利用者 58 万人突破!

(2022年9月28日更新)

閉じる

Portfolio

Portfolio

[ポートフォリオ]

「Portfolio」とは、作品単体もしくは作品集を意味する単語です。
書類を保管したり折り曲げずに持ち歩くことのできる平らなケースを指す場合もありますが、一般的な意味としては「作品類」を指している場合が多いです。

読み方は、「ポートフォリオ」です。
学生であれば、学生の間に学んできた分野の記録をまとめ、自身の「ポートフォリオ」として所持することで、進学時の入試面接や就職活動で大いに役立たせることができます。

ポートフォリオは、自分の得意とする事柄や優れている分野を、周囲の人に理解してもらう上で非常に有効なツールです。
芸術やデザインの分野では言葉で説明することが難しい自分の感性を、素早く理解してもらうことができるツールとして活用されています。

また学生やデザイナーのみに関わらず、社会人や企業間においても「ポートフォリオ」が活用されることがあります。
「ポートフォリオ」には定められた規格などがなく、表現方法は人それぞれです。
「ポートフォリオ」は、自分の才能を素早く他人に教えることができるので、一度作ってみることをおすすめします。

前の段落でも触れたように決まった作り方や規格はないので、自分の書きたいことや綴じたいものを自由に用いていくとよいでしょう。
A4サイズのファイルやスケッチブックを用いることが一般的です。

英単語として「Portfolio」が用いられている場合は、前後の文章からどういった意味合いの「Portfolio」であるか考えるようにしましょう。
「Portfolio」のように、複数の意味を持つ英単語は使用している教材によってまれに異なる意味が記載されている場合があります。
そのため、英語学習では必ず異なる2冊以上の教材を用いることが大切です。

英文を考える際には、「Portfolio」が名詞であることを意識し、冠詞や複数形の存在を忘れないように注意しましょう。
英文では、「I'll make a portfolio tonight.(今夜ポートフォリオを作ります)」といった使い方ができます。