利用者 47 万人突破!

(2020年10月28日更新)

エスポー留学するなら!費用やメリット、基本情報など

エスポー留学するなら!費用やメリット、基本情報など
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

フィンランドのエスポーは、世界的な企業が集まる工業都市。
ノキアやネステなど有名メーカーの本社があり、ビジネス街特有のパリッとした空気が流れています。

その一方で郊外には自然が広がり、トレッキングやハイキングを楽しむことも。
エスポーでは、都会らしさと豊かな自然の両方が満喫できるんですよ!

ここでは、そんなエスポーの留学情報について詳しくお伝えしていきます。

パンフレットを見てみたい!

エスポー留学の体験談

2018.08.24

【体験談】フィンランドで高校留学!教育や言葉の違いに驚く日々でした

体験談をもっと見る

エスポー留学のメリットと特徴

  • 学生街なので友達ができやすい
  • 自然の中でゆったりと生活できる
  • アクセスがよく首都まで出やすい

フィンランドのエスポーは、知名度こそ高くないものの留学生活を送るには最高の街なんです。

自然が多くのどかで、美術館や博物館などの施設もたくさん。
首都ヘルシンキまでは電車で15分の距離にあるので、都市部まで簡単に出ることもできます。

のどかな暮らしを満喫しながらも、都会的な楽しさも味わえるのが嬉しいですよね!

ここでは、あまり知られていないエスポ-留学の特徴やメリットを3つご紹介します。

学生街なので友達ができやすい

エスポーはフィンランドの学生街で、アールト大学を始めとして多くの大学や専門学校が集まります。
そのため学校同士の交流会や街のイベントで、他の学生と知り合うチャンスがたくさんあるんです!

せっかく留学するなら、現地の学生や留学生と積極的にコミュニケーションをとりたいですよね。

学生街のエスポーでは、努力次第で多くの人と出会えるんです。
現地で友達を作って、英語だけでなくフィンランド語を磨くのも楽しそう!

自然の中でゆったりと生活できる

エスポーには、自然スポットのヌークシオ国立公園があります。

フィンランドの中でも人気の観光地で、特に春から夏にかけては観光客で大賑わい。
美しい湖と森に囲まれた公園へは、エスポー駅からバスに乗り30分で行けるんです!

透明な湖は、映画「かもめ食堂」の舞台にもなった日本でも有名な場所。
エスポーで留学をすれば、こんな美しい場所にいつでも行けるのが嬉しいですね。

1人でのんびりしたいときは、エスポーの自然に癒されるのがよいですよ。

エスポー留学

アクセスがよく首都まで出やすい

エスポーは、首都ヘルシンキまでアクセスがよいのも魅力です。
電車を使えば、直通15分程度でヘルシンキまで移動できます。

「シティライフは送りたいけど、自然豊かな場所でも過ごしたい」という方は、エスポーで留学生活を送りたまにヘルシンキに行くのがおすすめ!

2017年には地下鉄が開通し移動がより便利になったので、留学中は快適に生活できることでしょう。

エスポー留学

エスポーが気になったら パンフレットを見てみたい!

エスポー留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約13万円~約21万円
1ヶ月 約24万円~約44万円
6ヶ月 約104万円~約199万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用の目安
合計 約32万円
航空券(往復) 11万円
語学学校 5万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 9万円
おこづかい 5万円
海外旅行保険 2万円

エスポーで1ヶ月の語学留学をした場合の費用目安は約32万円です。

ただ、これよりも授業時間の短いコースも多く、1週間に2時間程度のコースでは学費を最低1万円からに抑えることも。
隣町のヘルシンキ大学では3ヶ月で2.5万円程度のコースもあり、それぞれの学校のカリキュラムによって学費はさまざまです。

生活費は首都ヘルシンキよりも安く抑えられることもできますよ!

