利用者 47 万人突破!

(2020年10月20日更新)

フランス留学で必要な費用の目安

フランス留学の費用
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

フランス留学では、1か月あたりおよそ30~70万円1年間あたりおよそ200万~400万円が費用目安です。
フランスの物価は高めですが、節約できるところはしていきたいところ。
滞在する地域や滞在方法によっても費用は変わってきますし、特に、パリなどの都市部に滞在するとなると費用も高くなる傾向にあります。

フランスには留学生にも対応している奨学金制度や学生支援プログラムなどがあるので、うまく利用して費用を調節していきたいですね。

パンフレットを見てみたい!

1か月 3か月 半年 1年
30~70万 70~150万 130~200万 200万~400万

フランスは芸術の街ということもあり、美術館や映画館などには割りと手頃な料金で入館することができます。芸術関係に興味がある人には、勉強できる機会や場所がたくさんあるのでおすすめですよ♪ ここでは、フランスに語学留学する際にかかる費用を期間別に詳しくご紹介していきます!費用には滞在費や語学学校の授業料や入学金が含まれており、別途渡航費やお小遣い、海外保険料などが必要になります。

パンフレットを見てみたい!

フランス留学で必要な費用の内訳

フランス留学で必要な費用の内訳《渡航費・学費・滞在費・生活費・交通費》

留学費用の種類 費用の目安 お得な情報
渡航費(往復) 7~20万円 10~12月なら片道3万円台になることも!
学費(1か月) 8~15万円 国公立の学校なら学費がほぼ無料のところもある
滞在費(1か月) 10~15万円 パリなどの中心地になるとやや高くなる傾向あり
生活費(1か月) 5~15万円 節約するなら自炊を心がけて

渡航費を抑えるなら、観光シーズンのピークを越えた冬に!

フランスの観光シーズンは、日照時間の長い4~10月頃といわれています。
さらに、天気もよく比較的すごしやすい時季である5~8月あたりは観光客もピークを迎えます
渡航費はこのシーズンに高騰する傾向にあるようです。

観光シーズンの8月あたりでは、片道で10万円近くに跳ね上がってしまうこともありますが、逆に12月前後になると渡航費は片道で3万円台に収まる場合も。
観光シーズンをうまく避けて留学の計画を立てるようにしたいですね。

目的別でみるフランス留学の学費

留学の目的 学費の目安
語学留学(1か月) 5~20万円
高校留学(1年間) 230~300万円
大学・大学院留学(1年間)/国公立 無料 ※登録料が別途180~400ユーロ(約2~5万円)必要
グランゼコール(1年間) 0~100万円

※高校留学の学費はホームステイ費と食費を含めた費用目安です。

フランスをはじめ、ヨーロッパでは大学や大学院の授業料を国が負担する国もあります。
そのため、日本と比べると、圧倒的に学費の負担が少なく済み、年間数万円の登録料のみで学ぶことができます。

また、フランスにはグランゼコールという専門学校のような職業訓練期間がありますが、こちらは公立・私立ともに費用もさまざまです。

>>フランスの語学留学について詳しくはこちら
>>フランスの高校留学について詳しくはこちら
>>フランスの大学留学について詳しくはこちら

滞在費を抑えるなら、郊外へと目を向けてみよう

フランスの中でも、やはり首都のパリは家賃が高い傾向にあります。
パリでアパートを借りるとなると、1か月でおよそ10万円前後
一方、パリから少し離れてリヨンやナントなどになると、安いところでは5~6万円ほどで借りられる物件もあります。

また、ホームステイに関しても、リヨンやナント、あるいはニースといった地域が比較的安く押さえられます。
特に、ナントはフランスで最もすごしやすい都市と言われています。
初めてのフランス留学にはぴったりの滞在先ですね♪

>>フランスのホームステイの費用について詳しくはこちら

食費節約のためには、自炊が大切!

