漢字だから、中国語がうまくなくてもなんとかなるもんです(笑) 中国はとにかく広いから、休日や時間ができた時には北京など遠くにも足を伸ばしました♪ちょっとした旅行気分も味わえますよ★

中国では中国語はもちろん英語もよく使われるので、総合的に見てかなり語学力のアップが見込めます!将来のことを真剣に考えている人にはぴったりの留学先♪現地の人たちの情熱や真剣さには刺激を受けるはず! もちろん「本場の中華が食べたいから」なんて理由で決めちゃうのも全然OK♪この経験はきっと人生で大きく役に立つはずですから(^^)

パンフレットもらう

中国留学関連情報