利用者 40 万人突破!

(2019年2月23日更新)

ブラジル一のカポエイラ街!サルヴァドール

ブラジル サルヴァドール留学

澄み切った青い夜空とミニチュアのようなかわいらしい家々が立ち並ぶ街サルヴァドール。 ダンス格闘技カポエイラが盛んで、本場のカポエイラを習いたい人がよく留学してくるエリアです。 今回はサルヴァドールの留学を楽しむポイントをお伝えしちゃいます♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

ブラジル-サルヴァドール留学の特徴

  • 黒人が多く、アフリカンな雰囲気♪
  • 本場のカポエイラがライブで見れる!
  • 荘厳なヨーロッパ建築のある上町周辺★

サルヴァドールはバイーア州の州都なので「バイーア」と呼ばれることもあり、旧市街は世界遺産に登録されているほど綺麗な街並みです♪
また、街には今でも黒人がとても多いのが特徴です。

そしてサルヴァドールは、日本でも最近人気が出てきているカポエイラ発祥の地です。
ダンスと格闘技をミックスしたカポエイラを、本場で見るのはまさに圧巻!
カポエイラを本格的にやりたい人は、サルヴァドールに留学しましょう。

広場でのカポエイラは有料ショーです!!

サルヴァドールの街中では、あちこちでカポエイラのショーが行われています。

「記念に写真を1枚!」と思ってシャッターを向けると、すぐにお金を要求されます。
カポエイラのショーは、日本でいうところの「おひねり」が必要なんです。

金額は見学だけの場合、R$3(約135円)。
写真撮影の場合、R$5~10(約225~450円)。

写真撮影は少し高いのでどうしても撮影したい場合を除いて、避けた方が無難。
お金を払う場合でも、写真を撮る時は一声かけましょう。

リボン売りの女性には要注意!

サルヴァドールは大きく分けて、上町と下町に分かれています。

上町にあるペロウリーニョ広場周辺には市場やお土産物屋さん、露店などがたくさんあります。
荘厳なヨーロッパ建築のバジリカ大寺院も、ぜひ訪れたい観光スポットです。

ただし、注意したいのがフィタと呼ばれる願い事が叶うリボンを売っている女性たち。
いきなりリボンを巻いてくるので「リボンをくれたかな?」と思いきや、「巻いてあげたんだから土産物を買って」と言われることがほとんど。

留学生は特に狙われやすいですので、リボンはハッキリと断るようにしましょう!

ブラジルでしか食べれない!アカラジェ

白いレースの服を来たお母さんが、アカラジェを売っていたらぜひ食べてみましょう♪

バイーアを代表する料理で、ツルマメを練ったものをヤシの油で揚げたパンのような生地に、エビやオクラ、ピリ辛の唐辛子のドレッシングをかけたトマトなどの野菜をサンドイッチしたもの!

ただし、はじめて食べる人は、1口だけ食べてしばらく様子をみてください。
アカラジェはおいしいので全部食べたいところですが、人によってはヤシの油と唐辛子のドレッシングが合わないこともあるからです。

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

ブラジル留学で人気の都市は?

サルヴァドール留学のプログラム

プログラムをもっと見る

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する