エスポーの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.23ユーロ(約150円)
マクドナルドのセット 7.75ユーロ(約942円)
最低賃金 規定なし

※2020年1月時点
参考:NUMBEO

エスポーの物価は、首都ヘルシンキと比べると低めです。
とは言ってもフィンランドは国全体で物価が高いので、日本で生活するよりはお金がかかると思っておくと間違いないでしょう。

特にタバコやアルコールの値段が高いので、留学中は嗜好品を控えめにするのがよさそうですね。

またフィンランドは政府によって最低賃金が定められておらず、外国人向けの求人も少なめ。
エスポーでの仕事探しは難易度が高いので、事前に余裕を持って留学費用を準備しておくことが大切です!

フィンランドの留学費用についてもっと見る

パンフレットを見てみたい!

エスポーの基本情報

エスポーは、ヘルシンキから電車で15分の距離にある街。
市内には世界を代表する企業の本社が集まり、観光地と比べて落ち着いた環境が特徴です。

またハイキングやトレッキングコースが整備され、自然と触れあえるのもエスポーの魅力!
自然豊かなエスポーで暮らしながら、ヘルシンキに通学をする人も少なくありません。

ここでは、エスポーで留学する際に知っておきたい基本情報をまとめました。

項目 詳細
都市名 エスポー/Espoo
国名 フィンランド/Finland
ウーシマー県/Uusimaa
公用語 フィンランド語
面積 312km²
人口 283,632人 ※フィンランド統計局(statistic finland)調査
通貨 ユーロ(€)
日本からのアクセス 成田空港から直行便で10時間15分(ヘルシンキ・ヴァンター空港)
日本との時差 -7時間 ※サマータイム時は-6時間

エスポーに日本人は多い?少ない?

少なめ

エスポーの日本人比率はそこまで高くなく、ヘルシンキと比べると日本人を見かける機会は少なめ。

ただ、エスポーには世界的な企業が多く集まるので、仕事で訪れる日本人はちらほらといます。
また時期によってはアールト大学にも日本人留学生がいるので、留学生同士のコミュニティで関わる機会もあるかもしれません。

エスポー生活中に日本人が恋しくなったら、すぐ近くのヘルシンキまで行くのがよいでしょう。
ヘルシンキには在住日本人が多く、日本人によるコミュニティもあるんですよ!

エスポーの治安は?

良好

エスポー含め、フィンランドの治安は良好です。
女性の1人旅も珍しくなく、留学中に危険を感じることはほとんどないでしょう。

特にエスポ-は大企業や研究所が集まるエリアなので、住民は落ち着いた人が多いです。

ホームレスや物売りも少なく、怪しい人はめったに見かけません。
必要最低限、貴重品の管理には気をつけるようにしましょう!

エスポーの気候

エスポーの気候

エスポーの気候は、夏は涼しく冬は寒いのが特徴です。
最も寒い1月〜2月では、最低気温がマイナス10度近くまで下がります。
コートやダウンジャケットはもちろん、マフラーや手袋などの防寒具がないと厳しいでしょう。

最も暖かい7月8月でも、最高気温は20度前後。
エスポーに留学する際は、寒さに耐えられる服装を万全に準備しておくことが大切です!

日本からたくさんの防寒具を持っていくのが面倒だという方は、現地のショッピングセンターで調達するとよいですね。

エスポー留学のよくある質問

エスポー留学はどんな人におすすめ?

エスポー留学は、「都市」と「自然」の両方を楽しみたい方におすすめ!エスポーは、首都ヘルシンキまで電車で15分で行ける場所にある街です。そのため、平日でも学校帰りにフラッと都心まで遊びに行けるんですよ。アクセスがよいにも関わらず、緑豊かな自然に囲まれているのがエスポーの魅力でしょう。

エスポー留学で必要なものは?

エスポーでは、大抵の日用品が手に入ります。そのため、これといって何か特別な物を持っていく必要はありません。ただ、エスポーはとにかく寒いので防寒具が必要。現地で購入するのはお金がもったいない!という方は、日本から持っていくことをおすすめします。また長期留学の場合は日本食が恋しくなる可能性もあるので、インスタントの味噌汁など持参するとよいかも!

パンフレットを見てみたい!

フィンランドの都市を見る

パンフレットを見てみたい!

フィンランド留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!