フランスは、日本と比べると物価が高いといわれています。
外食の場合、昼食でも前菜+メイン、メイン+デザートなどのセットを注文すれば2,000円前後が相場
ディナーになればさらに高くなってしまいます。

フランス留学で節約をするなら、食事はなるべく自炊にする、あるいは、食費込みのホームステイや学生寮に入るという手もあります。
自炊の場合、スーパー、あるいは新鮮な野菜・果物などを買うならマルシェと呼ばれる市場で食材が購入できますよ♪

交通手段は用途によって使い分ける!

フランスでの長距離移動の交通手段に、TGV(ヨーロッパ鉄道)というものがあります。
利用時期や区間によって料金は異なりますが、フランス国内でしたら2,500~25,000円ほどで移動が可能です。

パリ市内を移動する場合は、メトロ(地下鉄)やバスの利用があります。
利用頻度によっては、回数券や乗り放題のチケットを購入した方が断然お得!という場合もあるので、用途に合わせてうまく使い分けるといいでしょう。

ちなみに、交通費をもっと抑えたいという場合は、レンタルサイクルのサービスがある都市もあります。
1日なら1ユーロ(約120円)、1週間なら5ユーロ(約600円)で自転車をレンタルできるので、健康と交通費節約のために利用してみるのもいいですね♪

フランス留学で奨学金はもらえるの?

フランス留学で利用できる奨学金制度のなかには、フランス政府が給費するものがあります。
書類審査や面接試験などの条件があり、また学ぶ科目が文系か理系かによっても内容が分かれています。
フランス大使館のホームページにて確認ができます。

また、日仏文化協会という機関でも奨学金給付の制度をはじめていますが、こちらは文化協会が定めているプログラムが対象となっています。
自分の留学目的に沿って、奨学金を探してみるといいでしょう。

パンフレットを見てみたい!

フランスの留学プログラムを見る

留学プログラムを選ぶポイント

留学プログラムを選ぶ際に重要となるポイントは、留学プログラムに含まれる費用内訳と、留学エージェントのサポート内容です。お金だけでなく総合的な視点で自分に合ったものを探していきましょう。

留学プログラムに含まれる費用内訳を確認

プログラムによっては食費や宿泊費などが含まれているものがあります。そのほうが楽でお得♪という人もいれば、せっかくだから自分の思うように滞在したい!という人もいるでしょう。お金だけでなく、内容の面でも満足できる留学にするために、プログラムに含まれる費用内訳を確認し、具体的にイメージして選びましょう。

留学エージェントのサポート内容を確認

留学プログラムを提供している「留学のエージェント」は、留学先の手配や留学中のサポートなどを行う代理店のことです。 現地の情報に精通していたりサポートが充実していたりといろんなメリットも♪複数のエージェントを比較するのがおすすめです!

フランスの留学プログラム

プログラムをもっと見る

様々な芸術に触れることができました♪

実はフランスは世界各国から芸術を求めて留学生が集まる留学先進国なんです。フランス自体の芸術はもちろん、色々な国の人と触れ合うことができてとっても刺激になりましたよ♪ 留学生が多いから街の人たちも対応に慣れているし、フランス語に自信がなくても行ってみると案外なんとかなるもんです(笑) 費用もちょっと頑張れば意外と手の届く金額ですから、ぜひ若いうちに留学経験を積んでおくことをおすすめします(^▽^)

アートの街・パリには市内だけで数えきれないくらいの美術館があります。あの有名なルーブル美術館も、ヤングパスを買って何度も足を運びました♪だって広すぎてとても一度に見きれなかったんですもん(^◇^) 美しい本物のアートの数々には圧倒されっぱなし!オペラやコンサートにも、友達に誘ってもらってよく行きましたよ♪疲れたらカフェがたくさんあるので休憩もラクラク★ 勉強はもちろんのこと、芸術にたっぷり触れるような有意義な時間は日本ではなかなか味わえないと思います★

留学経験はやっぱり就職活動の時にかなり強みになりますよね。特にパティシエやメイクアップアーティストを目指す人は、本場で学んだ経験は相当重要視されるはず!自分にとってプラスにしかならないはずですよ(^^♪ とにかく行ってみたい、本場の雰囲気を肌で感じてみたい、留学にはそんな勢いも大切です!自分にぴったりのプランを見つけてくださいね★

パンフレットを見てみたい!

フランス留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!