利用者 47 万人突破!

(2020年9月19日更新)

台湾
大学留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
台湾大学留学の費用、成功させたい人必見!

大学留学に挑戦したいけど費用が厳しそうで…という方におすすめしたいのが台湾の大学留学です!
台湾には学位取得を目的とした正規留学(本科正規留学)ができる大学も多く、予算や目的に応じて自分にぴったりの大学を見つけやすいんですよ。

こちらでは、そんな台湾大学留学の特徴や費用、必要なビザなどについてご紹介しているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

台湾大学留学が気になったら パンフレットを見てみたい!

台湾の大学留学の特徴・メリット

  • 日本の大学と比べて学費が安い!
  • 中国語だけでなく英語が学べる大学も!
  • 外国人が対象の特別枠があり、入学しやすい

台湾は「大学留学がしたいけど予算的に難しい」「これからの国際情勢に向けて中国語をしっかり習得したい!」という方にぴったりの留学先。

英語圏の大学に通う場合は、1年間あたり数百万円ほどかかるところもありますが、台湾は1年間の学費が50万円以下と格安なところも多いんです!

しかも、台湾には英語のみで受講可能な学部や授業もあり、中国語だけでなく英語力アップを目指すこともできます。
ビジネスで役立つことの多い中国語と英語を一気に学べるのは、とてもうれしいメリットですよね!

また、台湾の大学は外国人留学生を対象にした特別枠を設けていることが多いのも特徴。
成績証明書や推薦文などの書類提出のみで合否が判断される大学もあるので、試験に自信のない方でも挑戦しやすいんですよ!

入学には語学力が必須!まずは語学留学もおすすめ

台湾の大学には語学センターを併設しているところも多く、「現地の学生と一緒に学べるか不安…」という方は語学留学をしてから大学留学に挑戦するのもおすすめです。

台湾の大学は9月からスタートすることが多いので、日本の高校を3月に卒業してから留学しても、ある程度の学習期間を設けることができます。

ただし、出願の時点で「TOCFL(トクフル:台湾における中国語力の検定)」のスコアなど語学力の証明を提出する必要があるため、台湾の大学に進学したい方は早めに中国語の学習をスタートし、検定を受験しておくようにしましょう!

台湾大学留学

台湾留学ができるプログラム

留学プログラムを探す

台湾の大学留学に必要な費用について

台湾の大学留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
半年 30~70万円
1年間 55~140万円

※航空券(往復)・学費・滞在費・食費込みの金額

台湾の大学留学に必要な費用の目安は、1年間で55~140万円ほどです。

台湾の大学は学部によって学費が異なりますが、それでも1年間で30~60万円ほどと安い費用で通うことができます。

費用に差があるのは滞在方法によっての差が大きいためで、たとえば国立の台湾大学は1学期ごとの滞在費用を下記のように示しています。

  • 校内施設(2人部屋):24,500台湾ドル(約8.9万円)
  • 校内施設(1人部屋):37,000台湾ドル(約13.4万円)
  • 学校外の施設:35,000~50,000台湾ドル(約12.7~約18.1万円)

大学によってはさらに安く学生寮を提供しているところもあり、1年間にかかる費用は人によってさまざま。
費用には別途、教材費や健康保険費も必要なので、詳しく知りたい方はぜひエージェントにも相談したり各大学のホームページをチェックしたりしてみてくださいね!

参照:就學費用 | 国立台湾大学国際部

台湾にある大学の学費例

より詳しい情報が知りたい方は、台湾にある大学の学費例も確認してみましょう!

下記は一例です。

大学名 学費の目安
※1学期あたり
国立台湾大学 50,460~79,120台湾ドル
(約18.3~28.7万円)
台北市立大学 45,700~53,550台湾ドル
(約16.5~19.4万円)
国立高雄大学 46,000~54,000台湾ドル
(約16.7~19.6万円)
中国文化大学 45,735~53,390台湾ドル
(約16.6~19.4万円)
銘傳大学 47,438~55,533台湾ドル
(約17.2~20.1万円)

※外部サイトに移動します
※2019年12月に調査した際の学費です

台湾の大学は、前期が8月~1月、後期が2月~7月までの2学期制が多いです。
そのため、1年あたりの学費は上記の目安×2倍とお考えください。

また、台湾の大学は奨学金制度を設けているところも多く、さらに安い費用で大学に通うことも可能です。

たとえば国立台湾大学は授業料や諸費用を安くするだけでなく、毎月6,000台湾ドル(約2.2万円)の手当が支給されるとのこと。
もちろん奨学金を得るためにはいくつか条件を満たす必要がありますが、費用面でお悩みの方にとってうれしいポイントですよね!

台湾大学留学

パンフレットを見てみたい!

台湾の大学留学で必要なビザ

卒業を目的として台湾の大学に通う場合、居留査証(ビザ)を申請することになります。
居留ビザとは台湾に6ヶ月以上の滞在となるときに申請するビザで、正規留学はこちらが該当します。

申請時にはパスポートや申請書、留学先の大学の入学許可書(原本およびコピー)、健康診断書など多くの書類が必要なので、漏れのないように必ず最新情報をチェックするようにしてくださいね。

参照:居留査証 | 台北駐日経済文化代表処

語学留学はノービザ(ビザなし)や停留ビザでOK

大学に留学する前に語学を学びたい、あるいは日本の大学在学中に台湾に行きたいという場合は、ノービザや停留ビザで渡航することになります。

滞在期間が90日以内であればビザなしでの渡航が認められていますし、現地で働きたいということであればワーキングホリデービザという選択肢もあります。

台湾はいろんな留学目的に対応している国なので、自分にぴったりの方法を選択することが大切です!
ビザなどでご不明な点があれば、ぜひ留学エージェントにも相談してみてくださいね。

台湾の大学留学には魅力がたくさん!

あまり留学先としてイメージがなかったかもしれませんが、今回ご紹介したように台湾には大学留学先としていろんな魅力があるんです!

日本からの距離も近いので、「アメリカやカナダの大学だと遠くて…」という方でも台湾なら気軽に、しかも格安で行き来することもできます。

費用面で大学留学を諦めかけていた方も、ぜひ台湾での大学留学を候補に入れてみてくださいね!

パンフレットを見てみたい!

台湾留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!