利用者 59 万人突破!

(2022年10月3日更新)

閉じる

MCAT

Medical College Admission Test(メディカル カレッジ アドミッション テスト)

[]

「MCAT」は、「Medical College Admission Test」の略です。
読み方は、「メディカル カレッジ アドミッション テスト」です。

これはアメリカのメディカルスクール(医療系大学院)に入学する時に必要になります。
英語力は必須で、医学を勉強するために必要な科学知識の基礎学力が必要です。
アメリカでは一般的に医学自体を学ぶには大学院に進学してから学ぶので、大学では生物や化学の基礎知識だけしか学びません。
そのためこのテストで要求される知識はそれほど高度ではありません。
日本の医学系大学で勉強している人なら、あまり問題にならないはずです。

日本の医大などで勉強していない人が、アメリカの医療系大学院を目指す場合はかなりの難関です。
ただし日本では考えられない感覚のテストです。というのもアメリカのメディカルスクールに入学するにはこの「MCAT」合格が必須です。
そしてほとんどのメディカルスクールでは「Bachelor(学士)」取得が必要ですが、メディカルスクールによってはこのテスト合格だけを課して学士取得は要求しない場合もあります。

しかも受験資格は海外で取得した単位(日本)を認めるところもあるのです!
実は日本でも15歳以上であれば単位履修を可能にする大学が、数は少ないですが存在しています。中学卒業後、高校に通学しながら大学の単位を取ります。
そして受験に必要な単位や、希望のメディカルスクールが必要と定めている単位を習得して、どうしても足りない単位だけを留学で補います。

このようにすると最短20歳で「MCAT」の受験ができ、合格してメディカルスクール卒業時は23歳!
その後、「USMLE (United States Medical Licensing Examination)」(アメリカ国内で医師資格を取得するための試験)に合格すれば、若干24歳で就職活動して医師として働けることになるんです♪

<例文>
「when aspiring doctors take the MCAT examination, they will need more than a solid basis in the natural sciences. 」
(意欲的な医師がMCAT試験を受験する場合、彼らはより基本的な自然科学の分野を必要とするでしょう。)