留学をお考えの方、必見!「トビタテ!留学JAPAN」についてチェックしよう【留学くらべ〜る】

利用者348,927人突破!(2018年02月21日更新)

カート

0
留学くらべ〜る編集部 2017.05.22

留学をお考えの方、必見!「トビタテ!留学JAPAN」についてチェックしよう

留学をお考えの方、必見!「トビタテ!留学JAPAN」についてチェックしよう

目次

現在募集中の「トビタテ!留学JAPAN」奨学金コース

平成29年12月7日(木)より、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムで大学生・大学院生等を対象とした奨学金の募集が開始されています。

こちらでは、現在応募が可能な「トビタテ!留学JAPAN」のコースについてご紹介!
学生での留学をお考えの方はチャンスなので、ぜひご覧ください♪

大学生・大学院生等が応募できるコース

項目 概要
募集期間 平成29年12月7日(木)~平成30年3月2日(金)
募集人数 ●理系、複合・融合系人材コース:220名
●新興国コース:80名
●世界トップレベル大学等コース:100名
●多様性人材コース:100名
応募基準 ●大学全国コース:日本学生支援機構の第二種奨学金における家計基準を満たす学生
●大学オープンコース:日本学生支援機構の第二種奨学金における家計基準を超える学生
最終的な採否結果通知 平成30年6月中旬
留学開始期間 平成30年8月11日(土)~平成31年3月31日(日)

上記のコースは、大学全国・大学オープンコースの平成30年度後期(第9期)の募集です。
応募時には、自分が所属する大学などの教育機関を通す必要があります。

大学・大学院生等コースの対象

  • 大学
  • 大学院
  • 短期大学
  • 高等専門学校(第3年次以上で専攻科を含む)
  • 専修学校(専門課程)

に在籍している日本人が応募の対象となっています。
募集要項は、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムのサイトおよび文部科学省のページを参考にしてくださいね!

>>文部科学省による平成30年度・第9期派遣留学生(後期)の募集について

高校生が応募できるコース

項目 概要
募集期間 平成29年10月2日(月)~平成30年4月26日(木)
募集人数 ●テイクオフ(新高校2~3年生向け):100名
●テイクオフ(新高校1年生向け):50名
●ショート:90名
●ロング:20名
●プロフェッショナル:80名
※未来テクノロジー人材枠含む
●スポーツ・芸術:80名
●国際ボランティア:80名
留学開始期間 平成30年7月1日(日)~平成31年3月31日(日)

高校生が応募できるコースは、募集されている分野がさまざま!
プロフェッショナル分野では、将来テクノロジー系の仕事などに関わりたいと考える学生を対象とした「未来テクノロジー人材枠」が新しく募集を開始しました。

利用できるのは合計で500名ですが、高校生で利用できる奨学金制度はかなり貴重です。
高校在学中に留学をお考えの方は、ぜひ応募してみてくださいね♪

高校生コースの対象

トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】に応募できるのは、

  • 高等学校
  • 中等教育学校後期課程
  • 特別支援学校高等部
  • 高等専門学校(1~3年次)
  • 専修学校高等課程

に在籍している日本人です。
その他にもいくつかの条件があるので、文部科学省による詳細もしっかり確認するようにしましょう。

>>文部科学省による平成30年度・高校生コースの募集について

支援に至らなくても可能性が残っている奨学金コースがある!

「応募をしたけれど対象にならなかった…」という場合でも、まだ応募ができるコースがあるのをご存知ですか?

平成30年度の募集で残念ながら対象にならなかった場合、

  • トビタテ!オーストラリア・クィーンズランド州留学枠 大学生等コース
  • トビタテ!オーストラリア・クィーンズランド留学枠高校生コース

に応募することも可能なんです!

最初の応募のときにオーストラリア・クィーンズランド州以外の留学先を選んでいても、変更が可能!
オーストラリアは留学人気国でもあるので、ぜひ検討してみてくださいね♪

「トビタテ!留学JAPAN」について

トビタテ!留学JAPANとは、若者の海外留学を促進するために、文部科学省が2013年から開始したキャンペーンのことです。

世界で活躍するグローバルな人材を育てるための取り組みの一環として、政府のみならず、各分野で活躍する人々や民間企業の協力も得ながら運営されています。

「トビタテ!留学JAPAN」ってどんな取り組みをしているの?

