利用者 58 万人突破!

(2022年9月25日更新)

閉じる

GMAT

Graduate Management Admission Test

[ジーマット]

「GMAT」、読み方は「ジーマット」と読みます。
海外のビジネススクールへ入学後に、授業についていけるだけの能力を持っているかを判定する、「入学適性テスト」のことです。
この「GMAT」のスコアの使い方としては、ビジネススクールへの合格だけでなく、出願時に提出する必要があります。試験内容は分析的論述、言語能力、数学的能力で構成されていて、それらの中で論理的思考能力が試される試験となっています。
「GMAT」のスコアは800点満点で、平均点は530点前後です。現在、欧米の有名なビジネススクールへの入学合格者は、平均で600点台後半~700点台前半のスコアを獲得しています。
しかし、各スクールやプログラムによっても必要なスコアには違いがありますので、注意が必要です。また、スコアには有効期限があり、受験後5年間しか有効性がないのでここも注意が必要です。

皆さんがご存知のような、「TOEFL」や「IELTS」は、留学生のための試験です。
しかし、「GMAT」はネイティブの学生でも受けなければならない試験です。そうです、英語圏ではない日本人にはかなり難易度の高い試験ということになります。
では受験をするに当たり、どのような対策方法があるのか見ていきます。まず、試験対策としては独学にするのか予備校にするのかで分かれます。
独学は問題集と過去問題をとにかく解くとい方法になりますし、自分との闘いになりますので頑張り抜く強い気持ちが必要になります。
予備校に関しては数多くありますので、家や職場の近くなど生活圏内に近い所を選ぶことがお勧めです♪
費用はかかりますが、仲間や講師などすぐに聞ける人がいるのは心強いでしょう。何よりも大切なのは「I'll pass GMAT!」の気持ちです☆