「トビタテ!留学JAPAN」が行っている大きな取り組みのひとつが、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」という海外への留学生に対する奨学金制度です。

「留学」の中には、大学などの教育機関への就学はもちろん、インターンシップやボランティアといった実践的な活動も含まれています。

また、プログラム内容によっては留学前後の研修まで提供することも。
費用の面のみならず、留学全体をバックアップするさまざまな支援が行われているんですよ♪

「トビタテ!留学JAPAN」には留学の体験談やアドバイスが探せる留学大図鑑も!

「トビタテ!留学JAPAN」では、留学を考える人たち向けに、留学体験者の体験談やアドバイスなどをまとめた留学大図鑑をサイトにて公開しています。

実際の留学体験談から留学にいたった動機、留学のスケジュールなども紹介されており、また留学者の体験談は国別でまとめられています。

さらに、語学力や費用、滞在先などに関するお悩みへの解決法も掲載されているので、「留学をしたいけど、なかなか情報が集められない…」という方にとって心強い内容になっているんですよ!

>>「留学大図鑑」はこちらから

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」について

「トビタテ!留学JAPAN」が取り組んでいることのひとつに、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~(以下「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」)という制度があります。

2014年から始まった制度で、日本の高校生や大学生を各国に派遣留学生として送り出しています。
2020年までに約1万人の留学生を派遣することを掲げており、これまでにも多くの留学生が支援を受けて海外へ飛び立っているんですよ♪

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、インターンシップやボランティアも対象

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の大きな特徴に、以下のような点があります。

  • 交換留学などのアカデミックな留学だけでなく、インターンシップやボランティア、その他研究やフィールドワークなどの実践的かつ多様な活動を支援している
  • 留学の計画を、自分自身で立てることができる
  • 留学前後の研修が充実している
  • 奨学金の支給が手厚く、返済の義務もない
  • 募集にあたって、成績や語学力などの基準を設けない

以上のような点を重視して、留学生を幅広くサポートしています。

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」にはどのような人が応募できるの?

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では多くの留学生を支援していますが、プログラムへの応募要件は以下のように定められており、すべての人が応募できるわけではありません。

  • 応募資格:日本の高校、大学に在籍する学生(社会人は不可)
  • 応募年齢:留学を開始する年度の4月1日に30歳以下であること
  • 原則として、「日本学生支援機構」の国内向けの第二種奨学金に掲げる基準を満たす学生
  • 語学研修のみの留学計画は対象外
  • 在籍している教育機関を通した応募に限る

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」で支給される奨学金について

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の特徴のひとつに、充実した奨学金制度があげられます。
具体的な奨学金の内容はどのようになっているのでしょうか?

支給される奨学金の内容

たとえば、平成29年度に募集が行われた「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の奨学金内訳では、

  • 月額12~16万円の奨学金
  • 15~25万円の留学準備金
  • 1年内の支援で30万円、1年を超える支援で60万円(大学・大学院への留学生のみ対象)

といった金額が支給されることになっています。

一般的な留学プログラムの中には、渡航費などの留学準備金や授業料の支給がなかったり、就学目的の学生のみが支給対象となっていたりするものもあります。

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では、月々の支給以外にも費用を負担し、またインターンシップなど就学以外の目的でも支給対象となるなどの充実した内容が魅力的です!

上記以外にも、細かな規定が設定されているので、詳細は「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」のサイトをご覧ください。

ALT

「トビタテ!留学JAPAN」では、世界に羽ばたく留学生を手厚く支援しています!

いかがでしたか?

「留学をしたいけど、費用の負担が大きい…」「現地での生活ってどんな感じなんだろう?」「留学体験者の実際の話を聞いてみたいけど、周りに経験者がいない」。
留学を考える中で、さまざまな悩みや不安が出てきますよね。

「トビタテ!留学JAPAN」では、留学を夢見る学生たちをさまざまな面からサポートする体制をとっています。
留学に興味のある方、実際に留学を検討している方は、ぜひ「トビタテ!留学JAPAN」の制度の利用もお考えください!

出典:トビタテ!留学JAPAN

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img